頭が痛くても頭痛薬を飲みすぎるのは止めた方が良い!頭痛薬を飲むことで頭痛になることもある?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭が痛い時には症状を改善するために、頭痛薬を飲むこともあると思いますが、皆さんは月にどのぐらい頭痛薬を飲むでしょうか?

頭痛がする時にたまに頭痛薬を飲むという人もいれば、ほとんど毎日頭痛薬を飲んでいるという人という人もいるでしょう。

頭痛薬を服用することで、頭痛の症状を抑えることができるのですが、頭痛薬は服用しすぎると、逆に頭痛を引き起こしてしまうこともあるのです。

あなたの頭痛は、頭痛薬を服用することによって、悪化・慢性化しているのかもしれません!

〇頭痛薬が原因で発生する頭痛!

頭痛薬は頭痛を改善するために使用される薬ですが、月に10日以上服用している場合は、薬の過剰摂取となり、逆に頭痛が発生させてしまうこともあります。

このように、頭痛薬が原因で発生する頭痛を薬物乱用頭痛といい、元から片頭痛などの頭痛の症状があり、改善するための頭痛薬を服用しすぎることに発生します。

薬物乱用頭痛が発症すると、月に15日以上の頭痛がおこり、元の頭痛よりも痛みが強くなったり、痛む時間や回数が増加したりします。

頭痛薬を3カ月以上過剰摂取しており、月に15日以上の頭痛がある場合は、薬物乱用頭痛が疑われます。

頭痛がする時に、頭痛薬を服用するのは、症状を改善するのに有効な方法ではあるのですが、頭痛の症状をひどくする原因にもなるのです。

日常的に頭痛薬を常用している人はいないのでしょうか、頭痛薬を止めることによって、頭痛の症状が改善するかもしれませんよ。

頭痛を改善するために、頭痛薬の服用を止めてみませんか?

〇頭痛薬を2カ月間止めませんか?

毎日のように頭痛がして、月に15日以上、頭痛薬を服用している場合は、薬物乱用頭痛の可能性があります。

薬物乱用頭痛は、頭痛薬の過剰摂取が原因で発生している頭痛なので、頭痛薬を止めることで、頭痛が改善します。

しかし、急に薬物の過剰摂取を止めると、離脱症状が発生して、頭痛の悪化、吐き気などの症状がみられることもあります。

薬物乱用頭痛を改善するためには、頭痛薬を止めてしまった方が良いのですが、離脱症状が強く出てしまう場合には、頭痛薬を徐々に減らしていくことが有効です。

ただ、薬物乱用頭痛を発症している人は、元から頭痛の症状がある場合も多いので、強い頭痛や、長く続く頭痛が少なくなっても、頭痛が残ってしまうことも多いです。

また、頭痛薬を中断して薬物乱用頭痛を改善した、元の頭痛を改善するために、頭痛薬の服用を始めることで、薬物乱用頭痛が再発してしまうこともあります。

市販の頭痛薬を服用して頭痛が発生している場合であれば、個人で頭痛薬を止めることで薬物乱用頭痛が治すこともできます。

もし、病院で治療を受けながら頭痛を改善した場合は、かかりつけ内科に相談してみると良いでしょう。

頭痛の専門としては、頭痛外来、神経内科になりますので、こちらに通院するのも良いでしょう。

〇頭痛薬を服用しすぎると肝臓にも悪影響となる

頭痛薬を服用しすぎると、頭痛を起こしてしまうだけでなく、肝臓に負担をかけてしまうことになります。

私たちが服用した薬は肝臓で処理されため、頭痛薬を毎日のように服用すると、肝臓の負担が大きくなり、肝機能障害や脂肪肝、肝炎の原因になります。

さらに、症状が進み、肝硬変や肝がんになってしまうと、死亡する事もありますので、薬の過剰摂取は肝臓の健康を考える上でも控えた方が良いのです。

月に10日以上、頭痛薬を飲むというのは服用しすぎて、肝臓に大きな負担がかかっていてもおかしくありません。

頭痛と同時に、肝機能に問題が出ている人はいませんか、もしかすると、頭痛薬の飲みすぎが肝機能を低下させているかもしれませんよ。

肝機能が悪い人は、頭痛薬が肝機能の低下につながっていないか、医師に相談することうをおすすめします。

頭痛薬の過剰摂取は、頭痛を改善する所か頭痛を悪化させる可能性があり、肝臓にとって大きな負担となってしまうこともあります。

日常的に頭痛薬を常用している人は、頭痛薬を服用を止めることで、頭痛の症状が改善するかもしれません。

頭痛薬を一旦止めてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク