気になる耳鳴りの原因はいろいろある!耳鳴りの原因を理解して耳鳴りを改善しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

09401
たぶん、皆さん、一度は耳鳴りがしたことがあるでしょう。

耳鳴りがしたことがないと言う人はいるのでしょうか?

耳鳴りは、気になります。

皆さん知っているとはおもいますが、耳鳴りとは音がなっていないのにもかかわらず、何かが聞こえると感じてしまう現象のことです。

一部の耳鳴りは実際にからだの内部でなっている場合があります。

耳鳴(じめい)とも言うみたいです。

耳鳴りは痛くはありませんが耳元で音がなっている感覚があるため多少の不快感はあります。

耳鳴りは基本的にただ、不快なだけという印象ですね。

耳鳴りは何かしら刺激を受けて起こることはありますが、多少の不快感をもたらすだけで耳鳴りが数分で終わるのなら問題ないです。

しかし、慢性的に耳鳴りが続くとなると話が変わってきます。

慢性的な耳鳴りは常に不快感を与え続けます。

そのためストレスがたまってしまい、うつ状態になってしまう人もいます。

また、慢性的な耳鳴りは睡眠を妨害し不眠の原因にもなって健康面でも影響を及ぼすことがあります。

慢性的に耳鳴りがなぜ起こるのか知りましょう。

スポンサーリンク

耳鳴りの原因

その1 耳の病気が原因の耳鳴り

耳鳴りが起こる原因としてあげられるのが、中耳炎、外耳炎、内耳炎、鼓膜炎など耳に炎症が起きてしまった場合に耳鳴りの症状が出ることがあります。

ほかの耳の病気でも耳鳴りが発生してしまうことがあります。

これらの病気が原因の場合は耳鳴りの原因がはっきりしているため、病態を回復に向かわせることで耳鳴りも治っていくわけです。

病気の最中は耳鳴りがして不快ですが、次第に耳鳴りはなおっていくものなので問題ありません。

耳鳴りが継続的に続くなら耳鼻科にいって、一度耳が炎症を起こしていないか見てもらった方がいいでしょう。

気づいていない間に耳が病気になっていたのかもしれません。

その2 体の音が聞こえてくるのが原因の耳鳴り

先ほど紹介した耳鳴りは耳が病気を起こすことによって音もしていないのに、聞こえてくる症状でした。

耳鳴りの中には、私たちの体の音が聞こえてしまう耳鳴りがあります。

体の音とは筋肉が動く音や心拍音などです。

耳周辺の筋肉が痙攣をおこし、耳に音がきこえてしまう症状が多いようです。

この耳鳴りは実際に音が存在しているので聞こうと思えば他人でも実際に効くことができます。

耳鳴りの音の特徴としてはキーンという音ではなく、コツコツやぷつぷつという音が聞こえるようです。

この音の耳鳴りがした時点で筋肉の痙攣を疑いましょう。

原因をしることで改善することもあるようですが、主な治療法としては筋肉の緊張をとる薬を試してみる、それでも治らない場合は耳の筋肉の腱を切るそうです。

症状によって改善方法に違いが出てくるので薬などを飲みながら経過観察が多いようです。

また、血管に異常がでた場合にも耳鳴りが聞こえることがあり、心拍と同調した音が聞こえてくるようです。

この場合血管に異常が出ているということなので、早急に病院に行くべきです。

耳鳴りから血管の病気がわかるわけです。

その3 心因性の耳鳴り

病的や筋肉の痙攣、血管の異常などは関係なく、耳鳴りが続いている場合は、ストレスが原因で起きているもの耳鳴りがあります。

現代社会はストレスを抱えていない人はいないと言われるくらいストレスを抱えている人が多いです。

ストレスを抱えたまま、ストレスを解消できずにため込んでしまった結果、ストレスによる自律神経失調症やうつ病が原因で耳鳴りが鳴りはじめる人がいます。

このような場合はストレスを解消するしかありません。

そのストレス解消法としてははけ口を作ってしまうしかありません。

カウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。

また、友人に相談してみるのもおすすめです。

あなたの周りには相談にのってくれる人は少しはいるはずです。

その4 耳以外の病気が原因の耳鳴り

耳鳴りは、病気のサインかもしれないんですよ。

耳には全然関係のないように思われる動脈硬化、貧血、高血圧、高脂血症などが原因で耳鳴りが起こる場合もあるんです。

そして 脳腫瘍など脳の病気でも耳鳴りが鳴る事もあるんです。

耳鳴りは慢性化する

先ほど上げた4つは、耳鳴りが起きた原因にすぎません。

原因が取り除かれれば大抵の人は耳鳴りを取り除くことができてしまうのですが、一部の人で、原因が取り除かれたのにも関わらず耳鳴りが続いてしまう人がいます。

耳鳴りが鳴っていることを確認してしまったりすることで、脳が勝手に耳鳴りは常に存在するものだと思ってしまっているのです。

耳鳴りについて考えているから、耳鳴りが鳴ってしまっているのです。

とはいっても耳鳴りが勝手になっているんだと耳鳴りが鳴っている人は答えます。

耳鳴りはなっていません、思い込みだということを理解しましょう。

もし友人に耳鳴りに困っている人がいたら、耳鳴りに効く新薬だとでもいって、ビタミン剤を渡してあげてください。

プラシーボ効果(思い込み)で治るかもしれません。

思い込みで思い込みを倒してみる方法もいいかもしれません。

プラシーボ効果についてはこちら→イメージして思い込む事で病気が治る?!プラシーボ効果

耳鳴りが慢性的になってしまう人は、まず一度耳鼻科に行って相談するのがおすすめです。

他の方法としては、耳鳴りは鳴っていないことを理解する必要性があります。

耳鳴りが忘れるくらい集中することが大切です。

集中できるものは人それぞれ違いますが、何か作ってみるのもいいでしょう。

僕がおすすめしてみるのはホラー映画を見ちゃうです。

ホラー映画が苦手な人なら、怖すぎて、耳鳴りを忘れちゃうことでしょう。

一度忘れてしまうと忘れることはできることを理解できます。

そのほかにも集中できることはありますので試してみてください。

耳鳴りの原因は、いろいろありますが、原因をしる事で対処する事が出来ます。

耳鳴りが気になる人は、原因をみつけて、対処してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク