鼻づまりをすぐに改善する方法!鼻づまりが起きてしまう原因を知れば鼻づまりが改善できる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「鼻がつまって呼吸しにくい」なんてことよくありまよね、鼻づまりは誰でも経験する症状です。

鼻づまりを起きると呼吸しにくくて辛いですが、鼻づまりを起きてしまう原因にはどんな物があるのでしょうか?

鼻づまりが起きてしまう原因をすることで、鼻づまりを改善することができるかもしれませんよ。

〇鼻づまりが起きてしまう原因

私たちが鼻づまりを起こしてしまうのは、鼻の中にある鼻甲介と言われるひだのような部分が関係しています。

鼻甲介は、膨れたり収縮したりすることによって、鼻甲介は空気の量を調節したり、湿度を小説するのに役立っている部分です。

しかし、鼻炎などの症状になり、鼻甲介が膨らみすぎてしまうと、空気の通り道が少なり過ぎて、鼻づまりを起こしてしまうのです。

鼻づまりの原因を、鼻水の量が多くなって鼻がつまり呼吸がしにくくなると考える人もいるかもしれませんが、鼻水で鼻がつまっているわけではないのです。

鼻づまりの改善のために、鼻をかむことがあるかもしれませんが、鼻をかんでも鼻づまりが改善しないのは鼻甲介に原因があるためです。

鼻づまりを改善するためには、膨らんでしまった鼻甲介を、収縮される必要性があります。

では、鼻づまりが起きた時に何をすれば、鼻甲介を収縮させることができるのでしょうか?

〇鼻を温めて血流を良くしましょう!

鼻づまりの原因となる鼻甲介が存在するのは、湿度の調節、温度の調節、空気量の調節などが理由になります。

また、鼻甲介が腫れるのには、血流が関係しているので、血流を調節することによって鼻甲介の腫れを抑えることが可能なのです。

そこで、鼻づまりが発生したしまった時には、鼻を温めて血流を良くすることによって鼻づまりを抑制することができます。

濡らしたタオルを40度程度に温めて、鼻の上におくのが、鼻づまりを改善するのに効果的だと言われています。

温めた濡れたタオルは、鼻を温めて血流を改善するだけでなく、蒸気によって空気を加湿する効果よって、鼻づまりを改善する効果もあります。

朝起きたら鼻づまりが起きていることがありますが、これは温度の変化によって鼻甲介が腫れているのが原因の場合も多く、温めると改善します。

もし、鼻を温める物がちかくにないという場合は、交感神経を刺激することで、鼻づまりを改善することができます。

まず、大きく息を吸いこみ、ゆっくり息を吐いてから、鼻をつまんでください。

そして、呼吸を止め顔をゆっくり上下に揺らしながら、息が苦しくなったら鼻を手を離すと、鼻づまりを改善させることができます。

〇換気するだけで改善することも!?

鼻づまりが起きるのは、空気に問題がある場合も多く、空気を入れ替えるだけで、鼻づまりが改善することがあります。

鼻づまりが起きてしまった時には、室内の空気を入れ替えるために、換気を行いましょう。

また、冬場などの乾燥する時期であれば、加湿することによって、鼻づまりが改善することもあります。

風邪を引いているわけでもないのに、鼻づまりが起きる場合は、空気環境に原因がありますので、換気や加湿を行い鼻づまりを改善しましょう。

私は、冬場は鼻づまりが良くおきますが、部屋の空気を換えるだけで、鼻づまりが改善されることが多いです。

鼻づまりが起きている時、部屋の空気が悪くなってはいませんか?

〇アレルギー性鼻づまりは病院へ

鼻づまりは、鼻を温めることによって血流が改善して治りますが、花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギーが原因で発生する鼻づまりは一時的に改善しても、原因が取り除かれない限り、すぐに鼻づまりを起こしてしまいます。

日常的に鼻づまりを起こしてしまう場合は、アレルギーなどの病気を疑って耳鼻科や、アレルギー科を受診することをおすすめします。

アレルギーの薬を服用することで、日常的に鼻づまりを改善することができる場合があります。

また、慢性的な鼻づまりに悩まされている場合は、手術をして鼻づまりを改善することができます。

鼻づまりが一向に治らなくても困っている場合には、耳鼻科に受診すると良いでしょう。

鼻づまりのメカニズムを知って鼻づまりを改善しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク