皮下脂肪と内臓脂肪はいったいどこが違うの?脂肪の違いによる病気の危険性と燃焼のしやすさが違う?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運動不足や、食べすぎによって脂肪が増えていきますが、単に脂肪といっても、皮下脂肪と内臓脂肪の2つがある事を知っているでしょうか?

皮下脂肪はつまめる脂肪で、内臓脂肪はつまめない脂肪と良くいわれますよね。

皮下脂肪と内臓脂肪の名前は聞いたことがあっても、違いは良くわからないという人も多いと思います。

皮下脂肪と内臓脂肪には、どのような違いがあるのでしょうか、脂肪の違いよる危険性を知りたくはありませんか?

〇脂肪がつく場所の違い

皮下脂肪と内臓脂肪の大きな違いは脂肪がついてしまう場所の違いであり、皮下脂肪とは皮膚の下にある脂肪のことで、内臓脂肪は内臓の周りにある脂肪のことです。

皮下脂肪は皮膚の下にある脂肪であるため、脂肪の重さによって皮膚が垂れ下がり、目につきやすく、手でつまむことができる脂肪になります。

お腹をつまんで脂肪がついたと感じる時ってありますよね、、このつまむことができる、脂肪が皮下脂肪となります。

腕や足などの内臓の無い部分についている脂肪は、すべて皮下脂肪となります。

対して、内臓脂肪は内臓の周りにつく脂肪であり、内臓脂肪は腹筋などの筋肉に覆われています。

そのため、筋肉が支えとなり、皮下脂肪のように垂れさがらず、見た目で脂肪がついているのかわかりにくくなります。

内臓脂肪の場合は脂肪によってお腹がたるむよりも、脂肪によってお腹が膨れ、筋肉に邪魔されてつまむことができません。

また、ホルモンの違いにより、女性は皮下脂肪がつきやすく、男性は内臓脂肪がつきやすくなっています。

あなたのお腹は、はっているような感覚ですが、それとも、脂肪によってたるんでいますか?

自分のお腹には、どちらの脂肪がついているのか確かめてみましょう。

見た目に違いがある内臓脂肪と皮下脂肪が体に与える影響に違いはあるのでしょうか、脂肪の違いによる健康の影響を知っておきましょう。

〇どっちの脂肪が健康に悪いの?

見た目で太っているように見えるのは皮下脂肪ですが、健康的な影響は皮下脂肪よりも内臓脂肪の高いと言われています。

内臓脂肪が蓄積されると、臓器に悪影響を与えてしまい、脂肪肝や、糖尿病、高血圧などの生活習慣病になりやすくなります。

また、内臓脂肪が多い人は、血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞といった病気を発症する可能性高くなります。

内臓脂肪は一般的に男性の方が溜まりやすいので、男性の肥満は女性の肥満よりも注意が必要です。

さらに、内臓脂肪は見た目ではわかりにくいので、服をきて痩せているように見えても内臓脂肪が溜まっていることがあります。

もちろん、女性で合っても内臓脂肪が溜まることもありますので、女性だからと言って安心して良いわけではありません。

脂肪は内臓脂肪だけついたり、皮下脂肪だけつくわけではなく、お腹につまめる脂肪があるからと言って、内臓脂肪がないというわけではありません。

内臓脂肪は体に見えにくい脂肪なので、見た目では判別できなくても、内臓脂肪も蓄積されている可能性があります。

また、皮下脂肪は健康に悪影響が無いというわけではなく、内臓脂肪よりも影響が少ないだけです。

内臓脂肪の方が健康に悪いですが、どちらの脂肪も健康に悪影響となりますので、運動をして痩せるようにしましょう。

〇内臓脂肪の方が燃焼されやすい!?

内臓脂肪は健康に与える影響が大きいと言われていますが、内臓脂肪の方が皮下脂肪よりも優先的に消費されます。

内臓脂肪は運動によって効率的に消費されますので、内臓脂肪が心配な人は運動を始めましょう。

また、食べすぎも内臓脂肪が増える原因となりますので、食事の量を見直すことも大切になります。

皮下脂肪は、内臓脂肪に比べて消費されにくい脂肪であり、お腹についてしまった皮下脂肪を消費するためには、根気が必要になると言われます。

お腹に溜まった皮下脂肪を消費するには、時間はかかりますが、日常的に運動で少しずつ消費されるので、根気よく運動を続けましょう。

毎日の運動は、長寿遺伝子を活性化させる効果もありますので、長生きをしやすくなります。

皮下脂肪と内臓脂肪の違いを知って、脂肪を燃焼させませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク