かぶれには一次刺激性とアレルギー性の2種類がある!?かぶれの危険性を知っておきませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物に触った時や、強い刺激を受けた時に、かぶれて肌が痒くなってしまう事ってありますよね。

かぶれは、接触皮膚炎という急性の皮膚疾患であり、誰にでも起こる可能性がある皮膚炎となっています。

皆さんも、一度はかぶれてしまったことがあるのではないでしょうか、私はゴムの締め付けでかぶれたことがあります。

そんな、誰もが発症するかぶれを起こしてしまった時には、どのような処置をするのが大切なのでしょう。

〇かぶれには2種類がある

単にかぶれと言っても、一次刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎の2種類が存在しています。

ゴムに締め付けられた場所が痒くなる場合や、洗剤や石鹸を使用した時にかぶれるのは、一次刺激性接触皮膚炎になります

一次刺激性のかぶれは、皮膚への刺激によって発生するかぶれ症状なので、アレルギーなどが無くても、誰でも発生する可能性があります。

対してアレルギー性のかぶれは、アレルギー物質に接触することによって発生するかぶれであるので、かぶれてしまう物質は人によって違いがあり誰でも起きるわけではありません。

アレルギー性のかぶれを起こしやすい物としては、化粧品、植物、金属類、食品などがあり、急に皮膚が痒くなりかぶれている場合は、化粧品や植物、金属を始めに疑うと良いでしょう。

ネックレスやピアスで皮膚が痒くなるのは、アレルギー性の皮膚炎が原因となります。

多くのかぶれは、原因物質に接触してから数時間以内に発症しますので、かぶれた時には数時間以内に触れた物がかぶれの原因と考えるのが良いでしょう。

〇かぶれた場所を掻いていけない!

かぶれると、湿疹とともに痒みが出てくるので、掻いてしまう人がいますが、かぶれた場所は絶対に掻いてはいけません。

刺激性のかぶれの場合は、掻くことによって周りの皮膚が刺激されてかぶれが広がります。

また、アレルギー性のかぶれの場合は、掻くことでアレルギー物質を広げてかぶれの部位を広げ、掻いた手もかぶれてしまうこともあります。

かぶれると強い痒みがありますが、絶対に掻かないでください、かぶれが広がって悪化してしまいます。

かぶれてしまった時には、虫刺されにも使用されている薬である、抗ヒスタミンの塗り薬を使用しましょう。

また、花粉症など使用されるアレルギー薬も、かぶれの症状を抑えてくれる効果があります。

ただし、一次刺激性接触皮膚炎の場合は、アレルギーが原因ではありませんので、薬はあまり効果が期待できません。

一次刺激性接触皮膚炎は、掻かずに安静にしておくことが大切になります。

特に子どは、かぶれた場所を掻いてしまことが多いので、掻かないように注意してあげることが大切です。

〇かぶれから危険なアナフィラキシーショックになることも!?

湿疹が出て痒くなるかぶれですが、アレルギー性のかぶれの場合は、人によっては強い症状が出てしまうことがあります。

かぶれが、どんどん広がっていく場合や、体調に異変がでた場合には、すぐに病院に受診してください。

また、アレルギー物質に触れることによって、アナフィラキシーショックを起こして、倒れてしまいます。

気を失うなどの重篤な症状がある場合は、すぐに救急要請を行ってください。

一次刺激性のかぶれの場合は、アレルギーが原因ではありませんので、アナフィラキシーショックを起こすことはありません。

アレルギー物質に触れただけで、重篤な症状が出てしまうことは稀ではありますが、一度かぶれてしまった物質には触れないようにすることが大切です。

かぶれてしまった時には、何が原因でかぶれてしまったのか、把握するようにしましょう。

また、一次刺激性のかぶれが起きる人は、刺激の強い物の使用を避けて、かぶれが起きないように注意しましょう。

一次刺激性のかぶれは、大人になってから、症状が改善されることもあります。

かぶれた時には、かかずに薬を塗って安静にして、治すことが大切ですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク