頭痛薬(鎮痛薬)は種類によって作用・副作用に違いがある!?自分に合った頭痛薬を選んで服用しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭痛や発熱、体の痛みに使用され多くの人が服用したことがある頭痛薬(鎮痛薬)ですが、知名度や見た目でなんとく購入する人が多いと思います。

薬局で購入できる頭痛薬は、どれも同じに感じるかもしれませんが、含まれている成分によって、作用と副作用には違いがあるのです。

頭痛薬は、有効成分から判断して、自分に合っている物を服用することが大切になります!

〇頭痛薬にも効き目に違いがあります!

頭痛薬の効き目の強さはどれも同じではなく、薬に含まれる成分によって効き目に違いがあります。

テレビでよく見かけるイブやロキソニンは、効き目が強い頭痛薬であり、強い頭痛の症状を改善してくれる効果があります。

強い頭痛を感じ、動けなくなることがあるような人であれば、効果の強い頭痛薬を服用すると良いでしょう。

しかし、軽い頭痛に対して効果の強い頭痛薬を服用する必要性はなく、効果の強い頭痛薬は、副作用が強いことも多いです。

市販薬には、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品の3つがあり、一般的に数字が大きくなるほど、副作用が小さくなります。

頭痛薬は第一類医薬品が多いですが、症状の強さや、体の負担を考えて第二類医薬品を購入するのも良いでしょう。

パッケージの裏を確認すれば、第一類か第二類か確認することができますが、わからない場合は薬剤師に相談すると良いでしょう。

薬剤師に相談することで、自分の症状に合わせた薬を購入することができます。

〇薬によって効果がある場所に違いがある!?

頭痛薬は、成分によって効き目に違いがあるだけで、成分によって効果が出やすい場所に違いがいます。

頭痛に良く効く薬もあれば、関節炎、発熱、生理痛などの症状に効果がある薬もあります。

頭痛薬は、知名度が高い薬を服用することが多いと思いますが、自分の症状に合わせた薬を服用する方が、良い効果が期待できます。

頭痛薬を購入する際には、知名度や見た目で選ぶのではなく、どの症状に効きやすいかで選ぶのが大切なのです。

自分ではどの頭痛薬を選んだ方が良いのかわからないという場合には、薬剤師に相談することをおすすめします。

また、頭痛薬は薬局で市販されている以外に、医師の処方箋が必要になる、処方薬もあります。

痛みが強く、効き目の強い頭痛薬がほしい場合や、頭痛薬を飲んでも思ったように効果が得られない場合は、病院に受診すると良いでしょう。

さらに、痛みが慢性的に続く場合は、他の病気の可能性もありますので、一度病院に受診しておいた方が安心です。

頭痛薬には、効きやすい場所に違いがありますので、自分の症状に合わせた薬を購入するようにしましょう。

ちなみに、頭痛薬には、熱を抑えてくれる作用もありますが、発熱は免疫力を高める作用がありますので、微熱程度であれば頭痛薬を服用しない方が風邪の治りが早いです。

〇頭痛薬を購入する時には副作用も大切!

頭痛薬を購入する時には、効き目の強さや効果だけでなく、副作用も把握して購入することが大切です。

頭痛薬の多くは、胃に負担をかける物が多いので、胃腸薬と併用する場合や、食後に服用する必要性があります。

胃の弱い人は、胃腸薬を併用して服用するか、胃に優しい頭痛薬を購入するようにしましょう。

頭痛薬は胃を荒らすことが多いので、食後の服用が一般的ですが、空腹時に服用することができる薬もあります。

また、頭痛薬を服用することで、喘息を起こす場合がありますので、アレルギーがある人や喘息がある人は、頭痛薬の服用する時には注意しましょう。

服用して喘息の症状が出た場合は、服用を中止し、症状が酷い場合であれば、すぐに病院に受診してください。

薬の成分を変更することで、喘息が起きない場合もありますが、一度でも薬で喘息が出たことがある人は注意してください。

喘息があり頭痛薬が必要であれば、薬局で直接購入するのではなく、医師に相談の上で薬を処方してもらうことをおすすめします。

市販されている頭痛薬には、少なからず副作用があり、薬によって副作用の出やすさが少ないので、頭痛薬を飲んで副作用が出たことがある人は、副作用の少ない頭痛薬を探しましょう。

また、強い頭痛の症状がある時は、頭痛薬のみに頼らずに、一度病院に受診しておくことをおすすめします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク