ゲップやおならが出やすくなる原因は空気嚥下症が原因かもしれない!ストレスでゲップが出やすくなる!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食後や炭酸飲料を飲んだ後にゲップが出るのでは、誰にでも起こる事で、私も炭酸飲料を飲んだ後にはゲップをしてしまいます。

しかし、食後や炭酸飲料を飲んでいないのに、ゲップが出てしまうのは、空気嚥下症(くうきえんげしょう)の可能性があります。

また、ゲップ出やすくなる以外に、おならが出やすくなり、お腹が膨れたように感覚になることもあります。

緊張するゲップが出る人や、理由がわからないけどゲップが出る人は、空気嚥下症を疑ってみてはどうですか?

〇空気嚥下症とは言ったどんな病気?

空気嚥下症は、呑気症(どんき)とも呼ばれ、空気を大量に飲みこんでしまう事で、ゲップや

おならが出やすくなったり、腹部膨満感(お腹が膨れているように感じる)を覚えたりする症状のことを言います。

日本人の8人に1人が、空気嚥下症を経験したことがあるといわれており、空気嚥下症は珍しい病気ではありません。

また、空気嚥下症の主な原因は、ストレスや緊張によって、空気を飲みこんでしまうためです。

緊張すると人は唾を飲むことが多いですが、唾をのみ込む時に、一緒に空気を飲みこみ、空気嚥下症になっていることが多いようです。

私も緊張すると、何度も唾を飲みこんでしまい、腹部膨満感を覚えたことが難度かあります。

緊張すると、ゲップをしやすくなるという人は、空気嚥下症になっているのです。

さらに、ゲップをして空気を出すことで、腹部膨満感が改善できる場合もありますが、同時に空気を吸いこみ改善しないこともあります。

ゲップをすることで、腹部膨満感が改善してもすぐに空気を吸いこんで、また腹部膨満感を覚えることも多いです。

ちなみに、おならは1日に10回~20回すると言われており、おならが少し多くても空気嚥下症とは限りません。

〇空気嚥下症が頭痛や肩こりの原因になることも

空気嚥下症は空気を大量に飲みこむことで発生し、この空気を飲みこむ動作の時に、歯を強く噛みしめてしまう人がいます。

歯を強く噛みしめてしまうことで、口の周りの筋肉が緊張することや、周りの神経に刺激を与えてしまうことがあります。

筋肉が緊張してしまうと、顎の痛み、肩こりや首のこりにつながり、神経を緊張させると、頭痛や目の痛みにつながることもあります。

このように、空気嚥下症によって発生する、頭痛や肩こり、顎の痛みなどの症状を、「噛みしめ呑気症候群」と言います。

緊張するとゲップが出やすくなり、頭痛や肩こりの症状が出ることはありませんか、噛みしめ呑気症候群を疑ってみても良いかもしれません。

空気嚥下症候群を治すためには、どうすれば良いのでしょうか?

〇空気嚥下症は治すことができるの?

空気嚥下症は、精神帝なストレスによって、空気を飲みこんでしまうことによって発生しており、改善するためには精神的なストレスを改善することが大切になります。

ただ、空気嚥下症は治療が難しいので、症状はある程度よくなっても、完全に治らないことも多いです。

空気嚥下症の多くは緊張した時に一時的に発生する物なので、あまり空気嚥下症のことを気にしない方が良いでしょう。

空気嚥下症を気にしすぎることで、逆に精神的なストレスとなり、悪化することもあります。

緊張した時には、深呼吸などをして落ち着くことが大切で、緊張になれることによって、空気嚥下症が改善することもあります。

ちなみに、飲みこんでしまった空気は、ゲップをしなくても吸収されたり、おならとして排出されますので、ずっと胃に溜まっていることはありません

また、空気嚥下症の症状が強く、何度も発生して困るという場合は、胃の病気であることもありますので、内科や消化器内科に受診しましょう。

胃に異常がなく、空気嚥下症で困っている場合は、心療内科や精神科に受診することをおすすめします。

抗うつ薬や、抗不安薬を服用することで、緊張しにくくなり、空気嚥下症が改善させることもあります。

さらに、噛みしめ空気嚥下症に悩まされている場合は、マウスピースを使用することで、症状が改善することが多いです。

空気嚥下症は誰にでも発生する可能性があります、深呼吸をしてできるだけ気にしないようにすることが、空気嚥下症の予防になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク