鳥インフルエンザは人間に感染する可能性があるの? 知っておきたい鳥インフルエンザの危険性!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鶏に鳥インフルエンザが感染し、鶏が殺処分されることがニュースになることがありますよね。

鳥インフルエンザのニュースを見ると、人にも感染するのではかと心配になる人も多くいると思います。

鳥インフルエンザは危険なウイルスなのか、鳥インフルエンザの正しい知識をつけておきましょう!

〇基本的に人に感染することはありません

鳥インフルエンザは、鳥に病原性があるインフルエンザであり、人には病原性が無いので、基本的に人に感染することがないウイルスです。

稀ではありますが、鳥インフルエンザに感染した鳥に、直接触れたり、鳥の糞を触れたりすれば感染することもあります。

日常生活で鳥が近くを通っただけで、鳥インフルエンザに感染するようなことはなく、感染した鶏を飼育している農場の人でも感染することは、ほぼありません。

近くの農場で、鳥インフルエンザに感染した鶏が発見されると、自分にも感染するのではと、恐怖を感じるかもしれませんが、感染を気にする必要性はないでしょう。

また、日本では鳥インフルエンザに感染した鳥は、殺処分され感染が広がらないようになっていますので、感染する可能性は極めて低いと考えられています。

鳥インフルエンザに感染する可能性は低いのですが、死んでいる鳥を発見した場合には、直接触れないようにしましょう。

死んでいる鳥は、鳥インフルエンザ以外のウイルスや細菌を持っていることも多いです。

自治体によって処理方法が違う可能性もありますが、マスクや手袋をし、直接触れないようにビニール袋で包み、可燃ごみに捨てると良いでしょう。

野鳥は餌が取れずに死んだり、怪我で死んだりすることも多いので、すぐに異常と考える必要性はなく、周辺で鳥の死骸が多くなっているなどの、異常が無ければ気にしないことをおすすめします。

〇食べ物から鳥インフルエンザに感染する可能性ある?

鶏肉は食卓に並ぶことも多いので、鶏肉を食べることで鳥インフルエンザに感染するのではないかと心配になる人もいるかもしれません。

鶏肉を食べることによって、鳥インフルエンザに感染したという報告はなく、ウイルスは加熱することによって、死滅しますので鶏肉を食べて、鳥インフルエンザに感染する可能性は極めて低いと言えます。

また、日本では卵を生で食べる習慣があるので、生卵から鳥インフルエンザに感染しそうな気がするかもしれません。

しかし、日本では鳥インフルエンザが発見されると、鶏をすぐに殺処分されるので、ウイルスに感染している卵が出回る可能性は低いです。

それでも、卵からの感染が、気になるようであれば卵をしっかり加熱して食べるようにしましょう。

食べ物から鳥インフルエンザが流行るのでは心配になりますが、食べ物から感染する可能性は低いので、気にしないことをおすすめします。

また、鳥インフルエンザに感染している、鶏肉が出荷される可能性も低いです。

〇鳥インフルエンザは危険性なウイルスなの?

鳥インフルエンザは、基本的に人に感染する事はなく、食べ物からも感染する可能性が低いのですが、鳥インフルエンザにも危険性もあります。

鳥インフルエンザは、少しずつ変異をしており、変異によって人から人へ感染しやすい鳥インフルエンザが発生してしまう可能性があります。

実際、私たちが感染することも多い、季節性のインフルエンザは、鳥インフルエンザが変異して、人に感染するようになった物だと考えられています。

現在は、人に感染する危険性が少ない鳥インフルエンザではありますが、人から人に感染するインフルエンザに変異するかもしれません。

また、鳥インフルエンザが変異して、人に感染するようになった場合には、私たちは免疫を持っていないので、急激に感染が拡大する可能性があります。

もし、致死性が高いウイルスであった場合には、世界中で多くの死者が出ることになるでしょう。

感染する可能性が低い鳥インフルエンザではありますが、全く危険性がないインフルエンザではありません。

もし、鳥インフルエンザが人に感染するようになってしまった場合には、できるだけ人の接触を避け、マスクをして、手洗いうがいを徹底しましょう。

また、鳥インフルエンザが流行っていなくても、感染症の予防ために手洗いはしっかり行いましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク