風邪を引いた時には風邪薬を飲まない方が早く治る!?風邪薬の効果を知りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪を引くと、発熱、咳、鼻水、嘔吐、腹痛などの症状が出ることが多く、薬を飲んで早く治してしまおうと考える人も多いのでしょう。

私も子ども頃は、風邪を引いた時には早めに風邪薬を飲んで風邪を治そうとしていましたが、現在では風邪薬を飲まずに、そのまま安静にしていることが多いです。

風邪薬を飲むと風邪が早く治りそうな気がしますが、風邪の治りが遅くなることもあることを知っていますか?

〇風邪薬は風邪を治す薬ではない!

風邪薬には、「風邪」がついているので、風邪を治すために服用する薬に感じますが、風邪薬は風邪を治す薬ではありません。

風邪薬は、風邪によって発生する、発熱、咳、鼻水、嘔吐、腹痛などの症状を抑えてくれる薬です。

風邪薬を服用することで、風邪の症状が治まりますが、風邪が治っているわけではないのです。

風邪薬を服用して、翌日には風邪が治っている場合には、風邪薬で風邪が治ったのではなく、自分の免疫力によって風邪が治っているのです。

風邪薬は、辛い風邪の症状を抑えてくれる効果がある薬ではありますが、風邪の時に服用する必要性がある薬ではありません。

もし、風邪のウイルスや、細菌に有効な薬を服用したいのであれば、病院に受診して、抗細菌薬や、抗ウイルス薬を服用してもらう必要性があります。

しかし、多くのウイルスは抗ウイルス薬が作られていませんので、病院に受診しても、風邪のウイルスに効果がある薬が、必ず処方されるわけではありません。

また、細菌性感染症で合っても、自分の免疫力で治せると判断された場合は、抗細菌薬が処方されないことがあります。

薬局には、多くの風邪薬が販売されていますが、風邪を治す薬ではなかったのです。

〇薬の効果で風邪の治りが遅くなる?

風邪の症状は、ウイルスや細菌を体外から排出するためや、免疫力を高めるために発生してします。

風邪の症状を抑えることで、免疫力低下し、ウイルスや細菌が排出されなくなるので、風邪の治りが遅くなってしまう可能性があります。

特に解熱薬は、体温を下げて免疫力が低下させてしまいますので、微熱であれば服用しない方が良いでしょう。

また、薬を飲んで一時的に症状が回復することで、無理をして風邪の症状が悪化してしまうこともあります。

風邪になったら、風邪薬を服用して早く改善した方が良さそうですが、風邪薬が原因で風邪の治りが遅くなることもあるので注意が必要なのです。

風邪薬を服用するよりも、しっかり水分を補給して、安静にしている方が風邪の治りが早くなると言われています。

風邪をできるだけ早く治したいと考えている人は、風邪薬を服用せずに安静しましょう!

もし、安静していて風邪の症状が辛くなってくるようであれば、早めに病院に受診しましょう。

〇風邪薬を服用した方が良い場合もある!?

風邪薬は、風邪を治す薬ではないので、風邪を早く治したいという場合には、服用しない方が良い場合が多いです。

しかし、風邪薬には、解熱効果、咳止め、下痢止めなどの効果がありますので、風邪の症状が辛く動くことができない場合には、風邪薬を服用した方が良い場合もあります。

また、発熱によって体温が高くなり過ぎている、下痢によって脱水症状が起きる可能性がある場合も、風邪薬を服用する必要性があります。

風邪薬を服用すると、一時的に症状が改善しますが、風邪が治っているわけではありませんので、無理をしすぎて体調が悪くならないように注意しましょう。

さらに、風邪薬を飲まないといけないほど、体調が悪くなっているので、風邪薬を服用するよりも、病院に受診して薬を処方してもらうことをおすすめします。

風邪薬は種類が多いので、どの薬を飲んで良いのかわからなくなるので、病院に受診して処方してもらった方が安心です。

総合風邪薬なら、どんな症状でも飲んで良さそうですが、総合風邪薬は、いろいろな成分が含まれているので、あまりお勧めしません。

また、免疫力が低い子どもや、高齢者は重症化しやすいので、特に市販されている風邪薬はさけ、病院に受診することをおすすめします。

風邪を引いた時には、体を休めて風邪を治すようにしましょう。

もちろん、風邪の症状が強くなると、自分の免疫力だけでは治せないこともありますので、気になる症状がある場合は、早めに病院に行くことが大切になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク