病気になった時に市販薬で済ませていませんか?病院に受診すればもっと良い薬がありますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは病気になった時、病院に行って治しますか、それとも市販薬で治しますか?

現在では、病院に受診しなくても、薬局に行くと数百種類もの薬が販売されており、簡単に薬を入手することができるようになってきました。

そのため、わざわざ医師に病気を診てもらわずに、薬局で購入した薬で病気を治そうする人も多いようです。

病気を市販薬で治すのも良いですが、症状によっては医師に処方箋を書いてもらうことで購入することができる、処方薬の方が良い場合もあります。

〇市販薬は安全性を重視しています

病院に受診しなくても購入することができる市販薬は、患者が自分の症状に合わせた薬を選ぶので、副作用が出ないように、安全性を考えられて薬が作られています。

安全性を高まるために、有効成分量を少なくなり、効果が弱い薬も多くあります。

また、市販薬には、多くの症状に対応することができるように、複数の成分を混ぜて作られている場合も多いのです。

いくら良い効果がある薬であったとしても、医師の判断なしでは、販売することはできない薬は多くあります。

もちろん、処方薬も副作用の検査を受けて販売されていますので、あまり副作用が出ることはありません。

しかし、少なからず副作用が出る可能性があり、症状によって服用量も変わることがありますので、医師の処方箋が必要となります。

市販薬で治すことができる病気もありますが、症状によっては処方薬を服用した方が良い場合もあります。

さらに同じ成分の薬で合っても、病院に受診する薬は症状や体質に合わせて薬の量を調節することができます。

市販薬は安全性を重視するので、年齢によって服用量が決められており、症状によっては薬の効き目が薄いことも多いのです。

特に子どもや高齢者は、免疫力が低く重症になりやすいので、病院に受診して処方薬を服用することをおすすめします。

〇病院に受診することで症状に合わせた薬を入手できる

処方薬は、病院に受診して処方箋を作成してもらって、薬を購入する必要性があります。

病院に受診する事で、医師に病気に合った薬を判断してもらうことができ、症状に合った薬を購入することができます。

また、処方箋を作成してもらわないと購入することができない薬も多くありますので、病気や症状の強さによっては病院に受診することが大切になるのです。

さらに、処方薬の場合は症状や体質によって、服用する薬の量を決めることができます。

市販薬でも同じ成分の薬が販売されている場合もありますが、私たちでは症状に合わせて服用量を調節するのは難しいです。

薬が効かないからという理由で、市販薬の服用量を2倍に増やすことで、強い副作用が出て倒れてしまうこともあります。

軽い症状は市販薬でも対応することができますが、自分の症状に合った薬がほしい場合は病院に受診しましょう。

また、薬を飲んでいるのに、効果があまりないという場合には、薬の成分や、服用量が合っていないのかもしれません。

〇症状が改善しない場合は病院へ

軽い症状であれば、市販薬を服用することで、病気が改善することも多いです。

しかし、症状は軽くても病気が長く続いてしまう場合もあり、市販薬を服用しても症状が改善しない場合も病院に受診しましょう。

また、薬を飲んだけど症状は改善せず、悪化し始めているという感じる場合にも、病院に受診してください。

市販薬は、安全性を考えて作られていますので、処方薬よりも効果が弱いことも多く、病気二思ったように効かないこともあります。

また、病気の種類よっては、市販薬では改善することができない場合もあり、市販薬を飲んでも症状が改善しない場合は、病院に受診した方が良いです。

病気を放置することによって、病気が悪化すると、治療が長引いてしまう原因になることもあります。

市販薬で改善することができる病気も多いですが、症状が強い場合、市販薬を飲んでいるけど改善しない、子ども、高齢者は病院に受診して薬を処方してもらいましょう。

市販薬は、誰でも簡単に購入することでき、症状を素早く改善することができますので、処方薬と市販薬をうまく使い分けることが大切でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク