靴下を履いて寝ると足が冷えてしまう?靴下を履いて眠る時の注意点を知っておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

足先や手先は冷えやすく、寝る時に足の指先が冷たいので、靴下を履いて寝てしまうという人も多くいるでしょう。

靴下を履くと足の体温に逃げないので、冷えを感じずに眠ることができると考える人もいますが、靴下を履くことによって足が冷えることもあります。

靴下を履いているのに、余計に足が冷えてしまうのは一体どんな理由からなのでしょうか?

〇靴下の締め付けが血流を悪くする

睡眠中に靴下を履くのが良いのが良くないと言われるのは、靴下の締め付けによって足の血流が悪くなるためです。

靴下は体温を逃がしませんが、血流が悪くなると温かい血液が足先に送られなくなるので、指先が温まらなくなります。

体温が逃げにくくなるので、靴下を履いた方が温かいと感じる人もいるかもしれませんが、靴下を履くと足が冷えてしまうのです。

また、足が冷たくなりやすいという人は、靴下を何枚も重ねて履くことがありますが、靴下を履くほど、足の圧迫が強くなり足が温まらなくなります。

睡眠中に足が冷たいと感じてしまうのは、靴下を履きすぎているのが原因になっているかもしれません。

寝る前は、靴下を履いた方が温かいこともありますが、結果的には足が冷えてしまうので、寝る時には素足の方が良いかもしれません。

靴下の種類によって、足の冷え方は変わっているので、すべての靴下が冷えにつながるというわけではありませんが、足を少しでも圧迫する靴下は不適切と考えて良いでしょう。

また、足の圧迫少ない靴下であっても、何枚も履くと足の圧迫しますので、就寝時に靴下は複数枚履かないことをおすすめします。

〇靴下の中が蒸れて体温を奪う

寝る時に靴下を履くことで、足が冷たくなってしまう原因は血流が悪くなるだけでなく、靴下の中が蒸れるためです。

靴下の中が蒸れることで、足先の体温を吸収して、外に逃がし体温を下げてしまうこともあるようです。

靴下が体温を保つために役立っているように見えるのですが、意外にも体温を逃がす手伝いをしていることがあるようです。

ただ、人の汗の量には違いがあり、靴下を履いて寝ても足が蒸れることは、ほとんど起きないという人もいるでしょう。

朝起きて、靴下が蒸れていることが多いという場合には、靴下が体温を下げている可能性を疑った方良いのでしょう。

素足だと、足の蒸れて体温を奪われることが少なく、靴下を履いた時よりも、起きた時には素足の方が温かくなることがあります。

靴下を履いて眠り体という場合には、蒸れにくく体温を下げない靴下を選んで履くことが大切になります。

〇緩い通気性の良い靴下を購入しましょう

寝る時に靴下を履くと、血流を悪くして、靴下の中が蒸れて足の体温を下げてしまう可能性があります。

しかし、足が冷えるという人は、やはり靴下を履いて足を温めながら眠りたいと思うでしょう。

そんな眠ると時には靴下を履きたい人は、通気性が良く足を締め付けない、就寝時に使用する靴下を使用しましょう。

寝る時の足を冷えを予防するために販売されているフワフワの靴下が、締め付けが少なく、通気性も良いので、睡眠時に最適な靴下になります。

就寝時に使用する目的で作られたフワフワの靴下であれば、血液もあまり悪くならないので、足の体温が下がりにくいのです。

逆に、靴下が体温を逃がさず、足先を温めてくれるので、足先が冷えて眠りにくかったという人には、おすすめな靴下になります。

普通の靴下を履いてから、緩い靴下を履く人がいますが、就寝時に使用する目的の靴下は、重ねて使用するのには適していません。

靴下の重ね履きは、足の圧迫を強くして、通気が悪くなり蒸れて体温を奪わってしまう原因となってしまいます。

さらに、履物も緩くて締め付けが少ない物がした方が、血流が悪くならないのでおすすめです。

冬場になると足先が冷えてしまいますが、間違った方法で温めようとすると、逆に足を冷やしてしまうこともありますので、注意してください。

寝る時には素足でねるか、就寝時に使用できる靴下で、足を温めて快適な睡眠を送りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク