子どもが風邪を引いた時には市販薬を頼らずに病院に行った方が良い!?むやみに市販薬を飲ませるのは危険?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもが風邪を引いてしまった時には、早く病気を治してあげようと家にある市販薬を服用させようと考える人もいるかもしれません。

風邪の症状がでている時には、早めに薬を飲ませた方が良いように感じるかもしれませんが、

子どもは市販薬を飲ませるよりも、病院で処方箋を書いてもらった方が安心です。

子どもに、市販薬を飲ませることの危険性について知っておきましょう!

〇子どもは薬の影響を受けやすい

子どもは大人に比べて体が小さく、薬の成分を分解と排泄する能力が低いので、薬の影響を受けやすくなっています。

また、子どもは、年齢や個人によって体格差が出やすいため、適切な服用量を決めるのは難しいのです。

しかし、市販薬の場合は、体格や風邪の症状を関係なく、年齢によって服用量を決めてしまいます。

子どもは薬の影響を受けやすいので、年齢によって薬の服用量を決めるのではなく、症状や体格、年齢を考慮して服用量を決めた方が良く、医師の診察を受けて処方してもらうが、安全性が高いといえます。

市販薬も副作用が出にくいように考えて服用量を考えられてはいますが、子どものことを考えるなら、病院に受診し処方箋を書いてもらった方が良いのです。

さら、漢方薬は副作用が出にくいと言われることがありますが、漢方薬で合っても副作用は出ますので、子どもに服用させる場合には注意が必要となります。

もちろん、市販薬を絶対に服用させてはいけないというわけではありませんが、市販薬を服用させるよりも、病院に受診させた方が安全でしょう。

〇薬は種類によって効果に違いがある

風邪の時に服用する風邪薬は、どれも同じ感じるかもしれませんが、効果・効能には違いがあるのです。

例をあげると、熱を抑える薬、咳を抑える薬、鼻水を抑える薬、引き初めに効果がある薬などが存在しています。

風邪薬は種類が多いので選ぶのが難しく、症状にあっていない薬を服用しまうと、思ったほど薬が効かないこともあります。

また、風邪薬の中には、総合的に効果がある風邪薬もありますが、いろいろな成分が混ざり、副作用が出やすくなっていることもあります。

大人であれば、風邪の症状が把握できますので、症状に合わせた薬を服用することもできますが、子どもの場合は症状に合わせた薬を飲ませるのは難しいこともあります。

そのため、子どもには、市販薬を服用させるのは、できる限り控える方が良いでしょう。

大人も、風邪を引いた時には、症状に合わせて薬を服用した方が、良い効果を出すことができます。

薬を服用すると、症状が改善しますが、少し体調がよくなったからと動くと、悪化してしまうこともあるので注意しましょう。

〇ウイルスや細菌に効果がある薬ではない!

風邪薬は、風邪を治すために服用する薬だと考えている人も多くいますが、風邪薬は風邪を治すための薬ではありません。

風邪薬は、風邪の症状の抑える薬であり、免疫力を高めてくれることは合っても、ウイルスや細菌を殺し、風邪を治す効果がある薬は市販薬にはありません。

市販薬を服用して風邪が治るのは、薬を飲んで症状が治まっている間に、免疫力がウイルスや細菌を倒してくれているのです。

風邪のウイルスや細菌を倒してくれる抗ウイルス薬や抗細菌薬は、医師の処方箋が必要となるのです。

風邪を早く治したいと考えるのなら、市販薬を飲ませるよりも、病院に受診して処方してもらった方が良いのです。

ただし、抗ウイルス薬は開発されていないウイルスも多いので、自然治癒で治すことになる病気も多いです。

また、風邪を引いた時には、抗生物質を服用してもらえば治ると考えている人がいますが、抗生物質は細菌を殺す薬なので、ウイルスには効果がありません。

自然治癒で治る病気も多いので、医師から抗生物質を処方する必要性があると言われていない場合は、無理に頼んで処方してもらう必要性はありません。

逆に、抗生物質を処方してもらうことで、副作用が発生するリスクが高めてしまうことになります。

子どもが風邪を引いた時には、どの病院に受診するかあらかじめ決めておくと、早い対処ができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク