胃の症状によって服用する胃薬は種類を変える必要性があった!?胃薬にも種類があります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胃が痛み、胃もたれ、胃に不快感を覚える時には、胃薬を服用することが多いと思います。

胃に症状がある時に使用される胃薬ですが、胃薬には多くの種類が存在しているため、症状に合わせて胃薬を使い分けるのが適切です。

胃の調子が悪いからといって、胃薬であれば何でも服用して良いというわけではないのです。

胃に不調を感じる人は、自分の症状に合わせた、胃薬の服用を始めて早く胃の不調を治しませんか?

〇胃に発生する症状は人それぞれです

胃に発生する症状には、胃酸が増えることで起きる胃炎、食べ過ぎによる吐き気、胃酸が減少することによる消化不良など、いろいろな症状があります。

胃薬を服用する場合には、どれでも構わず服用するよりも、胃の症状に合わせて服用した方が効果的です。

胃酸が多くなっているのに、食べすぎに効く胃薬を服用しても、期待していた効果は発揮できず、症状が一向に改善しないこともあります。

胃が不調の時には、どれでも良いから胃薬を飲んでおくと良いと思っている人もいるかもしれませんが、胃薬を服用する時には、目的に合わせた薬を服用するようにしましょう。

胃薬を飲む前に、自分の胃の症状がどのような症状であるかを確認して、胃薬が効きそうか確認してみましょう。

胃薬の効果と、胃の症状があっていない場合は、症状を悪化させることもあるといわれています。

〇胃薬で胃の症状が悪化する?!

胃薬は胃の症状を改善するために服用される薬ではありますが、胃の症状に合っていない薬を服用した場合には、症状を悪化させてしまうこともあります。

例えば、分泌される胃酸が少ないために消化不良になっている人に、胃酸を中和する薬を服用させてしまうと、少ない胃酸が中和されて消化不良が悪化してしまうことになります。

このように、症状と合っていない薬を服用してしまうと、胃の不調を改善させるどころか胃の症状を悪化させることになってしまうのです。

胃薬を飲んだのに、胃の症状が改善するどころか、なぜか症状が悪化したという経験がある人はいませんか、胃薬の効果と、胃の症状が合っていないかった可能性があります。

胃の症状を悪化させないようにするために、服用する前に、胃薬の説明書の効果・効能、注意事項を確認しておくことが大切です。

また、胃薬以外の薬を服用する場合で合っても、効果・効能、注意事項を確認することを忘れてはいけません。

〇胃薬にはどんな種類があるの?

胃薬の中には、「胃酸を抑える」、「胃の粘膜を保護する」、「消化を助ける」、「胃の痙攣を抑える」、「胃液を中和する」などのいろいろな効果を持った薬があります。

自分の症状に合わせて、服用する薬を変えると良いですが、どの薬を飲んで良いのかわからない人もいるでしょう。

胃薬の事でわからないことがある場合には、薬剤師や登録販売者に相談して購入するようにしましょう。

また、自宅で胃の不調を感じて、服用すべき胃薬の種類がわからない場合は、総合胃腸薬を服用することをおすすめします。

発生しやすい胃の症状がある場合には、自分の症状に合わせた常備しておくと、対処しやすいでしょう。

胃薬の効果・効能がわからない場合は、そのまま服用せずに、説明書を確認するか、説明書がなくした場合には、インターネットで確認しましょう。

薬の説明書を読まない人が多くいますが、薬の説明書は服用する前に、一度すべて目を通しておくようにしてください。

薬の説明書を読むことで、副作用を発生しにくくなり、副作用が起きたときも早期に対応することができます。

〇治らない胃の症状は病院へ

胃薬を飲んでも胃の症状が改善しない、何日も胃の不調が続いている場合は、胃薬の服用を一旦中止して、内科または、消化器内科に受診しましょう。

また、胃薬を服用しても胃の症状が改善しなかったことを伝えましょう。

胃の症状は、胃炎、胃潰瘍、胃がんなどの病気が原因の場合もあるのです、薬を服用して治らない病気は早めに受診した方が安心です。

また、胃の症状と胃薬が合っていないために、胃の症状が改善しないこともありますので、病院に受診して症状に合わせた薬を処方してもらいましょう。

胃に不調を感じている人はいませんか、胃薬は種類も多く症状に合わせた薬を服用しないと、効果があまりない場合もあります。

胃薬を購入する際には、胃薬の効果をしっかり確認し、症状に合わせた薬を服用するしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク