イビキを放置してはいませんか?イビキは睡眠障害の原因であり睡眠不足になることもあります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人にとって睡眠は非常に大切な行動であり、睡眠によって脳や体を休ませているのです。

そんな、睡眠が不足してしまうと、脳や体に疲労が蓄積してしまい、睡眠不足による大量不良になってしまうこともあります。

また、しっかり睡眠をとっていても、イビキをしていれば睡眠が浅くなってしまい、体調不良の原因になることもあるのです。

イビキを放置してはいませんか、イビキは睡眠障害の原因になっていることもあるのです。

〇イビキをかくと眠りが浅くなる

睡眠中にイビキが発生するのは、舌の筋肉が緩み上気道の通り道を小さくなることで、舌や喉の周りが振動するためです。

空気の通りの道が小さくなっていますので、吸いこむ空気の量が少なくなり、通常よりも眠りが浅くなってしまうことがあります。

睡眠時間はしっかり確保できていても、イビキによって浅い眠りになっていると、睡眠不足になってしまうこともあります。

また、人によっては睡眠中に呼吸が止まってしまう、「睡眠時無呼吸症候群」になってしまうこともあります。

睡眠時無呼吸症候群は、突然死につながることもある、恐ろしい病気です。

家族にイビキをかいている指摘されることがある人の中には、睡眠時無呼吸症候群を発症していることもあるのです。

たかが、イビキと放置している人もいるかもしれませんが、イビキは体の不調につながり、突然死を起こす危険性もあるのです。

しかし、疲労によって発生する一時的なイビキや、睡眠時の姿勢の悪さで発生するイビキの場合は問題ありません。

日常的にイビキをかく人は、イビキによって問題が発生している可能性があります。

〇イビキが原因で発生する体調不良

寝ている時にイビキをかいてしまう人も多いのですが、イビキをかいている人は、動脈硬化が進みやすく、脳梗塞、心筋梗塞になりやすいと言われています。

また、睡眠不足によって疲労感を回復ができず、体のだるさや頭痛などを感じやスクなってしまうこともあります。

体のだるさが取れない、朝起きた時に頭痛がするなどの症状がある場合は、イビキによって眠りが浅くなっているのが原因なのかもしれません。

さらに、睡眠不足が長期的に続くと、日中に強い眠気に襲われてしまうこともあり、交通事故につながると言われています。

日本でも、居眠り運転による交通事故が毎年のように起きており、一部は睡眠時無呼吸症候群が原因であると考えられています。

日中に強い眠気を感じることが多い人は、イビキをかいていないか確認することをおすすめします。

イビキは病気や、事故につながることも多いので、イビキがある場合は早めに病院に受診することをおすすめします。

イビキの治療は、耳鼻咽喉科に受診すると良いですが、お近くにイビキ外来、睡眠外来がある場合は、イビキ外来、睡眠外来を受診すると良いでしょう。

〇イビキに自分で気がつくのは難しい

イビキをかいている人の多くは自分がイビキをかいていることに気付かない場合が多いのです。

イビキは睡眠が深くなり始めて舌の筋肉が緩んでから発生するので、イビキに気がつけるほどの浅い睡眠の時には、イビキをかいていないことが多いのです。

そのため、大きなイビキをかいていたとしても、本人がイビキをかいていることに気付かないことが多いです。

また、イビキを日常的にかいている人であっても、浅い眠りの時にはイビキに気付くので、周りの人のイビキは気になったりすることもあるようです。

イビキ大きさと睡眠の深さによっては、自分のイビキに気付くこともあるようですが、気付けない場合の方が多いです。

家族にイブキをかいていることを指摘されて、はじめてイビキを書いていることに気付くことが多いのです。

自分でイビキをかいていないか確認したいと考えている人は、睡眠中の音を録音してイビキを確認してみると良いでしょう。

疲れがぬけにくいという人は、イビキをしていないか確認した方が良いと思います。

〇枕が原因でイビキが発生する?!

寝る時には、フカフカの枕で気持ちよく寝たいと思う人も多いでしょう、フカフカの枕って気持ち良いですよね。

しかし、フカフカの枕は睡眠時にイビキをかく原因になることも多いのです。

フカフカの枕は、柔らかかいのでリラックスして眠れそうな気がしますが、柔らかい枕は頭を位置に不安定になりやすく、寝がえりがうちにくいため、イビキをかきやすいのです。

頭の位置を安定させるためには、ある程度の硬さがあり、寝がえりがうちやすい枕が大切になります。

フワフワの枕だと、寝る前には気持ち良いのですが、寝ている時には、頭の位置が不安定になりやすいので、イビキをかきやすい人は、柔らかい枕をひかえた方が良いでしょう。

また、枕の高さによって呼吸のしやすさに変化が出ますので、呼吸がしやすい枕を選ぶことをおすすめします。

また、イビキの原因は枕だけでなく、肥満や顎の小ささなどもあります。

良くイビキをかくという人は、病院に受診して、イビキを改善するようにしましょう。

イビキは、浅い睡眠の原因となり、人体に悪影響を与えることが知られているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク