膝関節の痛みが出てしまう理由とは!?女性は関節に痛みが出やすいので気を付けて!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関節の中で痛みが出やすい場所として知られている膝関節に痛みを感じている人はいませんか?

膝は、人体の中でも体重がかかりやすい場所で、常に体を支えるために負荷がかかっており、運動時にも強い負荷がかかります。

特に、女性が膝痛になりやすいと言われていますが、なぜ、女性の方が膝痛になってしまいやすいのでしょうか?

〇運動不足で膝が痛くなる?!

膝痛は、男性よりも女性の方が発生しやすいと言われていますが、これは女性の方が筋肉量が少ないことが原因の一つとされています。

筋肉は骨を支えるための重要な器官であり、膝の負担は骨と筋肉が負担していますが、筋肉量が少ない女性の場合は、膝の骨に多くの負担がかかってしまうことになります。

そのため、筋肉量が少ない女性は男性よりも膝の関節に痛みを抱えやすくなると考えられています。

男性の場合は、運動不足でも膝痛になりにくく、高齢になってから発症する場合が多いです。

運動不足が膝痛になっているかもしれませんよ、膝の負担を軽減するためには、膝回りの筋肉を強化して、膝関節の負担を軽減させることが重要になります。

また、膝の痛みを放置すると、加齢ともに筋肉量が減少し、膝の負担が強くなる悪循環となってしまいます。

膝の痛みを感じるようになった人や、足回りの筋肉量が少ない人は、ジョギングやウォーキングを行い、膝を鍛えましょう。

膝が痛い人が急に運動をすると、逆に膝を傷めることもありますので、最初に軽めに運動を行いましょう。

もちろん、男性も運動不足によって出ますので、日常的に運動することをおすすめします。

〇姿勢が膝に負荷を強くする

膝にかかる負担は筋肉量が少ないだけでなく、姿勢によっても大きくなってしまいます。

女性に欠かせないファッションアイテムの一つにヒールは、関節の負担を大きくする履物です。

ヒールを履くことで指、膝、腰の関節に負担をかけて外反母趾、膝痛、腰痛の原因になっていると言われています。

また、膝を内側に向けて座る事や、出産による骨盤の歪みなども、膝の負担を大きくする原因と考えられています。

膝に痛みがあるのは、姿勢や骨盤の歪みが原因で、膝に必要以上の負荷がかかり、痛みが出ている可能性があります。

膝に痛みを感じる人は、膝の負担が大きくなるヒールの高い物を履くのは、できるだけ避けるようにしましょう。

腰回りの筋肉と膝回りの筋肉の強化することで、骨盤の歪みや、骨の負担をサポートすることができます。

また、ストレッチを行うことによって、骨盤の歪みを改善することができる場合もあります。

姿勢の悪さを感じることはありませんが、姿勢の悪さによって、膝に負担が増加しますので、改善するようにしましょう。

〇水中ウォーキングで膝周りの筋肉を強化しましょう!

膝痛を改善するために有効なのは、膝周りの筋肉を強化して、骨の負荷を軽減してあげることです。

運動して筋肉を強化するのが良いのですが、過度の運動は膝に負荷をかけることになることもあるので注意しましょう。

膝の負荷を少なく、膝周りの筋肉を鍛える方法として、おすすめなのが、水中ウォーキングになります。

膝の痛みを感じる人は、膝周りの筋肉を強化するために、水中ウォーキングをはじめて見てはどうでしょうか?

また、膝に強い痛みを感じて、運動するのが難しいと感じる人は、整形外科に受診して診察することをおすすめします。

鎮痛薬を使用して、膝の痛みを抑えつつ、治療することが可能になり、運動する場合は、医師の指導に従い行うのが効率的です。

さらに、運動しても痛みが引かず、日常生活に支障が出る場合は、手術が必要になることもあります。

膝の関節痛は、安静しても改善せずに、筋力の低下によりより悪化してしまうことがあります。

膝に痛みを感じる場合は、放置せずにしっかり治療をはじめてください、早めに治療を始めることで、改善でいる場合もありますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク