薬をジュースで服用してはいけない理由ってなに?ジュースで服用すると薬の効果が弱くなる可能性かも!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でも病気になることはありますが、病気になってしまった時には、薬を服用して治すことになります。

薬を服用する時には、水やぬるま湯で服用するとのが適切だと言われていますが、水はおいしくないので、ジュースなどの他の飲み物で代用しようする人もいるかもしれません。

私も子ども頃は、苦い薬が嫌いで甘いジュースで薬が飲めたら良いのに、ずっと思っていました。

しかし、薬を服用する時には、基本的に水以外の飲み物で服用するのは適していないと言われています。

なぜ、水以外の飲み物で服用するのは良くないのでしょうか?

〇薬の効果を阻害することがある

薬の服用に水が良いのは、薬の効果を邪魔させないことが理由の一つに挙げられます。

私たちからすれば、どんな飲み物で服用しても、効果は同じように感じてしまうかもしれません。

しかし、飲み物の中には、薬の効果を弱めてしまう物もあります。

例えば、カルシウムがたっぷり含まれていて健康に良いと言われている牛乳ですが、牛乳に含まれる鉄やカルシウムは、薬の成分の吸収を抑えてしまうことがあります。

また、スポーツドリンクも水の吸収効率を早めるように調節して作られているので、水分の吸収速度の変化により、薬の効果が弱くなることが考えられます。

他の飲み物も、薬の効果を弱めてしまう可能性がありますので、薬の服用する時には水で服用するのが良いでしょう。

薬を飲む時の飲み物で、治療が長引いてしまうことになるかもしれませんよ。

病気を早く治すためにも、薬を服用する時には、水を利用することをおすすめします。

〇薬の効果を強めてしまうこともある

飲み合わせによっては、薬の吸収を抑えて効果を弱くしてしまうことがありますが、逆に飲み合わせによっては、薬の効果が強く出てしまうことがあります。

薬の効果が強くなるなら、良いと思うかもしれませんが、丁度良いように計算されて処方されていますので、薬の効果が強くなると副作用を起こしやすくなります。

良く飲み合わせが良くないと言われるのが、グレープフルーツジュースなどの柑橘系の飲み物です。

柑橘系の飲み物は、薬を分解する酵素を阻害して、薬の吸収量を多くすることで、薬の効果が強くなり、副作用を出やすくすることがあるのです。

また、服用中はグレープフルーツなどの、薬に影響する可能性がある飲み物や食べ物を食べてはいけないと言われることもあります。

そのほか、アルコール飲料や、カフェイン飲料も相互作用により効果が強くなってしまうことがあります。

飲み合わせによって、強い副作用を出さないためにも、水で薬を服用することをおすすめします。

〇どうしても水以外で服用した時

水だと喉に詰まりやすい、甘みが全くないので子どもが飲もうとしないなどの理由があり、水以外で薬が服用したいこともあるでしょう。

そんな、水以外で服用したい時には、薬を服用に使用することができるゼリーが販売されていますので、購入して利用すると良いでしょう。

薬を飲む時に使用できるように開発されていますので、飲み合わせを気にする必要性がありません。

ゼリーで服用すると、水よりも誤嚥する(気管に入ってしまう)可能性が少ないので、高齢者や子どもも、安心して服用することができます。

また、水を使用せずに、そのまま薬だけで服用する人もいるかもしれませんが、薬だけの服用もおすすめできません。

薬だけで服用すると、喉に張り付いてしまい薬がきちんと胃まで送らない場合や、胃の粘膜に直接触れることで、胃炎を起こすこともあります。

面倒に感じることもあるかもしれませんが、薬を服用する時には、水やぬるま湯を用意して、服用するようにしましょう。

薬の種類によっては、水なしで服用することができる物もありますので、説明書をしっかり読んで、服用するようにしてください。

薬は飲み方を間違えることで、効果が弱くなって思ったように治療することができなくなったり、効果が強くなりすぎて副作用が出てしまうことがあります。

もし、薬についてわからないことがあれば、薬剤師または、医師に質問するようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク