未成年は特にタバコを吸ってはいけない!未成年がタバコを吸うことによって発生するリスクを考えましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の法律によって、満20歳未満の者は、タバコを吸ってはいけないとされています。

タバコには、多くの有害物質が含まれており、人体に悪影響を与えるため、喫煙している人は、禁煙した方が良いといわれています。

特に若い人ほど、タバコの影響を受けやすいこと知られており、未成年者は成長途中であるため、タバコによって成長を阻害されることもあるので、絶対にタバコを吸っていけません。

未成年者がタバコを吸うことによって、考えられる危険性について考えてみましょう。

〇脳が委縮して脳の発育が悪くなる

タバコに含まれる物質には、脳を萎縮させてしまう性質があり、脳の記憶力や判断力を低下させ、脳の成長を妨げてしまいます。

未成年者の場合は、脳が成長途中であるため、タバコを吸うことによって、脳の成長が途中で止まり、脳の萎縮が始まってしまいます。

また、未成年者はタバコによる影響が大人よりも大きくなるので、より萎縮し社会生活に影響を与える可能性もあります。

20歳を超えた大人であっても、タバコによる脳萎縮が発生してしまいますが、未成年の喫煙は影響が強くなります。

さらに、脳の萎縮することによって、脳に異常が発生しやすくなり、精神疾患を患いやすくなるといわれています。

未成年者は、タバコを吸うことによって、パニック障害や、うつ病などの危険性を高めてしまうのです。

脳萎縮は認知症の原因になるとも考えられており、未成年者が喫煙すると若年性認知症を発症する可能性があります。

認知症と言えば、高齢者が発症するイメージがあるかもしれませんが、10代や20代も少数ではありますが、発生している病気です。

未成年者の脳は発達途中になりますので、喫煙は絶対に行わないようにしましょう。

〇身長の伸びが阻害されます

タバコを吸うことによって発生するのは、脳の成長を阻害するだけでなく、身長の伸びも阻害してしまいます。

身長は、遺伝的要因と外的要因によって変化し、喫煙は身長の伸びやすさの外的な要因となります。

タバコを吸うと、身長の伸びが阻害されてしまいますので、低身長になりやすくなってしまいます。

また、喫煙は骨の成長を阻害するだけでなく、ホルモンの分泌を阻害して、骨のカルシウムの吸収を阻害するため、骨がスカスカになり、骨粗鬆症を発症しやすくなります。

未成年者の骨は、若いため柔軟性があるので、少し脆くなってもおれないかもしれませんが、

成長して骨の柔軟性が無くなり、骨がより脆くなると骨折を頻繁に起こすようになるかもしれません。

未成年者の体は、いろいろな部分が成長途中であり、タバコは体の成長を阻害してしまう成分が含まれているのです。

もちろん、大人にもタバコは悪影響がありますので、法律によって禁止されてはいませんが、大人も禁煙した方が良いでしょう。

〇タバコを吸うことによって早死にしやすくなります

タバコといえば、発がん性物質がふくまれていることが知られていますが、年齢が若い人ほど、発がん性物質の影響を受けやすく、若くから喫煙を始めた人の方がガンを発症しやすくなります。

また、若い年齢でガンを発症すると、進行しやすいガンであることが多く、ガンを発見した時には、かなり進行していることもあります。

ガンは誰でも発症する可能性はありますが、若いうちにガンを発症させないためには、喫煙しないことも大切です。

さらに、タバコを吸うことによって、呼吸の機能が低下して、タバコ病(COPD)といわれる呼吸不全を発症することもあります。

タバコ病を発症すると、呼吸がしにくくなり運動機能が低下し、進行することで日常生活をおくるのもつらくなってきます。

さらに進行すると、人工呼吸が必要になり、死に至ることもある恐ろしい病気です。

タバコは、ガン、タバコ病、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病を発症しやすくなり、早死にする危険性高くなります。

若くから早死にしないためにも、未成年での喫煙は絶対にやめておきましょう。

また、すでに喫煙をはじめてしまっている人は、今から禁煙をはじめてください、禁煙を始めることによって、タバコの影響を抑えることができます。

タバコの危険性を知り、タバコを吸わないようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク