下痢をしている時には正露丸?!正露丸を飲んで下痢が治まるのはなぜ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お腹が痛くて下痢になってしまった時に服用される薬と言えば「正露丸」ですよね。

私も、下痢になってしまった時には、正露丸を服用して、腹痛を抑えていますが、なぜ、正露丸は下痢を抑えることができることができるのでしょうか?

正露丸が下痢を抑えることができる仕組みと、正露丸を使用する時の注意点について考えてみましょう。

正露丸を正しく服用して、下痢の症状を改善しましょう!

〇正露丸は腸の動きを抑える

下痢や軟便は、腸のぜんどう運動が過剰になってしまい腸内で水分や栄養が吸収されずに、排泄してしまっていることによって起きることが知られています。

下痢を抑えるためには、ぜんどう運動を正常に抑える必要性があります。

正露丸には、腸のぜんどう運動を抑える作用がありませんので、下痢の症状が改善することができるのです。

下痢や軟便の時に服用すれば、腸の働きを正常に戻し、下痢を止めることができます。

しかし、正露丸には細菌やウイルスを倒してくれる効果があるわけではありません。

そのため、正露丸の服用が適している症状は、お腹の冷え、食べすぎ、飲みすぎ、ストレス、夏場の胃腸機能低下などの時に発生する下痢になります。

細菌やウイルスが原因と考えられる下痢の場合は、正露丸に頼るよりも病院に受診して治した方が効果的です。

細菌やウイルス性の下痢の場合は、正露丸ではほとんど効果が期待できない場合もあります。

また、正露丸ですが、効果が強い薬と言われていますので、高齢者には向いていない薬とされています、高齢者が服用する場合には十分に注意してください。

正露丸以外の薬を飲んでいる時には、薬剤師に相談して、正露丸を飲んでも大丈夫が効くことをおすすめします。

正露丸以外の胃腸薬を飲んでいる場合は、副作用が出やすくなってしまうこともあります。

〇下痢が治まらない時には病院へ行きましょう!

腹痛や下痢に効果があると言われている正露丸ではありますが、病気によって効果があまりない場合もあります。

正露丸を飲んでも、下痢が治まらない場合や、下痢の症状が悪化する場合には、正露丸の服用を止めて病院に行くようにしましょう。

下痢や腹痛を、放置することによって、症状が悪化して、入院してしまうこともあるかもしれません。

また、正露丸を服用することによって、胃部の不快感や、食欲不振などの症状が出てくることがあります。

胃部の不快感や、食欲不振は、正露丸の副作用が考えられますので、直ちに服用を中止して、薬剤師に相談するか、病院に受診しましょう。

そのほかにも、正露丸を服用して、気になることがある時には、薬剤師に相談することをおすすめします。

さらに、発熱を伴う下痢には、正露丸は適していませんので、熱がある場合には細菌やウイルスが原因の下痢の可能性が高いので、病院に受診してください。

正露丸は腸の働きを抑えて下痢を治す効果はありますが、細菌やウイルス感染症を治す効果はありません。

細菌やウイルス感染症は、下痢をして細菌やウイルスを早く排出した方が、治りが早くなると言われています。

正露丸を飲んでも症状が治らない場合や、熱がある場合などは早めに病院に受診しましょう。

〇正露丸を歯に詰める時の注意点

正露丸は、腹痛の時に服用する薬として、知られていますが、虫歯で歯が痛む時にも詰めて使用することがあります。

しかし、虫歯に正露丸を使用して良いですが、正露丸を歯に詰める時には注意点があります。

正露丸を歯に詰めることによって、痛みを抑えることはできますが、正露丸には虫歯を治療する効果がありませんので、痛みを軽減しても虫歯が治ってきているわけではありません。

そのため、歯の痛みが軽減したからと放置すると、虫歯が進行してさらに、歯が痛くなり治療が難しくなる可能性があります。

正露丸は、一時的な痛み止めに過ぎないので、歯に痛みを感じたときには、歯医者に受診して歯の治療をしてもらってください。

また、正露丸の成分は、歯茎や舌、頬を刺激して痛みが出ることがありますので、歯に使用する場合は、はみ出さないように適量を詰めましょう。

さらに、正露丸には独特の臭いがありますので、歯に正露丸を詰めると、常に口の中ら正露丸の臭いがしてきます。

正露丸は、口の軟膜や舌を刺激してしまうこともありますので、正露丸を歯に詰めるよりも、早く病院に受診することをおすすめします。

正露丸は下痢に効く薬です、注意事項をしっかり確認して、適切に服用するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク