感染力が強くわずかなウイルスが入っただけでも食中毒になってしまうノロウイルスに気を付けろ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノロウイルスは、食中毒の原因となるウイルスとして知られており、毎年のようにノロウイルスに集団感染が起きています。

食中毒と言えば、夏場に起きるイメージがありますが、ノロウイルスは冬場に感染者数が増えることを知られています。

感染力が強く、多くの人が感染する可能性があるノロウイルスは、どこから感染し、どのような症状がでるか知っておきましょう。

〇ノロウイルスを感染することで起きる症状

冬場に感染者が増えるノロウイルスに感染すると、下痢、嘔吐、発熱、倦怠感などの症状が出ることになります。

人によって症状の強さには、個人差はありますが、食べ物や飲み物を摂取してもすぐに嘔吐してしまうことも多いです。

また、水分を摂取できずに、嘔吐と下痢によって水分が失われてしまうので、脱水症状を起こしてしまうことあります。

特に高齢者や子どもは、脱水状態が長時間続くことで、危険な状態になり死亡する可能性もありますので、水分を摂取できない場合は、点滴を行う必要性があります。

水分を摂取できず、口の中が乾燥する、尿の量が少ないなどの症状がある場合には、病院に行って点滴を受けましょう。

また、高齢者であれば吐瀉物によって、喉を詰まらせてしまい、窒息死してしまうことがありますので経過観察が必要になります。

強い下痢と嘔吐の症状が出るノロウイルスは、どこから感染してしまうのでしょうか?

ノロウイルスは、これと言って治療法はありますが、脱水症状になると危険ですので、脱水症状がある場合は早めに病院に受診しましょう。

大人でも、脱水症状になることがあります。

〇ノロウイルスの感染経路は?

ノロウイルスは食中毒の一種であり、食品に付着したウイルスが体内に侵入することによって、感染することが知られています。

ノロウイルスは、カキなどの二枚貝に、水揚げされた時に含まれていることがあり、カキを食べることにノロウイルスに感染することがあります。

また、元から食品に含まれておらず、調理する人や配膳する人が、ノロウイルスに感染しており、食品にノロウイルスが付着してしまうこともあります。

さらに、ノロウイルスは食品以外からも感染することがあり、感染者の唾や吐瀉物に含まれるウイルスが体内に侵入して、ノロウイルスに感染することもあります。

そのため、ノロウイルスに汚染されている食品を食べていなくても、ノロウイルスに感染してしまうことがあるようです、

感染しないようにするためには、生ものをしっかり加熱し、手洗いうがいをしっかりすることになります。

特に子どもや高齢者は、しっかり手洗いうがいをして、感染しないように心がけましょう。

また、腹痛や吐き気などの症状がある人には、調理刺せないようにすることによって、感染を予防する効果があります。

〇ノロウイルスはアルコール消毒では死にません!

ウイルスや細菌感染症の予防に、アルコール消毒液が使用されることがありますが、ノロウイルスはアルコール消毒液に強いことが知られています。

そのため、アルコール消毒液で手を殺菌しても、ノロウイルスは手に残っており、体内にノロウイルスが侵入して食中毒になることがあります。

ノロウイルスの場合は、アルコール消毒をするよりも、石鹸で手を洗った方が感染を抑えることができます。

また、嘔吐物をキレイにする時に、ウイルスを殺すために、アルコール消毒液を使用しても、ノロウイルスは死なないので、感染を広げてしまう可能性があります。

ノロウイルスに殺すためには、次亜塩素酸ナトリウムを水に溶かした液体を使用して、掃除をすると良いでしょう。

次亜塩素酸ナトリウムは、塩素系漂白剤や、哺乳瓶消毒液などに利用されていることが知られています。

薬液をそのまま使用すると濃くなりすぎてしまいますので、塩素系漂白剤であれば、水で50倍に薄めてから使用することが適切になります。

嘔吐物を掃除しようと考えている場合には、使い捨てのマスクやビニール手袋をして、嘔吐物に触れないように掃除することが、感染しないためには大切になります。

ノロウイルスの感染者がいる場合には、トイレなどを、次亜塩素酸ナトリウムを使用して、掃除することが大切になります。

ノロウイルスは、非常に感染力が強いウイルスですので、感染しないように、次亜塩素酸ナトリウムを使用して掃除をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク