黒い便は病気が原因だった!黒い便が出た時は病院に受診して胃腸を検査してもらおう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは自分の便の色を確認したことがあるでしょうか?

健康な人の便の色は、黄色から茶色といわれており、腸内の通過時間が短くなるほど、黄色くなり、長時間腸内にとどまるほど、茶色くなると言われています。

色の濃さに変化があることもありますが、黄色から茶色の便であれば、健康状態は問題ないと言えます。

しかし、便の色の黒くなっている場合は、胃腸が病気になっている可能性ありますよ。

なぜ、茶色ではなく、黒色の便が発生してしまうのでしょうか?

〇黒色の便が発生する理由

黒色の便は、タール便や黒色便とも言われ、便が黒くなってしまう原因は、主に2つと言われています。

一つは、胃腸が出血することによって、便の中に血液が混ざり、血液が酸化して黒くなってしまうためです。

もう一つの原因は、食品の色素や、食べた食品の栄養素が腸内で酸化して、便の色の黒くなってしまうものです。

食品の色素や、栄養素が酸化して、便の色が黒く変色してしまうことは、健康上は問題ありませんが、出血によって、便の色が黒くなっている場合には、健康上に問題があると考えることができます。

ちなみに、便の色の黒くなることがある食べ物は、ブドウ、海藻類、ナス、イカスミなどになります。

これらの食品を食べた後に、便が黒くなる場合は、出血ではない可能性高いです。

便が黒くなる食品を食べていても、数日間も黒色の便が続く場合には、食品が原因ではなく、胃腸の出血が原因の場合もあります。

今までは、食べ物で黒色の便が出たことがなかったのに、急に黒い便がでるようになった人は、特に注意が必要です。

黒色の便が出た時には、なぜ黒い便が出たのか考えてみましょう、理由がわからない場合は出血の可能性高いですよ。

気になる黒色の便が出た時には、便の色が変化しそうな食べ物を止めて確認してみましょう、また、家族で同様の症状が出ていないか確認することも大切です。

家族には、症状が出ておらず、自分だけ症状がでている場合も、胃腸から出血の可能性が高くなります。

〇黒色の便は胃腸の病気を疑え!

便が黒くなるような食品を食べておらず、黒い便が出るようになった場合には、胃腸の出血を疑うことが大切です。

黒い便は、血液が酸化することによって、黒く変色するので、胃や十二指腸などの上部消化器からの出血が多いとされます。

また、大腸から出血の場合は、盲腸や上行結腸などの、肛門から遠い部分の出血が考えられます。

便が鮮やかな赤色になるほど、下行結腸、S状結腸、直腸などの肛門に近い部分から出血している可能性が高くなります。

また、大腸からの出血は、S状結腸や、直腸で起きやすいため、黒い便がでる場合には、大腸の出血よりも、胃や十二指腸からの出血の可能性が高いと言われています。

ちなみに、大腸がんの約7割は、S状結腸と直腸で発生していることが知られています。

黒い便が出ている場合には、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の可能性が高いため、消化器内科に受診して、内視鏡検査(胃カメラ)を行ってもらうことをおすすめします。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍を起こす場合には、腸内にピロリ菌が住んでいる場合も多いため、早めに処置しておくと安心です。

黒い便が出た場合には、早めに消化器内科、内科に受診しましょう!

〇黒い便はガンの可能性もあります!

黒色の便は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍による出血が原因で起きることもありますが、胃がんや大腸がんによる出血によっても黒い便になる事があります。

ガンが原因で、黒い便が発生している場合は、放置することによって、ガンが進行し死亡する事もあります。

黒い便が出るのは、非常に危険なので、原因不明の黒い便が出ている場合は、消化器内科か、内科で診察しましょう。

ガンは早期に発見するほど、致死率が低くなりますので、黒い便が出てしまった時には、早めに病院に受診することが大切になります。

また、黒ではなく、赤い色の便も大腸のガンの可能性がありますので、赤色が混ざっている場合にも早めに病院を受診してください。

胃腸内の出血は、ガンでなくとも、貧血を起こしてしまうことがあり、胃潰瘍や胃腸炎、十二指腸潰瘍の原因でピロリ菌は、胃がんの発生しやすくするとされています。

タール便を発見し、病院に受診して、ピロリ菌を改善することができれば、将来的に発生する可能性がある、胃がんの発症率を抑える効果も期待することができるのです。

黒い便が出てきてビックリした人は、早めに病院に受診して、検査を受けてみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク