赤外線だけでガンが治る時代になる!?ガンの治療は日々進歩してガンは治る病気になってきている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガンと言えば、日本人の2人に1人に発生して、3人に1人死亡する病気であり、誰が発症してもおかしくない恐ろしい病気になります。

そんな、非常に恐れられているガンではありますが、日々、ガンの治療法は進歩しており、簡単にガンが治る日がやってくると言われています。

そんな中で、副作用がなく、簡単にガンができるのではないかと言われるのが、赤外線によるガンの治療法です。

〇ガンの治療は人体に負担がかかる!

現在、一般的に行われているガンの治療法といえば、抗がん剤、外科手術、放射線治療ですが、どれも人体に悪影響を与える可能性がある治療方法です。

抗がん剤を使用すれば、ガン細胞以外の健康な細胞が死滅するので、体調不良、体重の減少や、脱毛、などの症状が起きます。

外科手術となると、体にメスを入れることになるので、患者にとって負担になることも多いです。

放射線は、人体に影響が少ないようにしてはいますが、人体にとっては悪影響がある物質であることは確かです。

このように、ガンを治療することによって、患者に健康状態に影響を与え、負担になることも多いです。

しかし、赤外線でガンが治療できるようになれば、患者への影響は大幅に減少すると考えられています。

患者としては、最も患者に負担がかからない治療を行ってほしいと思うはずです。

〇赤外線によるガンの治療とは?

赤外線によるガンの治療とは、赤外線を照射することによって、化学変化を起こす色素を使用することによって、ガン細胞を破壊する方法になります。

ガン細胞を破壊するためには、赤外線に反応する色素と、ガン細胞に引っ付く性質がある物質と混ぜ、服用しガン細胞に赤外線に反応する色素を結合させる必要性があります。

ガン細胞に色素を結合させることができれば、赤外線を照射することによって、化学変化が起きて、ガン細胞を破壊することができるのです。

赤外線の良い所は、人体にほとんど害がない所にあり、人体に照射したとしても、ガンの原因になる可能性は、ほぼ無いといわれています。

赤外線を浴びるよりも、外に出て紫外線を浴びている方が、皮膚がんになる危険性は高いので、赤外線の危険性は無視することができるレベルなのです。

今まで行われているガンの治療と比べると、非常に安全性高いと治療と言えるのです。

赤外線によって、ガンを治療することができるようになると、劇的にガンの治療進歩するようになるかもしれません。

〇全身に照射することもできる!

赤外線は非常に安全性が高いので、全身に赤外線を照射しても問題ありません。

ガンを発症した時に、恐ろしいのが、ガン細胞が転移して、他の臓器でガンが発生してしまうことです。

ガンが転移して、いろいろな場所にガン細胞が散らばってしまうと、ピンポイントで治療できなくなるので、致死率が非常に高くなってしまいます。

しかし、赤外線によるガンの治療の場合は、全身に赤外線を照射することができるので、薬を服用して、色素がガン細胞と結合してくれれば、どこに存在するガン細胞であっても、死滅させることができます。

赤外線によって、ガン細胞を死滅させることができるようになれば、今まで難しかったガンも治せるようになる可能性があるのです。

また、再発をしにくくする効果も期待できますので、全身に照射できるのは有効性が高い考えることができます。

赤外線で治療することができるようになれば、ガンは怖い病気から、簡単に治すことができる病気になるかもしれません。

〇治療費も安くなるかも?

赤外線でガン細胞を破壊することができるようになれば、治療費が安くなるようになるかもしれません。

赤外線治療であれば、手術も必要ありませんし、抗がん剤の必要もなく、入院せずにそのまま帰ることができるようになる可能性があります。

薬を飲んで、赤外線照射装置で治療できるようになれば、今よりも安く治療できる可能性が高いでしょう。

ただし、赤外線ですべてガン細胞を完全に破壊できると決まったわけではありません。

そうなった場合には、抗がん剤治療などが必要となるため、今までと変わらない費用が掛かる可能性もあります。

赤外線によるガンの治療は今までの、患者の負担の大きかった治療を改善する効果があるのです。

赤外線でガンが簡単に治る時代が到来してくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク