高カカオチョコレートを食べると健康になれるって本当?カカオ70%以上のチョコレートを食べましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カカオチョコレート

チョコレートと言えば、お菓子のイメージの強いかもしれませんが、最近では健康を維持するためにチョコレートを食べる人も多くいます。

私も、健康のことを考えてチョコレートを食べるようにしています。

特に健康に良いと言われるのが、高カカオチョコレートと言われる、ビターチョコレート、ブラックチョコレートと言われることもあります。

高カカオチョコレートが、健康に良いと言われている理由を知り、チョコレートを食べて健康になってみませんか?

〇高カカオチョコレートって?

健康に良いと言われている高カカオチョコレートは、チョコレートに含まれているカカオ成分が、70%以上の製品を指すことが多いです。

一般的に販売されているビターチョコレートは、カカオ保有率が50%以上の物を指していることが多く、苦めのチョコレートであったとしても、高カカオチョコレートではない場合もあります。

ビターチョコレートや、ブラックチョコレートだからと言って、絶対に高カカオチョコレートになるわけではないのです。

カカオ成分の濃い、高カカオチョコレートを食べたいと考えている場合は、ビターやブラックなどの表記されている物を選ぶのではなく、%が表記されているチョコレートを選ぶと確実です。

ブラックチョコレートやビターチョコレートは、ミルクチョコレートよりも、カカオ成分は濃いのですが、70%満たない場合も意外とあるのです。

健康のことを考える場合は、できるだけカカオ成分が濃いチョコレートを食べるようにしましょう。

〇なぜ高カカオチョコレートが選ばれるのか?

高カカオチョコレートは健康に良いと言われているのは、カカオの保有量が高くなるほど、ポリフェノールが多くなることがあげられます。

さらに、カカオの成分が少なくなるほど、糖質が多くなり、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の原因になることも、高カカオチョコレートが選ばれる理由なのでしょう。

カカオの保有量が少なくなるほど、健康のメリットが減少して、デメリットが増加すると考えても良いでしょう。

ただし、保有量が少なくてもカカオが含まれているので、ある程度の健康効果はあると考えられています。

高カカオチョコレートに含まれているポリフェノールには、動脈硬化の予防、ガン予防、老化予防、脂質異常症の改善などの効果があると考えられています。

高カカオチョコレートを食べることによって、生活習慣病を予防することができると言われています。

チョコレートには、お菓子とイメージが強くあるかもしれませんが、高カカオチョコレートは、健康を維持しやすくする成分が豊富に含まれているのです。

毎日に少しずつ高カカオチョコレートを食べることによって、健康に良い影響を与えてくれるでしょう。

健康を維持して、生活習慣病を予防したいと考えている人は、高カカオチョコレートを毎日食べると良いでしょう。

〇高カカオチョコレートの注意点!

高カカオチョコレートは健康に良いと言われており、高カカオチョコレートを毎日のように食べている人もいるかもしれませんが注意点もあります。

カカオには、脂質が多く含まれているので、カカオの成分が濃くなるほど、糖質は減りますが、脂質が増えるので、結果的にカロリーが高くなっています。

適量であれば、過剰なカロリーにもなりませんし、健康に良いので、食べた方が良いのですが、健康に良いからといって、バクバク食べる物ではありません。

高カカオチョコレートの1日の摂取目安は、20g~30gと言われており、毎日のように一箱チョコレートを食べる必要性はありません。

小分けしているチョコレートを毎日、少量ずつ食べるようにすることが、高カカオチョコレートを食べる時のポイントとなります。

苦みが強くて、高カカオチョコレートを食べられないという人は、カカオが少ないチョコレートを食べても良いですが、摂りすぎには十分に注意してください。

チョコレートはカカオの量が多くなるほど、苦みが強くなるのが知られており、はじめは70%のチョコレートを食べるようにすると良いでしょう。

カカオ成分が濃い物も、何度も食べることで慣れておいしく感じるようになりますが、苦みが強いと感じる場合は無理に食べる必要性はありません。

参考になるかわかりませんが、私は、初めて食べた時に苦いと思ったカカオ86%のチョコレートも何度も食べることで、おいしくなりました。

高カカオチョコレートが苦い場合は、コーヒーや牛乳などに溶かして、食べるのも有効だとされています。

健康になりたいという人は、高カカオチョコレートを摂取してみると良いですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク