不規則に心臓が脈を打って早い場合は「心房細動」?!すぐに死ぬような不整脈ではありませんが脳梗塞の危険性ある!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心房細動

心臓が早くなり、動悸が感じると、生命に関係が深い臓器なので、怖いですが、不整脈を発生する高齢者は非常に多くいるのです。

中でも、特に発生することが多いと言われるのが、「心房細動」と言われる不整脈で、70代で5%、80歳以上の高齢者では10%に発生すると言われています。

若い人は発生しにくい不整脈ではありますが、私は21歳で心房細動を発生しており、若い人は絶対に発生しない不整脈ではありません。

〇心房細動とは一体どんな不整脈なのか?

心房細動とは、心臓の上部に位置する心房が異常興奮を起こしてしまい、1分間に300回以上の拍動を起こしてしまう症状の事を言います。

また、心臓の下部の心室には、すべての刺激が伝わらないので、不規則に1分間に60回~200回程度拍動することになります。

脈が多くなり不規則な脈を打つことが多いですが、心室から血液が送りだされるので、心房細動が起きても倒れないことも多いのです。

さらに、心室の拍動が、正常な脈と近い回数であれば、本人に自覚症状が出ない場合もあるのです。

症状は数十分~数十時間ほど続くこともあり、脈を測ると脈が不規則に打ち、心拍数が早くなっていることが多いです。

心房細動では倒れないことも多いですが、心臓が不規則に鼓動していたり、脈が異常に早くなり動悸がしたりする場合には注意が必要です。

一般的に、動悸がして脈を測ったら、脈が不規則に打っているので気付く場合が多いようです。

血液は心臓から送り出されている場合も多く、すぐに死ぬような不整脈ではない場合が多いのですが、危険性はありますので、病院に受診しておきましょう。

〇心房細動が発生した時の症状

心房細動が発生すると、心拍数が早くなることが多いので、息切れや動機によって、心房細動に気がつくことが多いようです。

心室の心拍数が早くなるほど、血圧が低くなってしまい、めまいが発生しやすく、場合によっては失神してしまうこともあるようです。

心室の心拍数が正常の心拍数に近い場合には、無症状で心房細動に気付けない場合もあります。

急に動悸して、心拍数が早く不規則になっている場合には、倒れそうでなくて初めての場合には循環器科に受診してもらうことをおすすめします。

心房細動は放置して、何度も発生するように、慢性心房細動になってしまい、脳梗塞の危険性高くなると言われています。

また、自覚症状が無くても脈が不規則になっている場合には、病院に受診しておいた方が安心ですよ。

心房細動と似たような不整脈も存在していますので、心房細動に症状が似ていても、はじめての不整脈である場合には、勝手に判断しない方が良いですよ。

気になる不整脈がある場合には、病院に受診して、症状が辛い場合には救急車を呼ぶようにしましょう。

〇心房細動が起きる原因を知ろう

心房細動が発生する原因として、一番多いのが加齢によるもので、年齢が高くなるほど心房細動が発生しやすくなるのもこのためです。

しかし、加齢だけが原因ではなく、ストレス、睡眠不足、運動、飲酒、タバコのなど、どんな物が原因になってもおかしくありません。

心房細動は高齢者に多い不整脈ではありますが、誰もが発症する可能性があります。

また、心臓弁膜症、虚血性心疾患、心筋症などの心疾患が原因で発生することもあるとされています。

心房細動はすぐに、死ぬ危険性がある不整脈ではありませんが、心疾患が原因になっていることもありますので、気になる不整脈が発生した時には、一度病院に受診しましょう。

心房細動を発生させないようにするためには、できるだけストレスが少ない生活を送ることが大切です。

〇心房細動によって脳梗塞の危険性

心房細動は、すぐに死ぬような危険性が高い不整脈ではありませんが、48時間以上の不整脈が発生すると、心房内で血栓が発生する可能性あります。

心房内で発生した血栓は、血液に流されて脳に詰まり、脳梗塞の原因となる可能性があります。

そのため、心房細動は放置すると、脳梗塞の原因となってしまうことが知られています。

特に血液がドロドロな人や、高齢者で何度も心房細動が発生してしまっている人は、脳梗塞の危険性が高いとされています。

高齢者に心房細動が発生した場合には、抗不整脈薬を使用して、心房細動の発生を防ぎ、抗凝固薬を使用して、血栓症を予防することになります。

心房細動は、脳梗塞の危険性が高くなりますので、気付いた時には早めに病院に受診しましょう。

若い人の場合は、一時的に発生してしまった場合も多く、特に問題がなければ様子見となる場合が多いです。

しかし、危険な病気が隠されている場合や、慢性化することもありますので、はじめて心房細動になった場合には病院に受診することをおすすめします。

急に、心臓がバクバクと早くなり、不規則に脈を打っている場合には、心房細動かもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク