グリーンスムージーにはどんな良いところがあるの?グリーンスムージーを飲んで健康になりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グリーンスムージー

グリーンスムージーが健康に良いと言われることがありますが、皆さんはグリーンスムージーを飲んだことがあるでしょうか?

グリーンスムージーとは、生野菜や果物、野菜をブレンダー(ミキサー)混ぜ合わせた物のことを言います。

グリーンスムージーの良さとは一体どんなところにあるのでしょうか?

〇1日分の野菜を手軽にとれる!

皆さんは1日に必要な野菜を食べられていると思っていますか?

1日に必要だと言われている野菜は、350gと言われており、多くの人は1日分の野菜を摂れていないと言われています。

食事から、1日に必要な野菜を摂取しようと考えると、非常に多くの野菜を食べる必要性があり、足りない場合も多いです。

弁当に1食分(120g)の野菜を入れようと考えると、野菜だけで弁当が埋まってしまうこともあるのです。

食事から350gの野菜を摂取することは難しくてもジュースにして飲んでしまえば、簡単bに1日分の野菜を摂ることができます。

コップ一杯(200ml)のグリーンスムージーを飲めば、半日分の野菜を摂取することができてしまいます。

もちろん、コップの量や、水分量によっては、半日分の野菜を摂取できていないこともあります。

しかし、グリーンスムージーとして飲むことによって、食事から摂取する必要性がある、野菜を減らすことができるので、簡単に1日分の野菜を摂取することができるのです。

日本人は野菜不足の人が多いので、グリーンスムージーを飲んで野菜を摂取すると良いでしょう。

〇ドレッシングを使用せずに野菜を摂取できる

生の野菜って、甘くないのでそのまま食べるのは、かなりの野菜好きな人でないと難しいですよね。

そのため、野菜を食べる時にはドレッシングを使用するのが一般的となっています。

しかし、グリーンスムージーの場合は、生の野菜をそのまま入れて、ブレンダーで混ぜて、そのまま飲むことが多いです。

そのため、油や塩分などが多い、ドレッシングを摂取する事が無く、多くの野菜を摂取することが可能です。

350gの野菜をそのまま食べようと考えると、大量のドレッシングが必要となり、脂質や塩分の過剰となってしまうこともあります。

ただ、グリーンスムージーも野菜だけでは甘みが全くないので、飲むのが辛いこともありますよね。

そんな時には、果物を入れて甘みを足してから飲むと良いでしょう、果物にも健康の良い成分が含まれています。

果物は健康に良いですが、入れ過ぎは糖分の過剰摂取となってしまうこともありますので、注意してください。

〇グリーンスムージーの健康効果

グリーンスムージーの良さは、緑黄色野菜と淡色野菜バランスよく摂取することができる所であり、健康に良いと言われるβカロテンが豊富に含まれています。

βカロテンは、抗酸化作用がある栄養素の一つであり、ガンや老化を予防する効果があると言われています。

必要に応じてビタミンAに変化して、粘膜や肌の健康状態を保ち、免疫力を維持する効果があります。

さらに、カリウムなどのミネラルも豊富に含まれており、カリウムは余分なナトリウムを尿から排出する効果があります。

余分なナトリウムは、高血圧の原因になるので、グリーンスムージーは高血圧になっている人にお勧めできる、栄養食品です。

朝食はあまり食べないという、グリーンスムージーは飲み物なので、摂取しやすくなっています。

また、嫌いな野菜が多くあるという人もいると思いますが、グリーンスムージーなら、果物などの味が入るので、嫌いな野菜が入っていても飲みやすいです。

健康のことを気にしている人や、朝食をよく抜いてしまう人、野菜不足が気になる人は、グリーンスムージーを飲んで健康になりましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク