自然治癒力は人が持っている傷を治す力!自然治癒力を高めるためにはどうしたらいいの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然治癒力

転倒して怪我をした時や、ウイルスが侵入して風邪を引いた時に、薬や手術をしなくても、怪我や病気を治す力を自然治癒力といいます。

自然治癒力は誰でも持っている力ではありますが、自然治癒力が弱い人は、病気が悪化してしまったり、怪我が治るのに時間がかかってしまいます。

自然治癒力を強化すれば、病気や怪我を早く治すことが可能となりますので、病気や怪我を治す自然治癒力を、強化する方法を知りましょう!

〇体に良い菌を取り入れておこう!

自然治癒力を高めるために必要なことは、体にとって良い細菌を取り入れることになります。

細菌は体に悪いとイメージがあるかもしれませんが、自然治癒力を高めるためには、体に良い細菌を取り入れることが大切になります。

体にうれしい細菌が摂取してできる食材にヨーグルトがあり、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、免疫力を高めてくれる、体に良い細菌になります。

また、外に出て細菌を触れることが非常に大切であり、外に生息している細菌と触れることで、免疫力を活性化する力があります。

外で遊ぶと風邪になりやすいと思う人もいるかもしれませんが、外でしっかり遊ぶことが風邪を引きにくく、治りやすい体にしてくれるのです。

子どもは、土遊びをさせることで、多くの細菌に触れて病気になりにくい子どもになるそうですよ。

大人は、ガーデニングなどで、日ごろから土に触れるようにすれば、細菌が侵入して免疫力が高まるでしょう。

潔癖症で、なんでも除菌したがる人は、いざ細菌やウイルスが侵入してしまった時には、免疫力が働かないので、風邪を引きやすくなります。

自然治癒力を高めたい人は、日ごろから細菌と触れ合うようにしておくと良いでしょう。

汚すぎるのも良くありませんが、潔癖症になりすぎるのも、自然治癒力を下げてしまう原因となるようです。

〇自然治癒力は老化と共に衰える

自然治癒力は老化と関係があり、老化するほど自然治癒力が落ちてしまうことになります。

自然治癒慮力を高い状態で維持するためには、できるだけ老化をさせないことが大切であり、運動をするのがおすすめです。

適度な運動は老化を抑えると言われており、自然治癒力を維持するのに役立ち、体温を高めることで、免疫力の強化にもつながります。

1日に15分でも良いので、ジョギングなどの運動をすれば、老化を防ぎ風邪や怪我早く治ります。

ただし、過度な運動は禁物で、運動をしすぎると疲労が溜まって、自然治癒力を低下させる可能性があります。

疲れ過ぎて、動けなくなったり、疲労が蓄積されることがないようにしてください。

老化を抑制するためには、食事も非常に重要で、お肉ばかりの食生活では、老化を促進してしまうことになります。

お肉だけではなく、魚や野菜などのしっかり摂取して、バランスの良い食生活を心替えkましょう。

また、飲酒やタバコも老化に関係しており、自然治癒力を高めて老化を予防したいなら、お酒やたばこの使用は控えた方が良いでしょう。

怪我した時や、風邪を引いた時に早く治すためには、老化を抑制されることが大切になってくるのです。

〇十分な睡眠とストレスを減らす

自然治癒力を高めるためには、十分な睡眠が必要となり、睡眠不足になると疲労から、自然治癒力が低下することになります。

怪我や病気を治す時には、安静にすることが大切だと言われることが多いですが、安静にすることによって自然治癒力を高めているのです。

睡眠が不足してしまうと、風邪が治らなかったり、悪化や合併症になってしまうこともあるので注意してください。

また、ストレスも自然治癒力を下げてしまう原因と言われており、過度なストレスは病気の原因となります。

ストレスを感じている人は、趣味をおこなったり、スポーツをしてストレスを解消してください。

さらに、土に触れることで自然治癒力が高まると言いましたが、ガーデンにングはストレスを解消する効果があるので、細菌に触れて、ストレスも解消できるのでおすすめです。

〇病院に行くことも大切!

風邪や病気は軽症であれば、自然治癒力で治すこともできますが、自分で治すことが難しい怪我や病気もあります。

重い病気や怪我を、自分だけで治そうとすると、治療に長時間かかったり、悪化したり、後遺症が残ることもあります。

健康のためには、自然治癒力を高めることも必要ですが、症状によっては病院に受診することも大切なのです。

また、自然治癒力が高めていれば、病気や怪我が早く治るので、病院での治療にも役立ってくれます。

体に良い細菌に触れて、しっかり運動して自然治癒力を高い状態で維持しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク