冷たい飲み物を飲みすぎると内臓が冷えて体に悪影響を及ぼす?!健康のためには冷たい飲み物の飲み過ぎは厳禁!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冷たい飲み物

喉が渇いたと時には、冷たい飲み物を一気に飲んでしまう人が多いではないでしょうか?

私も冷たい飲み物は好きなのですが、健康のことを考えると、冷たい飲み物を飲みすぎるのはおすすめできません。

冷たい飲み物は体を冷やす原因になりますので、飲みすぎには注意が必要だと言われています。

冷たい飲み物を飲むことによる、体への影響を紹介していこうと思います。

〇冷たい飲み物は内臓を冷やす原因

冷たい飲み物を飲むと、内臓を冷やす原因になると言われており、内臓に負担がかかってしまいます。

内臓は、37~38度が最も活発に働く温度といわれており、内臓の温度が低くなると内臓の活動が低下してしまいます。

冷たい飲み物を一気に飲むと、冷やされて内臓の温度が下がってしまうので、内臓の働きが悪くなることが考えられます。

内臓の機能が低下してしまうのは、体にとっては良いことではありません。

また、冷たい飲み物を飲むと、食道を通って胃に運ばれますので、冷たい飲み物は最も胃に負担をかけると言われています。

場合によっては、胃がきちんと働かずに、お腹を下してしまうこともありますので、冷たい飲み物には注意がした方が良いでしょう。

お腹を下して下痢になりたくないのです、お腹の調子が悪いという人は、温かい飲み物を飲んで、内臓の活発に働かせましょう。

さらに、日本人は、少し基礎体温が低いと言われており、内臓の温度が低くなっているといわれています。

内臓の機能が弱くなっている人が多いので、温かい飲み物で体の中から温める事をおすすめします。

常温の飲み物は、内臓に負担がかかりにくいので、日ごろから常温の飲み物を飲むようにすると健康に良いですよ。

〇冷たい飲み物は脂肪の燃焼を妨げる

冷たい飲み物をおすすめしない理由は、冷たくなることによって体温を低下させて、脂肪燃焼を妨げるためです。

脂肪を燃焼しやすくするためには、体温を高く保つ必要性があり、体温が高い人ほど基礎代謝が良く、脂肪が燃焼しやすいといわれています。

脂肪を燃焼させることを考えると、温かい飲み物を飲んで内臓の機能を維持する方が良いとされています。

また、冷たい飲み物を飲むと、内臓が冷えやすくなるため、内臓が冷えにくくするために、内臓が脂肪を蓄えると言われています。

冷たい飲み物は、内臓脂肪の原因にもなる可能性があるので、飲みすぎには注意してください。

夏の暑い日や運動後などの、体温が高くて暑いと感じる場合には、冷たい飲み物を飲むのが、良い場合もあります。

ただし、夏場に冷たい飲み物ばかり飲んでいると、基礎代謝が下がり夏バテの原因になるので注意してください。

冬場はより体温が下がり、燃焼効率が下がるので、夏場も冬場も飲みすぐには良くないことを理解しておきましょう。

〇体が冷えて冷え性の原因になる!?

冷たい飲み物は、体温を下げ、血流を悪くすると言われており、飲みすぎると冷え性を悪化させたり、冷え性の原因になったりする可能性があります。

良く指先が冷えてしまうという人は、冷たい飲み物ばかりを飲んでいませんか?

冷え性を改善するなら、冷たい飲み物よりも、温かい飲み物飲んで、血液を温めて、血流を改善することをおすすめします。

冷え性は筋肉量が少ない女性に多く発症しますが、男性も冷たい飲み物を飲み続けることによって、指先などが冷えるようになることもあります。

冷え性が気になる人は、冷たい飲み物は避けた方が健康に良いでしょう。

そのほかにも、肌荒れやニキビ、むくみの原因になると言われており、冷たい飲み物はあまりお勧めできません。

〇飲み物は常温がおすすめです

飲み物は常温の状態で飲むことがおすすめで、常温であれば体を冷やす心配がありませんし、わざわざ温める心配もありません。

自宅の飲料水は、冷蔵庫で保存するのではなく常温で保存しておいて、飲むことをおすすめします。

温かい飲み物を飲むのもいいですが、夏場などは気温が高い日には向かないですし、熱すぎると胃を負担をかける原因もなります。

健康のことが気になっている人は、常温の水やお茶を保管し、水分を補給することをおすすめします。

冷たい物を飲むことによる、健康への影響を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク