知っておきたい胃がんの初期症状!胃がんは発症率が高いので注意したいガンの一つです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胃がん

日本人の死因で最も多いのがガンであり、誰もが発症する可能性があると言われています。

中でも、胃がんは発症率が高いガンとして知られており、私やあなたが胃がんになる可能性もあります。

そこで、胃がんになってしまった時に早期に発見できるように、胃がんの初期症状を知っておきましょう。

初期に胃がんを発見することができれば、生存率が高くなります。

〇日本人は胃がんになりやすい!

日本人は胃がんを発症する可能性が高いと言われており、原因の一つにピロリ菌に感染している人が多いことがあげられます。

ピロリ菌は人の胃の中で生息することができる細菌で、ピロリ菌が胃の中で生息することで、胃潰瘍、胃炎、胃がんのなどの原因になると言われています。

ピロリ菌に感染していても、常に症状が出るわけではないので、胃炎や胃潰瘍、胃がんになってから初めて、ピロリ菌に感染に気がつくことが多いのです。

また、塩分が多い食生活や、喫煙、飲酒も胃がんの原因になると言われています。

特に、お酒が弱い人が、飲酒をすると胃がんになる可能性が高いので、お酒が弱い人は、お酒の飲みすぎに注意しましょう。

日本人は、胃がんになりやすい事を理解し、胃がんの初期症状を知り、早期発見しましょう。

ピロリ菌を除去することで、胃がんの発症が減らせますので、気になる人は消化器内科に検査をしましょう。

ピロリ菌は、年齢が高い人ほど持続感染している可能性が高いので、一度確認しておくことをおすすめします。

ピロリ菌を治療する場合、胃炎や胃潰瘍あれば保険適用となりますが、炎症がなれば自己負担となります。

自己負担になる可能性も高いですが、胃潰瘍や胃炎、胃がんになるよりは、早期にピロリ菌を発見して治療した方が良いと思います。

ピロリ菌を除去するだけで、胃がんの発生を大幅に減らすことができますよ。

〇知っておきたい胃がんの症状

胃がんを早期に発見するために、気を付けたい胃がんの症状を知っておきましょう。

まず、何日も胃の痛みや腹部の不快感がある場合は、胃の病気の可能性があります、一時的に胃の不快感はあるものですが、何日も続く場合には注意してください。

2週間経っても、胃の不快感が改善しない場合や、強い腹部の痛みある場合は、は病院へ受診してください、胃がんでなくても、胃炎や胃潰瘍の可能性があります。

また、胃がんを発症すると胃で出血し、吐血、黒色便、貧血などを起こすことがあります。

特に吐血と黒色便は、危険性が高い症状なので、発見したらすぐにお近くの消化器内科に受診してください。

貧血は他の病気の可能性もありますが、数日続くようであれば病院へ受診してください。

黒色便や吐血、腹部の痛みなどの症状と一緒に、貧血がある場合は消化器内科に受診しましょう。

そのほかの症状では、胃で食べ物がひっかかる感覚がある、胸やけ、胃の違和感による食欲不振などの症状が出ることもあります。

これらの症状が何日か続く場合も、胃がんなどの病気になっている可能性が高いので、病院に受診してください。

胃に違和感が何日も続いていませんか、もしかすると、なんらかの病気が隠されているかもしれません。

〇早期に発見できれば生存できる可能性が高い

ほとんどのガンに言えることですが、早期に発見することができれば、手術で完治する可能性が高く、生存できる可能性が高くなります。

ガンの初期症状が出ていても、軽い症状だと放置してしまい、病気が進行してから、ガンが発見されることが多いです。

風邪などの病気は、数日で治るものが多く、2週間以上続くものは、危険な病気かもしれないと疑った方良いでしょう。

軽い症状だけど、2週間以上続くので病院に行ってみたら、ガンだったという事もありますので、長く続く症状は軽くても、病院に行きましょう。

ガンでなかったとしても、危険な病気が隠されていることがあり、放置することによって重症化することもあります。

胃がんは早期に発見することが非常に大切であり、発症する可能性が非常に高いガンの一つです。

気になる症状がある人は、「大丈夫かな」とおもって放置せず、一度病院に行ってみてはどうでしょうか?

病院に行ってみて胃がんでなかった場合は良いですが、胃がんを放置してしまうと進行してしまうと死ぬ可能性がありますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク