爪にはとても大切な役目がある!爪で健康状態がわかる?!爪で健康管理。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

08501
最近では爪にマニキュアやデコレーションをしている人を多く見かけます。

爪は色を塗ったり、つやを出したり、デコレーションしたり、とても可愛くアレンジすることができます。

爪はオシャレをするために必要不可欠なものになってきたのではないでしょうか。

僕は男性なので爪のケアをしていませんが、爪に大切な役割がありますので大切にしましょう。

オシャレさんたちが加工する爪にはどんな役割があるのでしょうか?

もちろん爪はオシャレをするためにあるわけではありません。

あたり前ですね。オシャレのためにあると思っている人がいたら驚きです。

爪は指がある理由の一番は力をいれるためです。

爪は筋肉ではないため力とは全く関係ないと思うかもしれませんが爪は大変重要な役割があるのです。

人間の指には骨がありしっかり支えられているように見えますが、実際は指の先端部分まで骨が伸びておらず、皮膚だけの部分が多少あります。

つまり、指の先端は支えられておらず爪がなければ皮膚だけの状態です。

爪は骨のない皮膚だけの部分を外側から支えてくれているのです。

もし爪がなったら、指先は支えが存在しないため柔らかい皮膚だけの状態になってしまいます。

柔らかい皮膚だけの状態では力をいれてもブヨブヨしていて、力が伝わりにくくなります。

箸を持つのも大変になるでしょう。

また、爪は足にもありますね。

人間は走る時は地面を掴むように指先に力を入れると速く走れると言われているため爪がなくなると指先に力が伝わらず思うように走れなくなってしまうでしょう。

爪は力をいれるために必要なのです。

そして爪のもう一つの役割は指の保護です。

人間の手の指先は人間の体の中で特に神経が集中していて大切な部分です。

つまり、人間の指先は守られるべきものなのです。

指先の感覚はとても優れていて、指先が掠り傷におうだけですごく痛いです。

僕も指を切ったことがあります、親指の先を爪切りで切った時、とてつもなく痛かったことを覚えています。

縫いましたからね、今では良き?思い出です。皆さんも爪切りに気を付けてください。

私たちの体に必要な爪はどのような成分でできているのでしょうか?

爪の主成分は人間の体を構成しているタンパク質の一種である、ケラチンから構成されています。

ケラチンは毛や爪、皮膚などに含まれます。

ケラチンのうち、毛に含まるケラチンは硬ケラチン、皮膚に含まれるケラチンは軟ケラチン爪には軟ケラチンと硬ケラチンの両方が入っています。

爪や毛に含まれる硬ケラチンはタンパク質ですが、液体に溶けにくく、タンパク質分解酵素にも作用しにくいという頑丈な物質です。

爪には水分も含まれていて通常、爪の12%~16%が水分と言われています。

爪の水分はとても重要です。

爪は水分があるから、とても優れた柔軟性を持ち頑丈さがあるのです。

爪が乾燥すると柔軟性を失い、硬くなって脆く壊れやすくなります。

爪の水分量は時により、5%~24%まで変動すると言われています。

冬の時期は乾燥しやすく、爪の水分量が少なくなり、割れやすいので注意しましょう。

冬は特に爪のケアを怠らないようにすると良いでしょう。

爪には少しの脂分も含まれていますが、脂分はそれほど気にする必要なないでしょう。

爪はどのぐらいのスピードで伸びるでしょうか?

人間の爪は一日に約0.1mm伸びると言われています。

特に若人は伸びやすく、高齢になるほど伸びにくいと言われています。

また、時期によっても爪の伸びる速さは変化します。

夏と冬では、夏の方が爪の伸びる速さが速くなるといわれています。

僕は夏の方が冬より靴下が破けるなと思っていましたが、それは夏の方が爪の伸びる速さが速かったからなんですね。もしかしたら、気のせいかもしれませんが。

爪は夏の時に良く伸びますので注意しましょう。

右手と左手でも爪の伸びる速さは違うとされ、新陳代謝が良いとされる利き腕のほうの指の爪が良く伸びるとされています。

腕により爪の伸びる速さは気にするほど違いはありません。

何かの事情で爪を失った場合、爪はどのくらいの速さで治るのでしょか?

人間が手の爪を失った場合は正常な状態になるまでに3か月から6か月をかかるとされます。

手より足の方が爪の伸びる速さが2倍遅いと言われいるため足の爪は、まだ時間がかかります。

スポンサーリンク

爪で健康がわかる?

健康な爪は爪の表面はなめらか触り心地をしていて、色はピンク色をしています。

あなたの指は大丈夫ですか?

僕の指は大丈夫そうです。

爪の色は、健康に深くかかわっており、体調が悪かったりすると爪の下の血色が悪くなり、爪の色が変わることがありますが、爪の色がおかしい場合は病気が疑われます。

そして 爪が波打ったり横じまが出来たりすれば、病気が疑われます。

爪は体調の一つの指標になります。もし、爪の色や形がおかしい場合は健康状態に異常があるのではないかと疑って一度病院に行った方がいいと思いますよ。

爪は、指の保護と指先に力をいれるためにあり、さらに爪で健康状態がわかるって事です。これからは爪を大切にしようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク