「ステロイド薬は安全な薬?」「どういう効果があるの?」知らない事も多いステロイド剤を知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ステロイド 外用薬

薬局などで耳にすることも多い、「ステロイド」皆さんはステロイドが一体どんな薬か知っていますか?

ステロイドは、副作用が強くて危険な薬だというイメージを持っている人もいるかもしれませんね。

危険なイメージもある、ステロイド薬ですが、多くの病気で使用されており、治療の役に立っている薬でもあります。

ステロイド薬の正しい知識を見つけましょう。

〇ステロイド薬とは一体どんな薬?

ステロイドとは、人体のホルモンなどとしても利用されている化合物であり、男性のホルモンであるテストステロンや、腎臓の上にある副腎皮質ホルモンなども、ステロイドになります。

ステロイド薬は、人体に作用があるステロイドを生成し、内服薬や外用薬などとして利用する薬になります。

ステロイド薬の作用としては、炎症を抑える働きや、免疫機能を抑制し、免疫の過剰反応を抑える働きがあります。

炎症が起きている時服用したり、塗ったりすることによって、炎症を抑えて痛みなどを取り除くこともできます。
また、免疫機能を抑制する効果があるので、免疫の過剰反応によってアレルギーを抑える効果があります。

蜂などに刺された時に使用することで、過剰なアレルギー反応を抑制して、アネフィラキシーショックを抑える効果があります。

蜂に刺された時に、ステロイド外用薬を塗ると良いですが、全身症状がある場合は、すぐに病院に行くようにしてください。

ステロイド薬は、多くの治療使用することできる薬、正しく使用すれば危険な薬ではないとされています。

〇副作用についても知っておこう!

ステロイド薬には、危険な副作用があると言われることも多いので、ステロイド薬の副作用が気になる人も多いでしょう。

ステロイド薬を服用した場合には、不眠、食欲不振、下痢、嘔吐などの症状があることがあります。

外用薬として使用した場合には、毛が濃くなる、皮膚が委縮する、皮膚が白くなるなどの症状が出ることがあります。

ステロイド外用薬を使用すると皮膚が黒くなると言われることがありますが、これは炎症などによって皮膚が黒くなるのであってステロイド薬の副作用ではありません。

ステロイド薬の重大な副作用としては、免疫力低下により感染症にかかる、副腎不全、糖尿病、膵炎、胃潰瘍などが起こる場合もあります。

ただし、重篤な副作用は、稀に起こる物なので、ステロイド薬をしたら必ずおこるというわけではありません。

また、少し使用する程度では、副作用が全くない場合の方が多く、ステロイド薬では必ず副作用が起きるというわけではありません。

副作用は危険と言われることも多いのですが、症状によっては積極的に使用した方が良く、早く病気を治すことができます。

〇正しく使用すれば怖くない薬です

ステロイド薬には、重大な副作用が確認されているので、危険な薬であるという認識を持っている人も多いです。

しかし、重大な副作用は効果の強いステロイド薬を使用した場合や、長期間ステロイド薬をした場合に起こる物で、頻繁に起きているわけではありません。

ステロイド薬には、強さのランクが存在しており、正しく使用すれば、副作用はほとんど問題ありません。

強いステロイド薬を使用するのは、症状が強い時であり、軽い症状であれば、ステロイド薬を使用しないので、安心して使用できます。

ステロイド薬を使わないことで、病気が長引いてしまうこともありますので、ステロイド薬を使った方が、楽に治すことができる場合も多いです。

また、ステロイド薬をなるべく使わないようにするために、治りかけたらやめてしまう人もいます。

途中で止めると、何度も悪化して、その度にステロイド薬を使用することになるので、ステロイド薬を多く塗るようになることになります。

できるだけステロイド薬を使用しないと考える場合は、ステロイド薬をしようして最後までしっかり治すことが重要です。

ステロイド薬は危険であるというイメージを持っているかもしれませんが、そこまで危険な薬ではありません。

〇気になる症状がでたら病院へ

どんな薬でも副作用が全くない薬はありません、ステロイド薬も副作用が出てしまう場合があります。

ステロイド薬を使用して、気になる症状がある場合は、ステロイド薬の使用をやめて、病院か薬局に相談してみましょう。

また、ステロイド薬で気になることがある人は、薬局の薬剤師に気軽に質問してください。

ステロイド薬は正しく利用して、早く病気を治してしまいましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク