お腹が空くと長寿遺伝子が活性化して長生きすることができます!満腹まで食べないようにしましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カロリー長寿

皆さんは、ご飯をお腹いっぱいまで食べることが多いでしょうか、それとも少し我慢して、腹八分目に抑えることが多いですか?

満腹になるまでご飯を食べるのが好きだという人もいるかもしれませんが、健康のことを考えると、満腹になる前に食べるのを止めた方が良いでしょう。

腹八分目に抑えて、お腹が空いていた方が長寿になれると言われていますよ!

〇お腹が空くと長寿遺伝子が活性化する!

私たちの体に中には、老化をコトンロールしていると言われている長寿遺伝子が存在しています。

この長寿遺伝子は、誰でも持っているのですが、常に働いているわけではありません。

老化を抑制するためには、長寿遺伝子を活性化させる必要性があり、長寿遺伝子を活性化させるためには、カロリー制限が必要になります。

常に満腹まで食べる人は、長寿遺伝子が活動していないので、老化を抑制する効果がありません。

対して、腹八分目に抑えて、カロリーを制限すれば、長寿遺伝子が活動し始めて、長生きしやすくなると考えられます。

長生きしたいと考えている人は、食事の量を抑えて、食べすぎないようにすることが大切になります。

楽しく長生きしたいと考えている人は、まずは食事面を見直すようにしましょう、食事はもう少し食べられるなぐらいが、一番健康に良いのです。

最初の1、2週間は食事量が減少するので、辛いと感じるかもしれませんが、慣れてくれば、腹八分目で生活することもできます。

最近、お腹が出ていると感じる人は、長生きすることができますので、ご飯の量を少なめにしましょう!

〇長寿遺伝子が働ければガンを発症しにくい

年齢が高くなるほど、発症しやすくなる疾患にガンがありますが、長寿遺伝子を働かせて、老化を抑えることで、ガンの発症を抑えることができると言われています。

日本人は、2人に1人がガンを発症し、3人に1人がガンで死亡すると言われています。

ガンで死亡せずに長生きするためには、長寿遺伝子を活性化させて、老化を抑制するのがいでしょう。

また、腹八分目は、糖尿病や高血圧、動脈硬化、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の発生を抑制する効果があります。

カロリー制限は、生活習慣病を抑えて、長寿遺伝子を働かせることができますので、長生きするのに役立ちます。

カロリーを制限することによって、病気を予防することも可能なのです!

〇長寿遺伝子を働かせるためには運動も良い

長寿遺伝子を働かせるためには、カロリーを制限して空腹状態にするのが良いのですが、運動してカロリーを消費しても長寿遺伝子が働くと言われています。

皆さんは日々、少しでも運動をしているでしょうか、全く運動をしていないという人もいるでしょう。

運動しないとカロリーが消費されないので、長寿遺伝子が働きにくくなります、長生きしたいと人は運動をしましょう。

長生きする人は、カロリー消費量が少なく、散歩などをして、日常的に運動している人が多いです。

運動をしなくなると、筋力を衰えて寝たきりになる可能性が高く、長生きするのが難しくなる場合も多いです。

運動は、老後の筋力を維持するためにも大切な事なので、今から運動を始めるようにしましょう!

さらに、運動は筋肉だけでなく、骨に刺激を与えて、骨粗鬆症を予防する効果を期待することもできます。

高齢者が骨粗鬆症を発症すると、骨折して運動できなくなるので、筋力が保てず、車いす生活や寝たきり生活になることも多いです。

運動やカロリー制限は、長寿遺伝子を活性化させるために必要な事ではありますが、長生きするための健康を維持するためにも重要なのです。

運動とカロリー制限をし、長寿遺伝子を活性化させて、長生きすることができる体を維持していませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク