タバコを吸っていると死にやすくなるの?タバコと致死率の関係性について知っておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

85401

日本の成人男性の約30%がタバコを吸っていると言われており、タバコを吸っている人は多くいます。

また、タバコは健康に悪影響を与えることが知られており、タバコを吸うことによってガンや循環器系疾患になると言われています。

そこで、タバコを吸っていると一体、どのぐらい死にやすくなるのでしょうか?

タバコを吸っている人は、タバコと致死率の関係性について知っておくと良いかもしれません!

〇タバコに含まれるタールが健康に悪い

タバコを吸っている人は知っているかもしれませんが、タバコが健康に悪いと言われるのは、タバコに含まれているタールが人体に影響を与えるためです。

タールとは、茶色の粘着性の物質の固まりで「ヤニ」とも言われ、数種類の発がん性物質が多く含まれています。

このタールは、肺がん、咽頭がん、食道がん、肝臓がんなどの多くのガンの原因になると言われており、非常に危険性の高い物質です。

また、タバコは循環器に悪影響を与えることが知られており、高血圧や動脈硬化、心臓病などを発症する確率が高まるとされています。

さらに、タバコを吸い続けることで、肺機能が低下するCOPDを発症することがあり、タバコを吸い続ければ寿命が低下します。

ただ、健康被害があることをわかっていても、ニコチンに依存性があるので、止めにくいという問題点もあります。

近年では、タールの発生が少ない、電子タバコが販売されており、タバコよりは健康被害が少ないと言われています。

しかし、電子タバコにも微量のタールが含まれていることもありますので、ガンや循環器疾患になる可能性があります。

最も健康に良いのは禁煙ですが、禁煙が難しいという人は、電子タバコに変えるのも良いでしょう。

禁煙したいけど、自分だけで禁煙するのは難しいという場合は、病院に受診して禁煙を始めるのも有効です。

病院に受診することによって、禁煙することができた人が多くいます。

〇喫煙者は非喫煙者の約1.6倍も死にやすい!

タバコを健康に悪いと言われていますが、どれほど健康に悪いかよくわかっていない人もいるでしょう。

40~59歳の男性喫煙者が10年後に死亡する確率は、非喫煙者と比べて、約1.6倍も高いと言われています。

また、男性よりも女性の方が影響があり、女性喫煙者は非喫煙者の約1.9倍も死亡する可能性が高くなると言われています。

1.6倍程度なら気にならないという人もいるかもしれませんが、40代と50代のデータなので、60代や70代になるとさらに死亡率が上昇すると考えられます。

また、死ななくても、肺機能が低下するので、日常生活で疲れや息切れなどを起こしやすくなるなどの問題あります。

タバコは、早死にの原因になると言われています、早死には、したくないという人は、禁煙を始めることをおすすめします。

タバコの喫煙本数が多くなるほど、人体に与える影響は大きくなりますので、喫煙本数が多い人はより禁煙をおすすめします。

また、禁煙できないので、タール量を減らすために、1mgのタバコに変える人もいますが、吸う本数が増えれば、健康被害が大きくなる場合もあります。

〇禁煙を始めれば致死率は下がる

喫煙者は非喫煙者よりも早く死ぬ傾向にありますが、禁煙を始めることができれば、タバコを吸わない人と近い死亡率になると言われています。

喫煙することによって発症率が高まるといわれている、心筋梗塞は禁煙を始めることによって、すぐにリスクが減少し始めると言われています。

肺がんのリスクが下がるまでには、20年ほどかかると言われていますので、肺がんにならないようにするためには、今すぐにでも禁煙を始めると良いでしょう。

また、人は老化によっても、肺機能が低下しますので、タバコを吸うことでより肺機能が低下して、日常生活を送るのが難しくなることもあります。

タバコを止めれば、すぐにタバコによる肺機能の低下が抑制されるので、早めに禁煙を始めた方がお得です。

一度、肺機能が低下して、日常生活に異常が出てくれば、肺機能を改善するのは難しく、肺機能の低下によって死亡する事もあります。

タバコと十年後の致死率には、大きな関係があります、早死にしないためにも、禁煙をして死亡リスクを減少させましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク