二日酔いとはどのような状態なの? 二日酔いになってしまった時の対処方法と予防方法を知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二日酔い 対処

夜にお酒を飲んで朝起きると、だるさや吐き気があり、二日酔いになってしまった経験がある人は多いのではないでしょうか?

二日酔いは、自分のアルコール代謝能力を超えてアルコールを摂取することによって、アセトアルデヒドが体内に残ったために起こる体調不良です。

二日酔いは、命にかかわるような症状ではありませんが、辛い症状が出ることになります!

〇二日酔いによって起きる症状

二日酔いの原因となるのは、アルコールを代謝することによって発生する、アセトアルデヒドであり、アルコールが直接作用しているわけではありません。

アセトアルデヒドは、非常に毒性が強い物質であり、アセトアルデヒドの毒性によって二日酔いの症状が発生することになります。

そのため、二日酔いではアルコールを摂取した時にように、楽しい気分になることはなく、アセトアルデヒドが分解されるまで辛い症状が続きます。

二日酔いになった時には、頭痛、嘔吐、吐き気、だるい、喉の渇きなどの症状が出ることが多いようです。

喉の渇きが起きる原因は、アルコールの利尿作用によって、脱水症状が起きるためと考えられています。

お酒を飲んだ後は、脱水症状を起こしやすいので、水分補給を忘れないようにしましょう!

さらに、二日酔いによって、ふらつきや、呂律が回らないなどのお酒に酔ったような症状が出ることがあります。

二日酔いにならないためにも、アルコールの摂取量は考えておいた方が良いでしょう。

〇二日酔いになりやすさは体質によって変わる!

二日酔いは誰に起きてもおかしくない症状ではありますが、お酒に弱い人ほど二日酔いになりやすいと言われています。

日本人の半分が、アセトアルデヒドを分解する力が弱いといわれており、日本人は二日酔いを起こしやすいと言われています。

お酒を飲んですぐに顔が赤くなる人は、アセトアルデヒドが分解する力が弱いので、気を付けましょう。

ただし、お酒が強い人は、人よりも大量にお酒を飲んでしまうので、アセトアルデヒドが大量に作られて二日酔いになることが良くあります。

二日酔いにならないためには、自分のお酒の許容量を考えて飲むことが大切になります。

〇お酒を飲んだ後はスポーツドリンクを飲め!

二日酔いの原因は、アセトアルデヒドであり、二日酔いを発生させないためには、アセトアルデヒドを早く分解する必要性があります。

アセトアルデヒドを早く分解するためには、糖分が必要であるため、お酒を飲んだ後は糖分を摂取した方が良いです。

また、アルコールには利尿作用があり、脱水症状を起こしてしまうので、水分が必要なので、水分と糖分を一緒に摂ることができるスポーツドリンクを摂取すると良いと言われています。

さらに、アセトアルデヒドは、睡眠時により分解されやすいので、お酒を飲んだ後は、できるだけ早く寝た方が二日酔いを起こしにくいとされています。

お酒を飲んでいる最中にスポーツドリンクを飲むと、酔いやすくなると言われることがありますが、ほとんど関係ないと言われています。

お酒を飲んだ後に、スポーツドリンクを飲むと、アルコールが抜けやすくなります。

枕元には、スポーツドリンクをおくと、トイレの時に水分補給ができるのでお勧めです。

〇二日酔いでも飲酒運転で捕まる

二日酔いの原因は、アルコールを分解したことによって発生するアセトアルデヒドが原因ですが、二日酔いでも車を運転してはいけません。

二日酔いの状態では、血中にアルコールが残っている場合も多く、判断力も鈍るので、警察に見つかれば捕まる可能性が十分にあります。

また、血中のアルコールが抜けていても、二日酔いで運転している場合は、酒酔い運転で逮捕される可能性あります。

酒酔い運転は、血中のアルコール濃度に関係ないため、お酒に酔っており、正常に運転できる状態でないと判断された場合に逮捕されます。

二日酔いも、アルコール摂取したことによって、頭痛や、吐き気、だるさ、ふらつきなどの症状がでるため、酒酔い運転に該当してしまいます。

昨日の夜に飲んだから大丈夫だと思っていても、逮捕されることがありますが、二日酔いの時には車を運転しないでください。

二日酔いで運転する事故する可能性も高くなりますし、歩行者を怪我させてしまう可能性もあります。

明日、運転する予定がある人は、二日酔いにならないように自制してください、1日ではお酒が抜けきらないことは多いです。

体質や体調によっても、お酒を抜けないことがありますので、お酒を飲む場合は明日の予定を把握しておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク