原因不明の体調不良は総合診療科に受診すれば良い!総合診療科は検査も少ない?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総合診療科目胃が痛ければ消化器科、骨折すれば整形外科、風邪を引いたら内科に受診すると思いますが、どこに受診していいかわからない病気ってありますよね。

病気の知識が詳しい人なら、症状に合わせて診療科を判断して、受診することができますが、一般の人には難しい場合もあります。

私も、いろんな病気を知っていますが、病気の症状では受診する病院を悩むことがあります。

そんな、病気の原因が分からずにどこに受診して良いかわからないという人は、総合診療科に受診しませんか?

○幅広く対応することが可能な総合診療科

なんとなく体調が悪い、自分の症状を対処してくれる診療科がわからないということがあると思います。

一般的になんからの症状があれば、かかりつけ医に受診して、治療してもらうことになりますが、原因が分からない症状では、治療ができないこともあります。

また、原因が分からなければ、紹介状をもらって、他の病院に受診することになるでしょう。

原因がわからずにいろんな病院に行くことや、どの病院に受診して良いか分からず放置するよりも、総合診療科に受診する方が良いでしょう。

総合診療科は、総合的に病気をもってくれる診療科であり、内科、外科、精神科、小児科に関係なく病気を見ることができます。

どんな病気であっても、見てくれますので、どこに受診すれば良いかわからない時には、総合診療科に受診しておけば間違いではありません。

総合診療科に受診すれば、病気の原因を的確に診断して、患者にあった治療を行うことが可能です。

また、患者の病気に合わせて、専門医がいる病院を紹介してくれますので、安心して受診することができます。

病気の原因がわからなくて、困っているという人には、総合診療科の受診をおすすめします。

○症状と病気になる部位が違うことがある!

病気の中には症状が出ている部位と、病気になっている部位に違うが出ることが多くあります。

たとえば、左手が痛いので、病院に受診すると左手が原因ではなく、心臓の病気(狭心症)が原因で左手が痛くなっていたということもあります。

症状と原因部位が違う場合では、専門外の病気を診察することになり、病気を発見が遅れることも多いです。

しかし、総合診療科の場合は、総合的に病気をみる診療科目なので、専門外という物が無く、どんな病気でも見ることができます。

症状が出ている部位と、原因となる部位が違っていても、病気に対応することができため、誤診を防ぐことにもつながります。

病院にいっているけど、原因がわからない病気があるという人は、総合診療科に受診すると良いでしょう。

症状では、判断が難しい病気があることを覚えておくと良いでしょう。

○検査が少なくて済みます

病院に受診して、病気の原因がわからないとなった場合には、より詳しく検査をする必要性が出てきます。

しかし、病気と診療科目があっていなければ、検査をしても、病気の原因を突き止めることができないことも多いです。

また、他の病院に受信しても、同じような検査を行うことになることもなり、原因を突き止められないと、検査が増えてしまうことになります。

総合診療科は、いろいろな病気を診断することができるので、少ない検査で病気の原因を見つけることができることもあります。

さらに、他の病院では検査した病気も、通常の診断だけで病気の原因を把握することが出来る場合もあります。

総合診療科は、いろいろな病気が診察できますので、早期に病気の原因がわかり、治療がスムーズになります。

検査回数が多いと、患者の負担が大きくないますので、総合診療科は患者の財布にも優しい診療科と言えるでしょう。

病気になてしまった時には、有効に総合診療科を利用するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク