新型ウイルスはこれからも発生し続ける!?危険な新型ウイルスはどのように誕生しているの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型ウイルス 発生

先日、気が付くと喉が痛く風邪を引いたのですが、弱いウイルスだったのか、数日で簡単になってしまいした。

風邪のように、数日で自然に治るウイルスもいますが、世界には、感染すれば死ぬ可能性もある危険なウイルスが存在しています。

また、日本にも感染すれば、死ぬ危険性があるウイルスは存在していますが、予防接種などで感染を防ぐことができている場合が多いです。

しかし、新型インフルエンザウイルス、エボラウイルス、MERSコロナウイルスなどの様に、新しく発見されたウイルスは、ワクチンや薬がないので対抗することができません。

新型ウイルスは、一体どのように誕生するのでしょうか?

〇新型ウイルスは感染しやすく重症化しやすい

新型ウイルスが危険なのは、誰も感染したことがないので、誰も免疫を持っていない所にあります。

すでに流行したことがあるウイルスの場合であれば、免疫を持っている人が、周りの人に感染させないため、流行を抑えることができます。

さらに、免疫力が下がってきても、少しの免疫力をもっていれば、感染しても軽症で済むことも多くなり、重症化しにくくなります。

対して、新型ウイルスは誰もが免疫を持っていないので、人から人へと爆発的に感染して、流行する危険性があります。

また、ウイルスに対する免疫を持っていないので、ウイルスに免疫が働かず重症化してしまう危険性があり、場合によって死者が出ることもあります。

すでに流行したことがあるウイルスに近い、新型ウイルスであれば、少し免疫が働いて軽症で済む場合もあります。

新型ウイルスと同程度の感染力をもったウイルスでも、免疫力を持っている人がいない新型ウイルスの方が感染しやすく、重症化する場合もあることを覚えておきましょう。

〇新型ウイルスにはワクチンも薬も存在しない

新型ウイルス以外にも、危険なウイルスは存在していますが、すでに流行したことがあるウイルスは、薬が開発されている場合も多く、病院で治療することができます。

また、危険なウイルスであれば、ワクチンが開発されることも多く、ウイルスに侵入される前に免疫力を獲得できる場合もあります。

もちろん、重症化することもありますので、絶対に安全であるというわけではありません。

新型ウイルスの場合は、治療法が確立されていないので、ウイルスに効果がある薬を処方することができません。

新型ウイルスでは、対症療法しかできず、熱が出た時に解熱剤、吐き気がする時に吐き気止め出すなど、現れた症状に対して薬を投与するしかありません。

病気の根本的な治療にはなりませんので、病気が悪化して重症化して死亡する可能性も高くなります。

ウイルスは感染力や、症状によって危険性が変わりますが、新型ウイルスは治療法ないので、通常のウイルスより危険といえるでしょう。

普通のウイルス感染症も怖いですが、新型ウイルスが誕生した時は非常に恐怖感を感じますね。

〇新型ウイルスはどこから発生するの?

新型ウイルスは突然変異によって誕生しており、人以外の動物に感染していたウイルスが、人に感染できる変異した場合や、人から人へと感染するうちにウイルスが変異する場合があります。

人から人へ感染し、徐々にウイルスが変異していった場合には、元のウイルスの免疫があるので、発症しても軽症で済む場合もあります。

ちなみに、ウイルスが少しずつ変異を起こすことは良くある事であり、インフルエンザは少しずつ変異しています。

また、動物から人に感染するようになったウイルスは、今まで感染したことがないウイルスになりますので、人には免疫がなく急激に流行することが多いです。

致死率が高いウイルスが、人に感染するようになった場合には、非常に危険性が高く、多くの死者が出ることもあります。

MERSコロナウイルスは、コウモリから人に感染するようになったと言われています。

技術の発達より、いろいろな場所に行けるようになったことが、ウイルスと出会うことも多くなって新型ウイルスに発生させる原因にもなっていると言われます。

これからも、新型ウイルスが発生し続けると考えられており、新型ウイルスが流行してしまう可能性も十分にあります。

新型ウイルスは恐ろしいですが、新型ウイルスの発生を完全に防ぐことは難しいことです。

新型ウイルスは非常に危険なので、流行している場所には出かけず、感染しないように注意してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク