犬に顔を舐められるのは危険だった!ペットの口内には人間に感染する細菌が生息していることもあります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬に舐められる

犬と遊んでいると顔を舐めてくることってありますよね、私も顔を舐められたことがあり、可愛いので許してしまうことも多いと思います。

しかし、犬の唾液の中には、人に感染する可能性がある細菌が生息していることもあるので、顔を舐められるのはあまり良くありません。

犬の唾液によって感染する可能性がある病気に理解して、顔を舐められ過ぎないように注意しましょう。

〇犬はどうして顔を舐めてくるの?

犬が顔を舐めてくるのは、服従していることを示しており、犬が人を上に見ている場合には、犬は口元を舐めてきます。

また、人に甘えている時にも、顔を舐めますので、顔を舐めるのは悪い意味では全くありません。

しかし、犬の口内には、細菌が住んでいますので、犬に顔を舐められるのはあまり良いことは言えません。

自分が飼っている犬が顔を舐めてくる場合には、感染予防にために、舐めてくるたびにお座りをさせるなどして顔を舐めない状況を作ることが大切です。

犬は尻や、自分の尿を舐めることもありますので、犬の口内は清潔とは言えず、人に病気をうつす可能性は十分にあります。

しつけずに顔を舐めさせ続けることで、誰の顔でも舐めるようになり、近所の人や子どもに病気をうつしてしまうこともあります。

犬は本能で口元を舐めるのですが、感染症の危険性があるので、人の顔を舐めないように、しつけするようにしましょう!

〇ほとんどの犬は病原体を持っている

室内飼育されている犬は、清潔で病気を持っていないと思っている人も多くいるのではないでしょう。

しかし、犬の口内には、室内飼育であっても病原性が繁殖している可能性が高く、飼い犬に顔を舐められて病気になったという例は多いのです。

実際、犬の75%人間に感染する可能性があるパスツレラ菌を保菌していると言われています。

パスツレラ菌は、パスツレラ症の原因菌で免疫力が低下している時に発症する可能性があります。

健康の人であれば、なめられても感染しないことも多いのですが、高齢者や子どもは、免疫力が低いので感染する可能性が高く気を付けないといけない病気になります。

パスツレラ症を発症した場合には、肺炎や髄膜炎などを起こすこと危険性もあります。

犬は非常に可愛い動物なのですが、ほとんどの犬が人に感染する可能性がある細菌を保菌していることを理解してください。

犬から舐めてこられる場合は、防げないこともありますが、自分から犬にキスをするのは止めておきましょう。

さらに、犬に舐められた場合には、早めに顔を洗うことをおすすめします。

また、犬は口内以外の場所にも細菌が付いていますので、口内以外の場所もキスなどはせず、触った場合には食事前には、手を洗うようにしましょう。

可愛い犬と一緒にすごしていくためにも、感染症にかからない対策が必要になるのです。

〇犬に顔を舐められて死ぬこともある

犬に舐められることで病気に感染することがありますが、犬に顔を舐められることによって死亡する人ことがあります。

特に口内炎がある場合や、顔に傷がある場合には注意が必要であり、傷口を舐められることによって細菌が侵入して死亡することがあります。

犬に顔を舐められて死ぬ例は、非常に少ないかもしれませんが、0ではありませんので、感染しないように注意してください。

また、犬は飼い主が怪我している部位を舐めてくることがありますが、傷口から細菌が侵入して、死ぬことがあります。

傷口を舐められるのは、口を舐められるよりも危険な行為なので、怪我をした時に、犬に舐められないように注意してください。

もし、傷口を犬舐められた場合には、水でしっかり洗い、体長不良が出たらすぐに病院に行くようにしてください。

ちなみに、犬が傷口を舐めるのは、汚れた傷口をキレイにして化膿を防ぎ早く治す本能になりますが、舐められると化膿したり、感染症を起こしたりする可能があります。

怪我をした時には、舐めにくる可能性が高いので、犬に舐められないように十分に注意してください

犬と一緒に楽しくすごすためにも、感染症には十分に注意してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク