タバコと老化現象の関係性を知っておこう!タバコを吸っていると周りよりも早く歳をとる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タバコ と 老化

タバコを吸っている人にとって、タバコを止めるのは難しいことですが、タバコを吸い続けるとで、老化しやすくなると言われています。

歳をとってくると、誰でも顔にシワやシミができるのですが、タバコを吸っていると周りよりも、早くシワやシミができるようになります。

実年齢よりも、老け顔に見えられるのは嫌ですよね、タバコを吸っている人は、タバコを止めた方が良いかもしれません。

私は、実年よりも上にみられたくないので、タバコを吸わないようにしています!

〇タバコで発生するスモーカーズフェイス

タバコを吸っていると周りよりも早く老化し顔が老けて見え、タバコによって老け顔に見えることをスモーカーズファイスと言います。

20代では、大きな変化は見られませんが、30代や40代になると顔の老化が顕著になり、周りよりも、10歳ほど老けて見られることもあります。

スモーカーズフェイスは、喫煙歴が長くなるほど、強く顔に現れます。

また、シワやシミが増えるのは、顔だけでなく手や首などの皮膚にもシワやシミが増えることになり、高齢者の腕の様になることもあります。

さらに、外面だけが老化しているわけではなく、内側も老化しているので、外見が10年歳をとって見えるなら、内臓機能も10年歳をとっていると考えて良いでしょう。

外見よりも内蔵の方が、年をとっていると考えても良いかもしれません。

スモーカーズフェイスは、喫煙歴が長くなるほど、症状が強くでますので、早めに喫煙をやめておいた方がお得です。

喫煙は長くなるほど、止めにくくなりますので、今から喫煙を始めることをおすすめします。

人よりも早く老人になりたくない人は、喫煙をやめることをおすすめします。

〇老化してしまえば戻すことは難しい

タバコによって老化を進むことが知られていますが、喫煙して老化してしまった肌や内臓機能は、禁煙しても元に戻すことは難しいとされています。

しかし、タバコを止めることで老化の速度が通常に戻るので、早めに禁煙することができれば、老化を最小限に抑えることが可能です。

また、生活習慣を改善して、老化を抑制することによって、肌年齢や内臓機能を実年齢に近づけることもできます。

タバコは、発がん性物質が含まれているので、ガンの原因になることもあります。

喫煙が原因で、肺がんや咽頭がん、胃がんなどの発症して死亡した多くおり、ガンを予防するためにも禁煙が大切になります。

自分で禁煙することが出来そうにないと感じる人は、市販薬を購入したり、病院に受診したりして、喫煙をはじめてみませんか?

いつか禁煙するのではなく、今すぐ禁煙を始めることが、老化を抑制して健康を維持するためには大切なのです!

〇肺の老化が深刻です

タバコで最も老化してしまうのは、皮膚ではなく、タバコの煙を吸っている肺になります。

タバコを吸っていると、肺にタールと言われる発がん性物質が蓄積されて、肺の機能が低下することが知られています。

20歳からタバコを吸い続けていると、肺の機能が低下して呼吸困難による60歳や70歳で死亡する可能性もあります。

50歳や60歳で肺機能の低下に気付いて禁煙をはじめても、老化によって肺機能が低下するので、呼吸困難を防ぐのは難しいです。

また、肺機能や喫煙量には個人差がありますので、一概に70歳呼吸困難になって死亡するとは言い切れず、早い段階で呼吸困難になってしまうこともあります。

今は、問題ないかもしれませんが、呼吸困難はすぐ近くまで来ている可能性は十分にあります。

階段の上り下りが息苦しい、息切れすることが多くなったという経験はありませんか、タバコによって肺機能が低下している可能性があります。

私たちは加齢とともに、確実に老化が進んでいるので、今から禁煙を始めてもさらに肺機能が低下します。

禁煙を始めない場合は、加齢による老化とタバコによる老化で死んでしまう可能性があります。

日常生活に,ほとんど影響が出ていない時に、タバコを止めることが大切だと言われています。

タバコは老化を早めてしまう原因です、鏡を見ていると歳をとったな~と感じることはありませんか?

禁煙は今から始めて遅くありません、今から始めることが、老化を抑制して長生きするためには大切なのです。

長生きしたいと考えている人は、禁煙をはじめてみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク