平熱が高い方が健康的な生活を送ることができる!?体温が高いことによるメリットを知っていますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体温

私の平熱は36.9度と普通の人のよりも少し高めであるため、ちょっとしたことで37度を超えてしまうことがあります。

37度を超えると「熱があるじゃないの?」と言われてしまいますが、もちろん、体調が悪いわけではなく、健康状態には問題ありません。

皆さんも、人よりも平熱が高めという人はいるのではないでしょうか?

体温が高いことによるメリットを知りましょう。

〇体温が高いと冷え性を予防できる

良く指先などが冷えて困るという人がいますが、体温が高いと温かい血液を体中に送ることができるので、冷え性を予防することができます。

また、体温が高い人は血流が良い場合も多く、血行不良による冷え性を予防する効果もあるとされています。

指先や足先が冷えるという人は、もしかすると体温が低くなっているかもしれません。

体温が低くなると、血液が冷たくなり体を温められませんし、血流も悪くなるので冷え性を発症しやすくなります。

さらに、冷え性は寝つきが悪くなる原因の一つでもあり、体温が低い人は睡眠不足になる可能性が高まるのです。

体温と睡眠は全く関係ないように見えるかもしれませんが、良い睡眠のためには体温を維持することが意外と大切なのです。

平熱が37度近いと心配な人もいるかもしれませんが、体温が高いことは健康を維持するためには重要な事です。

体温が低い人は、運動して筋肉をつけることによって、体温が高くなると言われています。

日常的にまったく運動をしない人は、体温が低くなる傾向にありますので、運動を行うようにしましょう。

〇体温が低いほど肩こりになりやすい

体が冷えている時と、体が温かい時では、体を温まっている時の方が筋肉の動きが良いことが知られています。

体が冷えてくると、筋肉の動きが悪くなりますが、筋肉の動きが悪いことが肩こりの原因になります。

平熱が高い人は、筋肉の動きが良く柔らかいので、肩こりに悩まされるリスクを減少することができます。

また、血流が良いので肩こりを予防する効果があり、高いが高い人は肩こりを発症しにくくなります。

体温が高いのが理由かわかりませんが、私も肩こりに悩まされたことがありません。

肩こりをマッサージで治そうとする人も多いですが、マッサージで治すよりも、体温を高めた方がより効果が期待できるかもしれません。

体温を高めたい人は、ぬるめのお湯(40度ぐらい)に長時間つかることで、体の芯まで温めると血流が改善して、体温が高くなると言われます。

また、半身浴をしってじっくり体を暖めることも、体温を高くするのに有効です。

面倒なので、シャワーで終わらせてしまう人もいるかもしれませんが、健康のために体をしっかり温めるようにしましょう。

〇体温が高いと免疫細胞が活発に動く

風邪を引くと体温が高くなりますが、ウイルスや細菌が体温を上げているのではなく、免疫力を高めるために、自分で体温を高くしています。

つまり、人は体温が高い状態で免疫細胞が活発に動くので、平熱が高い人は、常に免疫細胞が活発に動いている状態になります。

また、風邪を引くとさらに体温が高くなるので、体温が高い人はウイルスや細菌に対しての抵抗力があるのです。

風邪を引いて高熱な人ほど重症だと思うこともありますが、体温が高い人ほど、意外と元気な場合があります。

私が家族でインフルエンザになった時、私が一番高熱を出していましたが、一番元気で症状も軽かったです。

もちろん、重症になるほど、高熱になることもありますので、風邪を引いて熱が高いほど安全というわけではありません。

ただ、熱が高いのは健康を維持するためには、有効であり、常に体温が高い人は心配する必要はありません。

逆に体温が高いことによるメリットは多いので、喜んだ方が良いくらいです。

冷たい飲み物を飲むと、体の中から冷たくなるので、体温を上げるためには温かい飲み物を飲むと良いでしょう。

個人的には、朝に白湯(温めた水)を飲むことをおすすめします。

〇脂肪燃焼効果があります

体温が高いということは、それだけカロリーを消費しているということであり、体温が高い人は、痩せていることが多いです。

体温が低くなると、脂肪の燃焼効率が低くなるため、痩せにくい体になってしまいます。
高い体温は体型を維持するためにも、有効なのです。

やはり、体温を高くするためには、筋肉が重要なので、散歩や筋トレなどを行い、筋肉をつけることが重要です。

女性に冷え性が多いのは、筋肉量が少ないためとも言われています、散歩でもいいので運動をするようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク