ゴキブリの死骸や糞によって発生するゴキブリアレルギー!慢性的な鼻水やくしゃみはゴキブリが原因かも?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴキブリ アレルギー

隙間に潜み素早く動く黒い虫「ゴキブリ」を見ると一日が嫌な気分になりますよね。

ゴキブリが嫌いという人は多いと思うのですが、見た目が気持ち悪いだけではなく、ゴキブリがアレルギーの原因になると言われています。

原因はわからないけど、年中、鼻水やくしゃみがでるのは、室内に潜んでいるゴキブリにアレルギー症状が出ているからかもしれません。

ゴキブリが原因となる、ゴキブリアレルギーについて知りましょう。

〇ゴキブリアレルギーの原因は死骸と糞!

ゴキブリアレルギーは、体内にゴキブリのアレルギー物質が侵入することによって発症しますが、ゴキブリが周りにいるだけでは大きな影響はありません。

ゴキブリアレルギーの最も大きな原因は、ゴキブリの死骸や糞になります。

ゴキブリの死骸や糞は、時間が経つと乾燥して細かくなり、空気中に舞い上がり呼吸と共に吸い込んでしまうことがあります。

ゴキブリアレルギーが無ければ、吸い込んでも全く問題はおきませんが、アレルギーがあれば、鼻水やくしゃみ、咳と言った症状が出ることになります。

ゴキブリは室内に生息しているので、外出するとアレルギー症状が治まり、帰宅するとアレルギー物質を吸い込むので、アレルギー症状が強くなります。

帰宅するとなぜか、鼻水やくしゃみが出てしまう人はいませんか、ゴキブリが原因になっている可能性があります。

〇アレルギー体質の人はゴキブリアレルギーに注意

喘息やアレルギー性鼻炎、アトピーなどのアレルギー体質の人も多くいると思いますが、アレルギー体質の人は、ゴキブリアレルギーになりやすいと言われています。

気管支喘息を患っている子どもの、10%~30%が、ゴキブリにアレルギーを持っているといわれており、喘息とゴキブリは関係が深いといえます。

また、ゴキブリの死骸や糞が飛散し、吸い込むことによって、喘息発作がでてしまうこともあります。

そのほか、食物アレルギーを持っている人もゴキブリアレルギーになる場合があり、特にエビやカニなどの甲殻類が危険とされます。

しかし、喘息やアレルギー性皮膚炎などの症状があるからと言って、必ずゴキブリアレルギーになるわけではありません。

すでにアレルギーを持っている人は、ゴキブリを吸い込まないように、部屋を綺麗にしましょう。

アレルギー体質がある人は、他のアレルギーが出やすいことを覚えておくと良いでしょう。

〇ゴキブリアレルギーが気になる人は血液検査ができます

原因がわからない、鼻水やくしゃみ、咳などの症状があり、ゴキブリアレルギーかなと思う場合は、血液検査で調べることができます。

たまたま、アレルギー検査をしてみたら、他のアレルギーを抑えてゴキブリに一番反応していて驚いたという人もいるようです。

もしかすると、あたもゴキブリアレルギーかもしれません、アレルギーの原因がわかることによって、予防しやすくなります。

アレルギー検査をしたい場合は、アレルギー科を受診することが多いですが、鼻に症状がある場合は耳鼻科、子ども場合は小児科に受診するのも良いでしょう。

アレルギー検査は、外注検査になることが多くため、どこの病院に受診しても、検査できることができるでしょう。

症状に合わせた診療科に受診することで、アレルギー以外の原因を探ることも可能になります。

ゴキブリアレルギーは増えているとされていますので、気になる症状がある人は、アレルギー検査をすると良いでしょう。

アレルギー検査をすれば、ゴキブリアレルギー以外のアレルギーが見つかることもあります。

〇こまめな掃除でゴキブリの飛散を防ぎましょう

ゴキブリアレルギーを予防するためにゴキブリの死骸や糞を飛散させないことが大切であり、掃除が有効になります。

こまめに掃除することによって、ゴキブリの糞やゴキブリの餌を減らすことができるので、アレルギー物質を減少させることができます。

家が汚いほど、ゴキブリが多くなるので、まずは部屋を綺麗にする所から始めるようにしましょう。

また、ゴキブリを室内に侵入させないためには、ハーブが有効であるとされており、ハーブを育てておくとゴキブリが住み着きにくくなります。

ハーブを枯らせてしまいそうと考える人は、ハッカに臭いのスプレーを撒いておけばゴキブリの侵入を防ぐことができます。

ハッカやハーブは消臭効果もありますが、ハッカは使用しすぎると臭くなるので注意しましょう。

さらに、家中のゴキブリを退治したい場合は、煙が出るタイプの殺虫剤(バルサンなど)を使用すると思いますが、卵を駆除するのは難しいと言われています。

そのため、1月後にもう一度使用し、卵から孵化したゴキブリを退治することをおすすめします。

ゴキブリは誰の家にいてもおかしくありません、綺麗に掃除をしてゴキブリの発生を抑えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク