電子タバコは普通のタバコよりも健康に良い?!どうしてもやめられない人は電子タバコにしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子タバコ 健康

「タバコをやめたな~」とい声を聞くことが多いですが、実際にタバコをやめられる人は少ないように感じます。

タバコがやめられない理由は、ニコチンに依存性が強いので止めようと思っても、ニコチンを摂取したくなるためです。

そんな、タバコを止めたいけど止められないという人は、電子タバコを使用してみるのはどうでしょうか?

普通のタバコよりも、電子タバコの方が健康に与える影響が少ないと言われています。

〇タバコの有害物質はタール

タバコが吸いたくなってしまう原因はニコチンであり、ニコチン健康に良くない物質ですが、ニコチン以外にもタバコに含まれるタールも健康には良くないと言われています。

タールはタバコの葉っぱは燃やすことによって発生する有害物質であり、数十種類の発がん性物質が含まれています。

タールはニコチンよりも人体に影響があると言われているので避けたい物質になりますが、タバコを燃やすことでどうしても発生してしまいます。

そこで、有効なのが電子タバコであり、電子タバコはタバコを燃やすわけではなく、加熱したら、水蒸気を利用することによって、タールの発生を抑えることができます。

製品によって、発生するタール量には違いがありますが、通常のタバコよりもタールの発生が少ないので健康への影響が少ないといわれています。

また、ニコチンを摂取することができるので、普通のタバコが吸いたくなるのを抑える効果があります。

ニコチン自体には、発がん性が確認されていませんので、電子タバコを使用することによってガンの発症する可能性が大きく減少される可能性があります。

これから、長生きしたいと考えている人は、タバコから電子タバコに変えることをおすすめします。

電子タバコに変えることで、呼吸疾患のリスクを減少させることができます。

〇タバコを燃やせば一酸化炭素も発生する

タバコを燃やすと、有害物質であるタールもが発生しますが、同時に一酸化炭素も発生することがわかっています。

一酸化炭素は、酸素を運ぶ役割があるヘモグロビンと非常に結合しやすい物質であり、酸素よりも200倍も親和性が高いことが知られています。

そのため、体内に一酸化炭素が侵入すると、ヘモグロビンと勝手に結合してしまいヘモグロビンを使えなくしていきます。

タバコを吸うと一酸化炭素とヘモグロビンが結合するので、酸素を運べる量が少なくなり、疲れやすくなってしまいます。

電子タバコの場合は、加熱であれば燃やしているわけではないので、一酸化炭素が発生しませんし、水蒸気も一酸化炭素を発生させません。

電子タバコは、通常のタバコに比べて、有害物質が非常に少ないタバコなのです。

ちょっと走っただけでも疲れると感じることはありませんか、もしかするとタバコの一酸化炭素が原因かもしれません。

疲れやすいと感じる人は、タバコから電子タバコに変えてしまいましょう。

〇電子タバコは副流煙が発生しません!

通常のタバコは燃やすことによって、副流煙が発生し周りに人に迷惑をかけてしまうことが多いです。
対して、電子タバコは加熱や水蒸気を利用することで、副流煙が発生しないので、周りの人が煙を吸ってしまうことがありません。
電子タバコは、自分の健康の影響を減少させるだけでなく、周りの人の影響を抑える効果もあるのです。

電子タバコを高いと感じる人もいるかもしれませんが、長期的に使用する場合は、通常のタバコと電子タバコの値段に大きな開きありません。

健康になるためにも、タバコから電子タバコに変えてみてはどうでしょうか、自分ためだけでなく、周りの人のためにもなります。

しかし、電子タバコは全く害がないというわけではありませんので、できれば電子タバコもやらない方が健康に良いのです。

目指せる人は、禁煙をはじめましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク