天然成分・植物由来だから健康に良いとは限らない!天然成分でアレルギーが出ることもある?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天然由来に騙されるな

天然成分・植物由来と聞くと体に良さそう、肌に良さそう、安心して使えると思う人が多くいるのではないでしょうか?

私も天然成分と聞くと健康に良さそうと連想してしまうことが多いです。

しかし、植物由来・天然成分だからといって、必ず安心して使用することができるわけではないのです。

天然成分と植物由来の危険性についてしっかり把握しておきましょう。

〇植物由来でも有害な物はある

植物由来と聞くと体に優しい食品だと思うことが多いと思いますが、物質によっては健康に影響をあたえることがあります。

例えば、呼吸器疾患の原因になるタバコは、タバコの葉を使っているので、植物由来の製品と言えます。

タバコは植物由来かもしれませんが、体に良いどころかニコチンに依存性があり、使用すると健康を害してしまいます。

そのほかにも、蛇やフグ、蜂などが持っている毒はすべて天然成分の毒物であるが、蛇に噛まれると腫れあがって最悪の場合は死に至ることもあります。

蛇の毒は極端な例ではありますが、天然成分であっても健康に悪影響を与えることはあるのです。

もちろん、天然成分と植物由来の製品には、安心して使用することができる製品も多く存在しています。

しかし、天然成分と植物由来だから絶対に安全であるというわけではないのです。

天然成分・植物由来を過信しすぎていませんか、稀に健康に影響が出ることはありますよ。

〇人によってはアレルギー症状が出ることも

天然成分や植物由来を使用すると人によっては、かぶれや発疹などのアレルギー反応がでてしまうことがあります。

私の知り合いは、火傷に良いからと、アロエを手つけていたら、かぶれて逆に患部が酷くなって病院に行くことになった人がいます。

アロエは天然成分であり、火傷に効果はあるのですが、人によっては、かぶれることもある植物なのです。

そのほかにも、健康に良いと言われるけど、アレルギー反応が出る天然成分・植物由来は多く存在します。

もし、アレルギー反応がでたしまった場合には、すぐに使用を中止し、ステロイド剤や抗ヒスタミン剤を使用してアレルギー反応を抑えましょう。

場合によって、アナフィラキシーショックを起こすこともありますので、症状が深刻な場合はすぐに病院へいきましょう。

また、一度アレルギー反応が出てしまった製品は、再度アレルギーを起こす可能性が高いので使用しないでください。

製品を使用する前に、少量皮膚に塗るなどしてアレルギー反応が出ないか確かめることで、重篤なアレルギー反応を予防することができます。

〇安全性は合成成分・天然成分はあまり関係ない

天然成分・植物由来が健康に害を与えることがあると説明してきましたが、合成成分が人体に影響を与えてしまうこともあります。

天然成分だから安全といわれることも多いですが、天然成分だから安全であると言いきれません。

また、合成成分だから人体に影響があるわけではなく、安全性に、天然成分、合成成分、植物由来は関係ないと思った方が良いでしょう。

それよりも大切になるのは、自分にとってその製品が体にあって、アレルギー反応が出ないかになります。

似たような製品で、植物由来はアレルギー反応が出て、合成成分はアレルギー反応が出ないということは多くあります。

逆に、合成成分ではアレルギーが出て、天然成分ではアレルギーが出ないということもあるのです。

健康に影響があるか、ないかは個人差がありますので、天然成分や植物由来を信じすぎない方が良いでしょう。

使ってみて、自分にあっている場合は、使用を続けると良いのではないでしょうか?

ただ、天然成分の方が体に合っている人も多いので、天然成分が必ずしも体に悪いということではないのです。

〇口コミで広まる製品が良いとも限らない

口コミで健康に良い製品が広まることも多いですが、口コミで広まっている製品が自分に合っている製品かわかりません。

製品を使用する時には、自分で成分を確認して本当に安全か確認することをおすすめします。
また、実際に使用して体に合っていないと感じたら、使用をやめることをおすすめします。

体にあっていない製品を使用することで、思わぬ副反応が出ることがありますので、自分が良いと思う製品を使用した方が安全性が高いです。

安心で安全性が高い物を使用したいと考えている人は、自分の目で製品をしっかり見極めてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク