乳がんは自分で発見することができる!早期に発見することができれば生存率は非常に高い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳がん 触診

女性が最も発生しやすいガンは一体なにか、わかりますか?そう、女性が最も発生しやすいガンは「乳がん」です!

乳がんは年間1万人以上の女性が乳がんを発症しており、12人に1人の女性が死ぬまでに乳がんを発症すると言われています

さらに恐ろしいのは、年々乳がんを発症する人が多くなっている所です。

乳がんは早期発見することができれば、90%以上の確率で助かるので、早期発見が非常に大切なのです。

〇乳がんは早期発見で助かる可能性が高い

女性は乳がんを発症する可能性が高いですが、乳がんは早期発見することができれば助かる可能性が高いガンになります。

ガンにはステージ0~ステージⅣまであり数字が高くなるほど、危険な状態になります。

乳がんはステージ0~ステージⅡまでの5年後の生存率が90%を超えており、他のガンに比べて生存率が高く早期発見することができれば、助かる可能性が高いガンです。

また、ガンが進行するほど、乳房を切除する可能性が高まるため、早期に発見できるかは女性にとって非常に大切な問題となります。

早期に発見するためには、マンモグラフィーなどの検査をすることも大切なのですが、自分で乳房にしこりがないか確かめることが大切になります。

乳がんは他のガンと違い、触ることでしこりを発見できるため、早期発見がしやすいガンです。

他の内臓のガンは、内臓まで手が届かないので、症状が出たり、検査するまでガンを発見することができません。

乳がんは検査ではなく、自分の手で発見することが大切なガンです。

〇乳がんの9割は手で発見する

乳がんを発見するためには、胸を自分で触りしこりがないか確認するのが大切だと言われます。

これは、乳がんを発見する人の9割が、乳房を触った時にしこりを感じ、通院して乳がんの発見に至るためです。

病院で検査することも大切な事なのですが、乳がんは自分で確認することも大切なのです。

しかし、乳がんの早期発見のために定期的に触診する人は少なく、しこりが2~3㎝と大きくなってから発見される場合が多いです。

個人差はありますが、触診することによって、早期の乳がんを発見できる場合もありますので、定期的にしこりがないか確認することは大切です。

乳がんは偶然発見する場合は、しこりが多くなっていることもありますので、定期的に触診して早期発見を目指しましょう。

もちろん、毎日触診する必要性はありません、週に1回や月に1回しこりの確認を行いましょう。

〇乳がんは脇に近い場所で発生しやすい

乳がんは乳房のどこにでも発生する可能性はありますが、発生しやすい場所がきちんとあります。

乳がんが最も発症しやすい場所は、脇に近い部分の乳房で乳がんの50%は脇に近い部分の乳房から発生すると言われています。

そのため、触診で最も丁寧に確認した方が良い場所は、脇に近い部分になります。

また、脇の近くにはリンパ管が存在しており、ガン細胞がリンパに転移すると全身に転移したり、再発したりする可能性が高くなります。

脇に近い部分をしっかり触診するのは、最も転移の危険性が高いためでもあります。

しかし、他の部分も乳がんを発生する可能性が十分にありますので、他の部分もしこりがないか丁寧に確認する必要性があるのでしょう。

さらに、触診を行う際には、一定方向に撫でて確認するだけでなく、上下に撫でる、渦を書くように撫でる、放射線状に撫でるようにしましょう。

撫でかたをかえることで、しこりを感じやすくなるため、ガンの発見につながりやすくなります。

鏡の前で乳房に異常がないか確認しながら行うことでより、乳がんが発見しやすくなるとされています。

〇30代からマンモグラフィー検査をしよう!

乳がんを最も発生しやすい年代は40代で、30代から乳がんを発症する人が増えていきます。

なので、乳がんを早期発見するためには、30代からマングラフィー検診をはじめたほうが良いといわれています。

20代でも発症する可能性あるため、20代からマンモグラフィー検査をしても良いですが、発症数はそれほど多くないので、触診だけでも良いでしょう。

もちろん、20代からマンモグラフィー検査をしていた方が、乳がんを発見しやすく安全であることは確かです。

乳がんを発症する年齢は40代~50代が最も多いのですが、70代、80代でも乳がんを発症する可能性は十分あり、20代よりも80代の方が乳がんを発症する可能性は高いです。

年をとったから大丈夫かなと思う人もいるかもしれませんが、高齢になっても乳がんには注意してください。

乳がんは女性に最も多いガンであり、自分で発見することができるガンです。

乳がんの危険性を下げるためには、定期的に乳房を確認して、乳がんを早期発見できるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク