禁煙がしたいけど市販の禁煙薬は効果があるの?市販の禁煙薬で禁煙してみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市販の禁煙薬
禁煙したいけど禁煙することができないと思っている人も多いのではないでしょうか?

タバコに含まれるニコチンには、依存性があり、禁煙するとイライラや、頭痛、動悸など離脱症状を起こしてしまいます。

自分の意志だけで禁煙するのは難しいと思いますので、そんな時には禁煙薬(禁煙補助薬)を使用してみてはどうでしょうか?

市販の禁煙薬である「ニコチンパッチ」と「ニコチンガム」は、禁煙に役立つのでしょうか?

〇薬でどうやって禁煙するの?

タバコの依存はニコチンによって発生しており、体の中でニコチンが少なくなるとタバコを吸いたくなってしまいます。

そこで、市販の禁煙薬では、タバコで吸うよりも少量のニコチンを摂取させることで、ニコチンの依存症状を減少させて禁煙することになります。

いきなり、禁煙しようとすると、強い依存症状が出るため、タバコを止めるのは難しいです。

薬を使用して、徐々にニコチンを減らすことで、ニコチンの依存性を少しずつ減らし、禁煙させます。

ニコチンを減らすことで、少しタバコを吸いたくなることもありますが、いきなりタバコを止めてしまうよりは、離脱症状が弱いと言われています。

そのため、自力で禁煙するよりも、禁煙薬を使用する方が、離脱症状も少なく、禁煙しやすいとされています。

しかし、薬を使用しても少しは吸いたい気持ちができますので、ある程度の我慢は必要になります。

〇病院でも同じ薬が処方されることも

確実に禁煙したいと考えている場合には、市販薬でなく病院に通院して治したいと考える人もいるでしょう。

ただ、病院でも、市販薬と同じニコチンパッチやニコチンガムを使用して禁煙することもあります。(市販薬でないこともあります)

そのため、市販薬で治しても、病院にいって治しても禁煙方法は同じだったということがあるようです。

ただ、自分一人で禁煙よりも、病院で診察を受けて禁煙する方が、人の目があるので禁煙しやすい場合があります。

どうしても、禁煙してしまうという人は、医師と一緒に禁煙することで、禁煙できるかもしれません。

医師の手は必要ない、自分で禁煙するという人は、市販薬で禁煙しましょう。

〇病院で処方されるチャンピックス

また、病院では市販薬ではなく、チャンピックス(バレニクリン)という処方薬を処方する場合もあります。

チャンピックスは、市販薬も禁煙効果が強くきちんと使用すれば、8~9割の人が禁煙すると言われている薬です。

ただし、チャンピックスは、副作用が出やすいので、医師によっては処方しない場合もあるようです。

チャンピックスで、最も多い副作用は、吐き気や嘔吐、頭痛、不眠になります。

また、危険な副作用として、自殺念慮(自殺のことを考える)、自殺行為、意識喪失など起こす可能性があります、非常にまれな症状ではありますが、0ではありません。

うつ病なので精神疾患にかかったことがある人は、特に注意が必要な薬になります。

副作用が起きる可能性はそこまで高くなく、禁煙効果も高いので、チャンピックスで禁煙したい人は、病院に受診しましょう。

〇市販薬で禁煙しましょう!

禁煙薬は市販薬でも十分に効果があるといわれており、いきなり禁煙するよりも3~4倍ほど禁煙しやすくなると言われています。

禁煙したいと考えている人は、市販の禁煙薬を試してみてはどうでしょうか、意外に禁煙に成功するかもしれません。

また、禁煙する時は、一人で行うのではなく、家族に協力してもらいながら禁煙するとより良い結果が出ると言われいます。

喫煙は体に悪影響を与え、肺がんやCOPDの原因になるといわれています、健康のためにも禁煙することをおすすめします。

市販の禁煙薬で禁煙して、健康的な体を手に入れませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク