病院とは別に薬局があるのは一体なぜ?薬局の存在意義を知ってうまく活用してみてはいかが?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医薬分業
私の子どもの頃は、薬は診察を受けた病院の窓口で直接もらっていたのですが、現在では病院の窓口で処方箋を貰い、薬局で薬をもらいます。

医師から直接、薬をもらった方が楽だったと思う人も多いのではないでしょうか。

また、病院と薬局が別である理由は何なのかと思う人もいるでしょう、薬局のことを知れば、もっとうまく薬局が活用できるかもしれません。

〇薬の知識は薬剤師の方が高い

医師は、患者の病気を診察して病気や原因を特定するのが仕事に出るため、薬の処方するのは医師の仕事ではありません。

薬のことに関しては、医師よりも薬剤師の方が詳しいので、薬を処方するのは医師ではなく薬剤師に任せた方が安心なのです。

病院で処方してもらった方が楽だったと考える人もいるかもしれませんが、薬局で処方してもらった方が安全なのです。

薬剤師であれば、副作用についてしっかり理解しているので、薬でわからないことがあれば、すぐに答えてくれます。

病院の窓口で薬を貰い、薬のことで気になることがあっても、看護師に質問してもわからないことが多いです。

そのため、病院で薬をもらった場合は、正確に副作用を理解せずに薬を飲むことになります。

薬局の利点は、すぐにその場で薬のことについて的確に説明してくれることにあります。

しっかり知識がある人に、薬を処方してもらった方が安全ですよね

〇病院が薬を処方すると薬が多くなる?!

病院の窓口で薬を処方することが昔は多かったですが、病院で薬を処方されると薬が多くなるといわれています。

病院で薬を処方した場合には、処方した薬の分だけ病院の利益になります。

つまり、病院は患者に大量の薬を処方すれば、多くの利益を生み出すことにつながり、病院は患者に必要に以上に薬を出すことにつながると考えられます。

もちろん、多くの医師は真面目に、薬を処方していたと思いますが、一部の利益主義の医師は儲けるために、薬を多めに処方することもあったようです。

しかし、不必要な薬を処方されれば、患者は、薬の過剰摂取により薬の副作用を受けやすくなってしまいます。

薬を病院で処方してもらうと楽だと感じるかもしれませんが、薬漬けにされるリスクがあるのです。

また、薬の量が多くなると、支払う金額も高くなるので、金銭面でも患者にとって負担になってしまいます。

薬局と病院を分けることによって、薬の処方をしっかりと管理することができるのです。

薬は副作用の危険性がありますので、薬局で処方してもらうのが一番いいですよ。

〇通院している病院が複数でも対処しやすい

薬局の良い所は、患者が複数の病院に通院している場合であっても、薬を管理できる所にあります。

病院で薬を処方してもらう場合では、他の病院で薬を処方してもらっていても、他の薬のことを考えて処方することはありません。

病院は、薬の飲み合わせを理解していないことも多いので、飲み合わせの悪い薬を処方される可能性があります。

しかし、薬局であればお薬手帳を利用することで、現在、飲んでいる薬を薬剤師が把握することができます。

薬剤師は、薬の知識が豊富なので薬の相互作用を理解して、副作用などが起きないか確かめてくれます。

もし、飲み合わせの悪い薬がある場合には、医師に相談して処方薬を変更することができます。

飲み合わせの悪い薬を飲んでいれば、薬が効かずに病気が一向にならない、強い副作用が出てしまう場合があります。

薬局があることで、複数の病院に通っても安心して薬を服用することができるのです。

また、複数の病院に通って、多くの薬を飲んでいる人は、薬局で相互作用について一度見てもらうことをおすすめします。

〇薬局では薬のわからないことを相談しよう

薬局は薬の専門家である薬剤師いますので、薬でわからないことがあれば、積極的に薬剤師に相談することをおすすめします。

薬剤師に薬のことを質問することで、新しい発見があるかもしれませんよ。

また、薬局は複数通うのではなく、一つの薬局に絞ることで、薬の管理がより行いやすくなると言われています。

病院の前にある薬局に通院するのも良いですが、かかりつけ薬局を作ってみるのはどうでしょうか?

薬局を知って、薬局を活用しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク