薬の個人輸入ってなに?海外から薬を取り寄せれば安く薬が手に入る!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人輸入の薬
薬といえば、病院で診察して処方箋を貰って薬局で購入するか、ドラッグストアで購入するのが一般的です。

人によっては、安く薬を手に入れるために、ネット通販で購入する人もいるでしょう。

ドラッグストアや通販以外では、海外から薬を個人輸入して、薬を購入する方法も存在しています。

海外から輸入する薬には、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

〇もちろん違法性はありません

海外から薬を勝手に輸入してきても大丈夫なの?と思う人もいるかもしれませんが、海外から薬を輸入しても、法律の範囲内であれば違法性はありません。

薬は病気の治療のために必要になることがありますので、個人的な利用の場合は厚生労働大臣の承認・許可なく輸入することが可能になっています。

また、安全のために一度に輸入することができる量が決まっており、危険性が高い薬は一度に輸入できる量が少ないです。

注意点としては、個人的な利用の場合のみ、個人輸入することができますので、購入した薬を販売や譲渡してはいけません。

また、他の人の分も一緒に購入することも禁止されており、友人の薬であっても購入すれば法律を違反していることになります。

あくまで、個人で使用する薬に限り、輸入することが認められていることを知りましょう。

〇処方薬も購入することができます。

日本には、市販薬と処方薬の2つがあり、市販薬はドラッグストアなどで簡単に購入することができますが、処方薬は病院で処方箋を貰わないと購入できません。

しかし、個人輸入薬に関しては、処方薬であっても輸入することが可能なので、病院に行かずに処方薬を入手できます。

また、日本で病院にいって薬を処方してもらうよりも、安い値段で大量に薬を入手することができることもあります。

ただ、処方薬は安全性などの問題で、医師の診察が必要となっている薬なので、勝手に購入するのはあまりお勧めできません。

本来、個人輸入は海外で治療を受けている人や、旅行者が薬をもって国内に入れるように配慮した物であり、処方薬を自由に購入できるようにしている物ではないのです。

処方薬を購入する場合は、副作用を理解して購入するしましょう、副作用がでた場合は自己責任です。

〇海外しか売っていない薬を購入できる

個人輸入の良い所は、日本国内で販売されていない薬を購入することができる所です。

海外では承認されていても、国内では承認されていない薬を入手するためには、海外から輸入するしかありません。

海外で開発された新薬なら、日本で販売されるまでにある程度の年月がかかるので、新薬の開発を待っている人には、長く感じてしまいます。

海外でしか販売されていない薬を購入したいと考えている人にとっては、個人輸入はとても良い方法なのかもしれません。

ただ、日本では承認されていない薬なので、それなりのリスクはあると考えた方が良いかもしれません。

稀に、重篤な副作用が出ることもありますので、個人輸入を考えている場合は、医師に相談してみることをおすすめします。

〇個人輸入は危険な場合もありますよ!

個人輸入は、安く薬が購入できたり、日本で入手することができない薬を購入することができたりするのですが、危険性もあります。

まず、良く調べないで購入してしまうと、薬の副作用がでてしまうことがありますが、自己責任なので、補償がありません。

保険会社としても、日本で販売されていない薬を飲んで起きた症状については補償することができません。

また、薬がどのような環境で製造されているかもわからず、輸入してくる国によっては、偽薬を売りつけられることもあります。

偽薬では、全く効果はありませんので、薬を購入するだけ無駄となります。

まだ、効果が全くでないだけでましで、人体に悪影響がある成分が含まれていた場合、効果がない上に、体調が悪くなる可能性があります。

個人輸入には、大きなメリットがありますが、危険性があることを理解しておこないと大変なことになります。

できるだけ安い薬を購入しようと思う人もいるかもしれませんが、信頼できるお店で購入することが重要になります。

皆さんもほしい薬があれば、個人輸入をしてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク