もしかしたら、風邪じゃないかもしれない?!初期症状が風邪に似ている結核に注意しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結核 風邪
咳が出ていたら「風邪かな」と思うことってありますよね、もしかすると、風邪じゃなくて結核かもしれませんよ!

「結核って昔の病気じゃないの?」という人もいるかもしれませんが、結核は現在でも感染する可能性がある危険な病気です。

特に高齢者は結核に感染しやすく、発症する危険性が高いと言われています。

〇結核って一体どんな病気?

結核は、肺に結核菌が侵入することに、よって発症する細菌性感染症であり、過去の日本では不治の病として恐れられていました。

結核の治療薬が開発され、発症者が少なくなったので、あまり耳にすることはなくなりましたが、現在でも国内で年間約2万人が感染する病気です。

また、結核の治療薬は開発されていますが、毎年、結核で亡くなる人がいます。

特に高齢者の発症が多い結核ですが、若い人が結核菌に感染し、発症する可能性もあります。

さらに、日本では結核の8割が肺に症状が出ますが、肺以外のリンパ節、腎臓、脳、血液などで菌が増殖して、症状が出ることがあります。

肺以外の部位に症状が出る肺外結核の方が、致死率が高く危険性が高いといわれています。

結核は早期に発見するほど、治りやすいといわれているので、初期の結核の症状を見逃さないことが大切にだと言われています。

結核は過去の病気ではありません、現在でも感染し、死亡する可能性がある恐ろしい病気なのです。

〇初期症状は風邪に似ている!

結核に感染した場合の8割が肺に症状が出る肺結核であり、初期症状は非常に風邪に似ており、気付かないことも多いです。

結核の初期症状としては、咳、微熱、だるい、痰、食欲低下、体重低下などになります。

結核と風邪の違いは、症状が長く続くところで、風邪は2~3日で治ることが多いですが、結核は症状が良くなったり、悪くなったり繰り返しながら、徐々に悪化していきます。

風邪は1週間以内に治ることがほとんどであるため、2週間以上続く風邪の症状はおかしく、風邪でないと考えるのが適切です。

結核の初期症状は軽い場合もあり、病院に行くほどでもないと思うこともありますが、2週間以上の症状は危険と判断して、病院に行くようにしましょう。

また、結核ではなかったとしても、肺炎や気管支炎などの病気を起こしている可能性もあります。

結核に気付かずに症状が悪化すれば、症状が悪化したり、細菌が広がり他の臓器に症状が出たりして、治療が困難になることもあります。

さらに、結核菌は咳などから、他人に感染するので、治療が遅れるほど結核菌をばらまいてしまうことになります。

風邪の症状が長引いてしまっている人は、危険な病気かもしれないので、すぐに病院へ行きましょう!

〇ワクチンを打っても発症するかも?!

皆さんは「BCGワクチン」を聞いたことがあるでしょうか、ハンコ注射やスタンプ注射といわれると、聞き覚えがあるかもしれません。

BCGワクチンは、子ども時に結核菌に感染しないように打つ予防接種で、人への毒性が失われた「ウシ型結核菌」を利用しています。

BCGワクチンを接種することで、結核に対する免疫が作られ、結核菌に感染しにくくなり、結核に感染しても重症化しにくくなると言われています。

日本に住んでいるほとんどの人は、BCGワクチンを接種しているのですが、予防効果は1十数年であるため、大人の結核を予防する効果は薄いと考えられています。

そのため、BCGワクチンを接種しているからと言って、結核に感染しないというわけではありません。

また、子どもが結核菌に感染することが稀にありますので、子どもでも2週間以上の咳が続く場合には注意しましょう。

結核は、現在でも感染する可能性が高い病気です、気になる症状がある場合は病院に受診して、検査してもらいましょう。

〇感染しても発症しないことも多い

結核は発症すると非常に恐ろしい病気ですが、結核菌に感染しても発症する人は10%~20%で発症しないことも多くあります。

特に体力がある人は、感染しても結核が発症しないことも多くあるので、結核にならないためには体力をつけておくことも大切です。

また、結核は潜伏期間が長く、半年~1年で発症すること多く、稀に10年前に感染した結核が発症することもあります。

結核菌は、潜伏期間が長いのでいつ感染したかわからないことも多くあり、どこで結核菌がうつされたのかわからないことも多いです。

もしかすると、すでに結核菌に感染しており、1月後に結核になる可能性も0ではないのです。

潜伏期間中の感染能力はないので、潜伏期間中の結核感染者に接触しても問題ありませんが、発症してからは、周りの人に感染する可能性があります。

感染しても、発症する可能性は低いですが、発症後の感染者と接触している場合には、検査を受けた方が良いでしょう。

咳が長く続いていませんか、もしかたら、その症状は結核かもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク