薬を服用してから効果があらわれるまでにはどのぐらいの時間がかかるの?薬は早めに飲んだがよい!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

81201

皆さんは、体調が悪くて薬を飲んだ時に、薬の効果が早く出ないかなと思いませんか?

私は痛み止めを飲む時に良く、早く効果が出てくれないかと思います。

薬を飲んでから、効果があらわれるまでに、どのぐらいの時間がかかるでしょうか?

〇薬の効果が出るまでに30分かかる

薬を服用すると胃や小腸で吸収され、肝臓で代謝され血液に流れて患部に届き、症状に作用することになります。

服用してから薬の効果が出るまでには、30分~1時間かかるといわれており、薬を飲んでから効果が出るまでには30分かかると思っておきましょう。

また、薬を飲んでからすぐに、効果が出たように感じる場合は、飲んだことによる安心から症状が改善している場合が多いです。

薬剤によって吸収速度に違いがあり、吸収しにくい薬ほど服用してから効果が遅くなり、効果が出るまでに1時間以上かかる可能性もあります。

薬の効果には個人差があり、15分で効果が出始める人もいれば、1時間後に効果が出る人もいます。

薬を服用してから、効果が出るまでには少し時間がかかることを理解しておきましょう。

〇座薬は効果がでるまでが早い

体調が悪く早く症状を改善したいという時があると思いますが、素早い効果を期待するなら飲み薬よりも座薬がおすすめです。

飲み薬は服用してから、食道を通って胃や小腸で吸収するので、時間がかかりますが、座薬は

そのまま直腸で吸収されるので、飲み薬よりも素早く吸収されます。

そのため、座薬は飲み薬も即効性がある薬になります。

体調が悪い時に、30分我慢しないといけない状況は辛いので、座薬を準備しておくといいかもしれません。

座薬は即効性があるだけでなく、胃や腸を通らないので、胃や腸を荒らしてしまう心配もありません。

座薬はおしりから入れるので恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、用意しておくと、意外と使える薬なのです。

〇即効性は注射が一番!

飲み薬よりも座薬の即効性がありますが、座薬よりも即効性があるのが、注射による薬の投与になります。

血液に直接、薬を入れるので吸収する必要性がなく、血液が体を巡ればすぐにでも薬の効果があらわれることになります。

薬によって効果の差はありますが、数十秒から数分で薬の効果があらわれはじめることになります。

注射は、即効性はありますが病院でないと使用できないため、飲み薬や座薬よりも使い勝手は悪いと言えるでしょう。

また、注射による薬の投与は、緊急性がある時に使われることが多く、病院に受診しても飲み薬が処方されることが多いです。

薬は消化のしやすさや種類によって、効果があらわれるまでには時間のばらつきがあるのです。

〇薬をのむタイミングは薬の種類によって違う

薬は効果が出るまでには時間があるため、薬は早めに飲んだが方が良い場合も多いですが、種類によって飲むタイミングには違いがあります。

抗ウイルス薬や抗菌薬の場合は、初期に飲むほどウイルスや細菌が早く死滅するので、症状が出始めたら早めに飲むと良い薬です。

対して、解熱薬は熱を下げて効果があるため、微熱で服用すると免疫力を下げてしまうことがあります。

そのため、解熱薬は高熱になって辛い時に服用する薬であり、微熱で服用する薬ではありません。

逆に、微熱の時には、体温をあげてくれる葛根湯を飲むことで、免疫力を上げて早く治した方が良いと言われます。

薬は種類によって効果が違いので、症状が出てから飲んだ方が良いものと、症状が出始めから飲んだ方が良いものがあります。

多くの薬は、出始めに飲むことで、症状を抑えますが、解熱剤の用に辛い場合には服用する薬もあります。

薬の効果を理解することで、薬の飲むタイミングがわかりますので、薬を効果を理解するようにしましょう!

薬は飲んでから、効果が出るまでに約30分かかることが多いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク