老衰で亡くなる人は増加している?!100年前の方が老衰で亡くなる人が多かった!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老衰 100年前
老衰とは、加齢によって内臓のなどの機能が低下して、生命活動が維持できなくなり亡くなってしまうことです。

他に、肺炎などの病気がある場合は、高齢者であっても老衰と診断されないことが多いです。

日本の平均寿命は80歳を超えており、死因が老衰と診断されるのは80歳以上の人が多くなります。

また、近年では平均寿命が延びてきて老衰死で亡くなる人が増えているのです。

〇老衰で亡くなる人は増えている

老衰は加齢によって生命活動を維持することができなくて、死んでしまう物なので年齢が高い人ほど老衰で亡くなりやすくなります。

また、日本の医療技術の発展により、寿命が延びているため、近年では老衰で亡くなる人が増加しています。

これからも、医療技術が発展して、寿命が延びることで老衰により亡くなる人は、増加してくると考えられています。

私も、ガンが心筋梗塞で死ぬのではなく、老衰死で亡くなりたいものです。

老衰死の人口は増えていますが、老衰死でなく人は意外と少なく100歳以上の方の死因で初めて1位になります。

80歳以下の死因では、老衰死が出てくることは少なく、何らかの病気死因がつけられるのが一般的です。

老衰と診断されるのには、健康的に100歳まで生きることが必要になるので、健康管理をしっかりと行い、長生きしましょう。

〇100年前の方が今よりも老衰が多かった!

「100年前と現在では、どちらの老衰と診断される人が多いでしょう?」と聞かれたら、皆さんはどう答えますか。

日本の医療技術が発展して、寿命が延びてきているので、現代の老衰と診断されることが多いような気がします。

私も、100年前よりも現在の方が、老衰死と診断される人は多いと思っていました。
しかし、なんと老衰で亡くなったと診断された人は、現在よりも100年前の方が多かったのです。

おかしな気分かもしれませんが、100年前の方が老衰で亡くなる人が多かったのには理由があります。

まず、100年前は今よりも医療技術が発達していなかったので、他に死因があっても、しっかりと死因を特定せずに、年齢が高い人の死因を老衰として処理していのです。

100年前に老衰と診断されて、亡くなった人の中には、ガンや肺炎などの、現在では老衰と診断されない病気で亡くなった人も多くいでしょう。

ちなみに、100年前の平均寿命は約45歳なので、現在よりも30歳も若く多く人が亡くなっていたことになります。

私の予想ではありますが、50代や60代で亡くなることは当たり前であり、はっきりした死因を特定していなかったことが考えます。

寿命が延びた戦後から、老衰と診断されることが少なくなり、現在では少しずつ増加しています。

100年前に老衰と診断された人の多くは、現代で診断されれば多くは老衰ではないと診断されることでしょう。

〇死因はできるだけ特定する必要がある

100年前よりも現在の方が、老衰死と診断されることが少なくなってきていますが、理由は死因をできるだけ特定するようになったためです。

平均寿命を下回る場合は、基本的に何らかの死因となる病気をつけることになっています。

老衰と診断されるのは、100歳以上の高齢者がほとんどあり、100歳以上で亡くなっても老衰と診断されるのは、3割とされています。

そのため、長く生きても、老衰と診断される人は、意外と少ないのです。

また、医者によって老衰と判断するか、他の病気と判断するかは違うがあるとされています。

高齢者の多くは、肺炎を患っていることが多く、老衰で亡くなった人の中にも肺炎になっている人がいます。

80歳以下なら、老衰と診断せず肺炎による死因と書かれることが予想されますが、100歳以上なら、医師の判断により老衰と書くことがあります。

さらに、遺族に老衰と診断するか、肺炎などの老衰と診断するか聞く場合もあり、平均寿命を超えて肺炎で亡くなった場合は、遺族の意向にそうこともあります。

医師によっては、死因になりそうな物がない限り、老衰と診断しないこともあります。

寿命が延びて、老衰と診断されることが多くなっていますが、できるだけ死因を特定するので老衰と診断されないことは多くあります。

現在は、医療技術の発展よりほかの病気がなく、老衰で亡くなる人が増加しています。

健康管理をしっかりと行い、老衰で亡くなることができるように、努力しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク