爪を噛む癖がある人はなおしましょう!不潔ですし爪に菌が入って炎症を起こすこともある!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

爪を噛む
癖で爪を噛んでしまっていつも、爪がボロボロになってしまう人はいませんか?

私も昔は爪を噛んでしまう癖があったのですが、今では癖がなくなりました。

爪を噛んでしまう癖を持っている人はいますが、爪を噛むと見た目も悪くなりますし、病気になる可能性もあります。

爪を噛んでしまう癖がある人は、爪を噛むのを少しずつでも止めるようにしましょう。

○唾液には細菌が含まれる

爪を噛んでいると爪が短く深爪の様になることがありますが、同時に皮膚が傷ついてしまうこともあります。

口内には多くの細菌が住んでいるおり、傷口に侵入して炎症を起こしてしまうこともあり、爪を噛む癖が爪周囲炎の原因になる可能性があります。

炎症を起こすことは稀ではありますが、炎症が起きる場所や範囲によっては、切開して膿を出すことになります。

指は非常に神経が集中しているところであるため、炎症をするだけでも痛いですし、化膿して切開になると非常に恐怖感を覚えることでしょう。

また、傷口に細菌が侵入するだけでなく、爪に付着している細菌が口内に侵入することにもなります。

手を洗っても爪の間は汚れが取れにくい場所で、汚れが多く詰まっているため、爪を噛むことで細菌感染症になることがあります。

爪が炎症を起こしてしまう危険性を減らすためにも、爪を噛まないようすることすることが大切になります。

爪を噛むのは、爪の病気に原因もなりますし、細菌感染症の原因にもなるのです。

早い段階で爪を噛む癖を改善した方が良いのではないでしょうか?

○爪を噛むとガタガタになる

爪を噛んでいると爪に常が圧力がかかってしまうので、爪の形成がガタガタの爪になってしまう可能性があります。

爪を噛んでいる人の手はわかりやすく、短くてガタガタしていることが多く、場合によっては相手に不快感を与えてしまうことがあります。

また、爪が縦に避けてしまうこともあるので、爪は噛まずに切るか、削るようにしましょう。

さらに、爪は非常に硬いので噛んでいる歯にもあまり良い物ではなく、歯に負担がかかることも予想されます。

爪を噛んで大きく歯の生え方が変わるかはわかりませんが、歯にとっても爪を噛まない方が良いのは確かです。

○爪を噛む人は絆創膏をはろう

爪を噛む癖は意外と止めにくいもので、止めようと思っても気付いたら爪を噛んでいたと言うことも多いです。

気付ないうちに爪を噛んでしまうという人は、爪を噛めないように、絆創膏などで、爪を保護している上げることが大切になります。

爪に絆創膏が貼ってあると、噛んだ時にすぐに気付くので、癖を改善するのに役立ちます。

また、指全部に絆創膏を張ってあるのが、かっこ悪いと感じる人は、テーピングを巻くのが良いと思います。

絆創膏は、傷をしている時に使用するものですが、テーピングなら爪の保護のために使用していても全くおかしくありません。

絆創膏でもテーピングでもいいですが、爪を保護して爪を噛めないようすることが大切になります。

気付いたついつい爪を噛んでしまい、癖は抜けにくいですが、できるだけ早く癖を治すようにしましょう。

○ストレスなら病院にいってもよい

爪を噛んでしまう原因の一つに、ストレスの影響があるので、どうしても爪を噛んでしまうと言う人は、精神科や心療内科、カウンセリングを受けてみるのも有効です。

病院にいって、ストレスを軽減することができれば、爪を噛みにくくなるので、癖が治ってしまうこともあります。

ただし、ストレスから癖づいてしまったものは、ストレスを解消してもならないことはあります。

病院に行く場合も、絆創膏などで爪を保護して噛んでしまわないようにしてください。

爪は細菌の温床です、爪を噛むことで病気になる可能性もありますので、早めに癖を改善するようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク