喉のイガイガはどうやったら治るの?喉がイガイガするのは喉が炎症を起こしているため

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喉痛い
何となく喉に違和感があることや、朝起きたら喉がイガイガしていることは多くあると思います。

喉がイガイガしているのを早く治したい、痛みはどうやったら治まるのだろうと思うこともあるでしょう。

喉のイガイガする原因と喉のイガイガを治すための方法を知りましょう!

○喉がイガイガしてしまう原因

喉がイガイガする原因の多くは、喉にウイルスや細菌が付着して感染し、喉が炎症を起こしているためです。

そのほかには、喉を酷使した場合や、精神的な影響、ガンなどの可能性もありますが、可能性としてはあまり高くありません。

ちなみに、60%がウイルス性の感染症で40%が細菌性の感染症と言われており、細菌性なら抗生物質が効きます。

喉の炎症を起こすウイルスと細菌の多くは、危険性が少なくため、自宅で安静にしておくことで治ることも多いです。

基本的には、喉の痛み以外の症状が起きないことが多いですが、種類によっては発熱、頭痛、倦怠感、発疹が出ることもあります。

ほとんどは、自宅で治せますが、高熱、頭痛、発疹などの症状が出る場合は、内科に受診することをおすすめします。

喉のイガイガのほとんどは、ウイルスや細菌なので、感染する原因をしれば予防することができます。

○感染する原因は喉の乾燥

喉には、ウイルスや細菌を体外に排出するための免疫機能が存在していますが、乾燥すると免疫機能の働きが悪くなるため、感染しやすくなります。

冬場に喉が痛くなりやすいのは、冬場は外が乾燥しているため、喉が乾燥しやすいためになります。

特に、睡眠中は水分補給をしないので、喉が乾燥して、ウイルスや細菌に感染してしまいます。

喉の乾燥を防ぐことで、喉のイガイガになりにくくなりますので、乾燥する場所ではこまめに水分を含んだり、加湿器を使用するようにしましょう。

また、マスクを使用すれば乾燥しにくくなりますので、睡眠中にマスクを使用するのも有効だとされています。

喉の乾燥を防げば、喉の炎症だけでなく他の感染症も防ぎやすくなります。

喉が乾燥しないように、きちんと対策していますか、喉を乾燥しないようするだけで多くの喉の感染症を防ぐことができます。

こまめに水分を口にいれて、喉を乾燥しないようするだけで全く違います。

○喉の痛みがある時は鎮痛薬を飲もう!

喉のイガイガなどの痛みは、ウイルスや細菌感染症による炎症で起きているので、うがいや水分を飲み喉を潤しても、すぐには治らないとが多いです。

喉の痛みを抑えるためには、炎症を抑えた方が効率的なので、イブやロキソニンなどの炎症を抑える作用がある鎮痛薬を服用すると良いでしょう。

また、鎮痛薬は炎症を抑えるだけでなく、痛みを抑える作用もありますので、痛みが引いて喉が楽になると考えます。

鎮痛薬は、炎症を抑えて、痛みを減らす効果がある薬なので、ウイルス性と細菌性のどちらも喉の痛いであっても効果があります。

ただし、痛みを抑える薬であって、感染症を治す薬ではないので、薬の効果が切れると痛みが出てくることが予想されます。

感染症を治すのは、自分の免疫力が頼りになります。

ウイルスや細菌を殺すためには、イソジンなどのうがい薬が有効になります。

また、水を飲んで喉を潤すことで、ウイルスや細菌を外に排出する機能が高まるので、喉の乾燥させないようにして早く治るようにしましょう。

喉の痛みは、薬を飲んで痛みを抑えている間に、治すのが良いと思います。

○痛みが続く場合は病院へ

喉の痛みは、基本的には危険性がない感染症が多いのですが、扁桃炎が腫れた場合は入院や手術になることもなります。

扁桃炎が腫れている場合は、普通の喉の痛みとは違い、高熱が出やすいので喉の痛みと熱がある時は、病院に行って診察してもらいましょう。

扁桃炎は、放置すると症状が悪化してしまうこともあるので、注意が必要な病気となります。

また、喉の感染症は基本的に数日に治ることが多いので、何日も喉の痛みが続く場合は危険な感染症や、免疫力が弱っていることが考えらます。

発熱などが無ければ、様子をみても問題ないとされていますが、一向に治らない喉の痛みは病院で診察してもらいましょう。

喉の痛みは、喉を乾燥させないようすることで、予防できるので、乾燥しないように注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク