尿が泡立っていたら病気なの?病気で泡立つこともあるけど健康の人でも泡立つことがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尿泡
小便をしていたら、便器の中を見ると尿が泡立っていた、経験を持っている人は多くいるのではないでしょうか?

私は朝起きてトイレに行って便器を見ると、尿が泡立っていたことが何度かあります。

尿が泡立つのは病気の原因であると言われることがあるため、泡立っていたら病気ではないかと気になる人も多いはずです。

なぜ、尿が泡立っていたら病気の可能性があると言われるのでしょうか?

○尿はたんぱく質が混ざると泡立ちやすくなる!

小便をして尿が泡立っていた場合、病気の可能性があると言われる理由は尿にたんぱく質が混ざると、尿の泡立ちが良くなるためです。

尿にたんぱく質が混ざると言うことは、腎臓の機能が悪くなっていることが考えられ、腎臓病の疑いがでてきます。

そのため、小便をして尿が泡立っていると病気の可能性があると言われるのです。

しかし、尿は健康な人でも泡立つことは良くあり、私は尿が泡立ったことが何度かありますが、腎臓や尿の病気だと診断されたことはありません。

健康な人の尿が泡立つ原因は、尿が勢いよく出て空気が混ざる場合や、食事や尿の濃さによっても尿が泡立ってしまうことがあります。

尿が泡立つのは病気の可能性もありますが、病気ではない可能性もあるのです。

たんぱく尿以外では、膀胱炎になった場合も尿が泡立ちやすくとされています。

気になる場合は病院に行っても良いかもしれませんが、少し様子をみて何度も泡立つなら病院へ行きましょう。

○運動後にたんぱく質が混入することも

たんぱく質が購入すると尿の泡立ちが良くなりますが、腎臓が悪くなる以外に、運動することによって尿にたんぱく質が混ざることがあります。

さらに、風邪を引いて熱を出している時も腎臓の機能が一時的に低下して尿にたんぱく質が混ざってしまうことがあります。

尿にたんぱく質が混ざると、泡立ちが良くなってしまいますが、腎臓機能は問題ないので、病気というわけではありません。

運動を休んで安静にしていれば、腎臓がしっかり働いて腎臓からたんぱく質が出ないようになります。

毎日、激しい運動をするという人は、運動に尿が泡立つことが何度もあるかもしれません。

ただし、運動している人の腎臓機能が悪く、尿にたんぱく質が混ざってしまうことはあります。

○病気の尿は泡立ちが違う?!

健康な人でも尿が泡立つことはありますが、病気の人の尿は健康の人の尿に比べて泡立ちが違うとされています。

たんぱく質が混ざっている人の尿は、泡がきめ細かくビールの様に泡が発生することが知られています。

つまり、泡の大きさが大きく細かくない場合は、尿の勢いが強くて空気が混ざっていると考えらます。

また、たんぱく質が混ざっている泡は壊れにくいのも特徴で、泡がつぶれずに、水面にしつこく残ります。

水面のすべてのきめ細かい泡が多ってしまい、なかなか泡が消えてくれない場合は、たんぱく質を疑った方が良いかもしれません。

ただし、尿の成分は毎日の少しずつ変化があり、その日はたまたま尿が泡立ちやすかった可能性もあります。

数日間、尿の様子をみて毎日のように泡立っているようであれば病的な尿の可能性が高いです。

便器をみて泡立っていたら驚くかもしれませんが、病気の可能性は低いのでまずは尿の様子をみましょう。

毎日のように尿が泡立っている場合は、病院にいって検査してもらいましょう。

○おかしいなと思ったら病院へいこう!

尿の泡立ちが何日も続くのでおかしいと感じる場合は、病院にいって尿検査をしてもらうことをおすすめします。

尿の専門医は、泌尿器科になりますが、いきなり泌尿器科に行くのも嫌だと言う人も多いと思います。

尿検査は、内科で行うことも可能なので、かかりつけ内科で受診してもらうと良いでしょう。

早く検査結果を知りたいと思う人は、泌尿器科に受診することをおすすめします。

尿検査は内科で行うことがありますが、内科は設備が整っておらず外注検査なることもあるため、結果が出るまでに日数がかかる可能性があります。

泌尿器科は専門医なので、即日検査結果が出る可能性が高いでしょう(病院によって違います)。

尿に異常が見つかった場合には、かかりつけ内科から紹介状をもらって、腎臓内科や泌尿器科に受診することもできます。

何度もいったことがある、内科の方が安心して検査することができるので、個人的には内科の方がおすすめです。

小便が泡立って心配な人もいるかもしれませんが、多くは病気ではないので、まずは様子をみるようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク